日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

小林和之特集

“番長”逮捕は序章に過ぎない?

清原事件で“組対5課vsマトリ”過熱 早まる大物俳優逮捕説


組対5課はいよいよ、その歌手に照準を絞ったともっぱらですね」(捜査事情通) そもそも清原事件の背後には暴力団の影もちらついていたのに、まだ清原被告本人と、“番長のシャブの売人”小林和之被告(45)しか捕まっていない。それも妙な話だろう。入手ルートの解明を含め、捕物劇のクライマックスはこれからだ。…

ドタキャンは数知れず

嘘と矛盾だらけの証言 清原シャブ裁判「6つの疑念」


清原に覚醒剤を譲渡したとして逮捕された売人の小林和之被告を「暴力団ですか?」と聞き、「自分は暴力団と認識してはいませんでした」と否定させる。小林被告の入手ルートについて「暴力団から入手していたのではないのですか?」と念を押すと、清原が「聞いたことはありません」と即答するといったアンバイだ。 かねてウワサされる清原の黒い交際疑惑を打ち消すかのような印象だったが、覚醒剤が暴力団の大きな資金源になって…

初公判では終始小声だった

嘘と矛盾だらけの証言 清原シャブ裁判「6つの疑念」


この社長は、清原が巨人時代にリーグ優勝した際、選手内の祝賀会に同席するほどの間柄で、清原に覚醒剤を密売して逮捕された小林和之被告を紹介した人物だ。清原が覚醒剤に染まったのは、「覚醒剤とセックスが切り離せないものだから」と述べ、クレジットカードの角で覚醒剤を粉々に砕き、ローションを塗りつけた指でそれをすくい取ると、自分の尻の穴にねじ込んで快楽に浸る、「ケツ入れ」というセックスの方法を清原から教えて…

「儲ける気はなかった」と小林被告(左)

「私は清原さんの信者」密売人が法廷で語った覚醒剤取引


元プロ野球選手、清原和博被告(48)に覚醒剤を譲り渡した密売人・小林和之被告の初公判が27日、東京地裁で開かれた。小林被告は起訴内容を認め、清原との取引の様子を明かした。 清原が電話で「ありますか?」と聞き、小林被告に「ひとつお願いします」と依頼するやりとり。ひとつとは「1パケット(0.6グラム)と注射器2、3本を4万円」の意味という。 小林被告はおまけとして自分が持っていた覚醒剤もプラスして清…

最後にたどり着いたのは…

「清原はもうヤバい…」売人からも見放され行き着いた先


Aが、密売人の小林和之容疑者(45=群馬県みどり市)を清原容疑者に紹介したのが、さらにその1年ほど前だ。そこで、清原容疑者と“上州ルート”が結びついた。 「5年ほど前に飲食店を畳んだ小林は、ある指定暴力団の下部組織に出入りしていたようで、そこから清原にブツを流したと当局はみている。小林自身は一売人に過ぎません」(捜査事情通) となると、疑問が生じる。腐っても「清原」だ。球界や芸能界など幅広い人脈…

送検される小林容疑者

清原事件のキーパーソン「シャブばばあ」本物は別の人物か


清原容疑者に覚醒剤を売って捕まった小林和之容疑者(45=群馬県みどり市)とシャブばばあは親子とも一部で報じられたが、それも「ガセ情報」(県警関係者)だという。一体どういうことなのか。前出の暴力団関係者はこう言った。 「ヒントだけやる。B子だよ」 2004年に覚醒剤所持で県警に逮捕されたA子は、本紙の直撃に「覚醒剤はもう10年前に足を洗ってるのよ」などと淡々と、表情ひとつ変えずに答えていたが、記…

写真はイメージ

清原容疑者との関係は…噂の“シャブばばあ”がついに語った


清原にシャブを売って捕まった小林和之容疑者(45)の仕入れ先もシャブばばあのルートで、それが60代後半のA子だと報じられているのです。確かに、A子は04年に覚醒剤所持で県警に逮捕された。地元では、『A子の息子がシャブをさばいている』『御殿には入れ墨の若い女性が出入りしている』なんてウワサが飛び交っています」(地元マスコミ関係者) A子の自宅は群馬県太田市の住宅街にあるが、「御殿」というには小さい…

覚醒剤を譲渡した疑いで逮捕された小林和之容疑者

清原に覚醒剤譲った密売人の妻 核心直撃の記者にブチ切れ


清原容疑者への覚醒剤譲渡で逮捕、送検されたシャブの密売人、小林和之容疑者(45=群馬県みどり市)は、3年ほど前に清原と知り合ったという。 「2人を仲介したのは清原容疑者のタニマチだった会社社長(45)ですが、昨年2月に覚醒剤所持で警視庁に逮捕され、それから2人は直取引するようになったといいます」(前出の捜査事情通) 一部報道によると、小林容疑者は少なくとも3回、自宅で清原容疑者に覚醒剤を渡した…

住む場所もない…

タニマチ逃げて“無一文” 清原容疑者「自己破産」の現実味


清原和博容疑者(48)は今も覚醒剤の入手ルートに関しては固く口を閉ざしているが、“密売人”のひとりだった小林和之容疑者(45)が覚醒剤の譲渡容疑で捕まった。シャブ事件の初公判は3月下旬にも開かれる見通しだ。執行猶予はつきそうだが、裁判が終わった後に清原容疑者を待ち受けているのは“金銭地獄”だ。 ■裁判終結後から“金銭地獄”か 「清原容疑者とつるんで飲み歩いていたタニマチや、“仲間”と称して清原容…

清原容疑者から全容解明なるか…

清原容疑者の密売人逮捕 “芸能界&山口組ルート”一網打尽か


清原容疑者に営利目的でシャブを譲り渡したとして逮捕されたのは、無職の小林和之容疑者(44=群馬県みどり市)。 1月31日夜9時ごろ、群馬県太田市東今泉町のコンビニ駐車場に止めた清原容疑者の乗用車内で、覚醒剤約0.2グラムを4万円で譲り渡した疑い。小林容疑者は「全く知りません」などと容疑を否認しているというが、それは通用しそうにない。 「清原に覚醒剤を教えたとみられる40代の元会社社長が昨年2月…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事