日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

二階堂ふみ

二階堂 ふみ(にかいどう ふみ)1994年9月21日沖縄県生まれ。女優。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。2007年、ドラマ「受験の神様」(日本テレビ)でデビュー。09年に役所広司初監督作品「ガマの油」でヒロインを務め映画初出演。11年には映画「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」で映画初主演。女優業の傍ら、16年1月からはバラエティー番組「ぐるぐるナインティナイン」の「グルメチキンレース・ゴチになります!」パート17に、コーナー史上最年少の新メンバーとして出演した。
なかなかの“ベテラン感”

二階堂ふみは「友人」…“飄々”対応の菅田将暉に大物の風格

11日発売の写真週刊誌「フライデー」で女優の二階堂ふみ(21)との深夜のデートを報じられた俳優の菅田将暉(23)。14日には報道後初の公の場となる花王の新商品発表会見に姿を見せたが、そこでの振る舞いは、23歳ながらすでに大物の風格すら漂わせるものだった。 二階堂との仲を聞かれると、「交際は全くしていないです」と笑顔で対応。「完全に役者仲間」「普通に友達」とも語ったほ…

若手演技派もテレビドラマでは四苦八苦

二階堂ふみ 「誰もいなくなった」の演技がイマイチな原因

そんな主役の藤原以上に不評なのが、民放連ドラ初ヒロインの二階堂ふみ(21)。その“魔性”ぶりから、共演の伊野尾慧と急接近している印象を与えてしまい、ジャニーズファンを敵に回しただけでなく、ネットでは二階堂の演技に対して“手抜き説”が語られているのだ。 「映画で主演を続け、バラエティーでも活躍し、“大物感”のある二階堂ですが、テレビでの実績はまだまだ。実力があるのに…

共演の二階堂ふみと

「蜜のあわれ」で共演 二階堂ふみは“逃げない人”

二階堂ふみさんとは、「蜜のあわれ」で初めての共演となりました。 二階堂さんを一言でいうならば、“逃げない人”という印象です。監督と向き合い、共演者と向き合い、言葉と向き合う。そして今、21歳。凄いですよね。彼女が高校生の時にこの室生犀星さんの原作「蜜のあわれ」を読み、「これが、映画になればいいなあ、できればこの赤子を演じてみたい」と思ったのだそうです。それが、数年後…

au三太郎シリーズの“鬼ちゃん”でおなじみ

二階堂ふみと交際報道 菅田将暉「先輩ごぼう抜き」の凄み

11日発売のフライデーが、かねて交際が噂されていた俳優・菅田将暉(23)と女優・二階堂ふみ(21)の深夜デートを報じている。役者仲間の太賀(23)&門脇麦(23)カップルとのダブルデートだったようで、深夜2時過ぎまで表参道のカフェでおこもり。ツーショット写真こそないが、カフェ滞在時間は5時間に及んだという。 菅田と二階堂は昨年9月、一部週刊誌に三軒茶屋の路上でプライ…

若手演技派女優はサブカルもイケる

バラエティー本格進出の二階堂ふみに“オタク業界”熱視線

3日、二階堂ふみ(21)が「ネオファースト生命新CM発表会」に登場。同CMシリーズで夫の健康を心配する妻役を務めてきた二階堂は、CM第1弾では「仮面ライダー」の敵として知られるショッカーの妻、第2弾では「ゲゲゲの鬼太郎」の目玉のおやじの妻に。 今回、発表された第3弾は第1弾のショッカーが昇進して管理職になった「ショッカー部長」の妻と、大阪のシンボル「くいだおれ太郎」…

「ぐるナイ」出演が好評な二階堂ふみ

「ぐるナイ」好評の二階堂ふみにバラエティー番組が熱視線

二階堂ふみ(21)がバラエティーでも引っ張りダコという意外な情報が飛び交っている。 二階堂といえば、女優ぶっている、つんけんしているうんぬんと評判がよくない若手女優のひとり。映画出演が中心で、バラエティーどころか、ドラマ出演も年に1回程度がこれまでだった。 ところが、年明けからなんと「ぐるぐるナインティナイン グルメチキンレース・ゴチになります!」(日本テレビ系)に…

年上男性が好みなのか

浮名を芸の肥やしに 二階堂ふみが歩む“カマキリ女優”の系譜

若手女優の中でも群を抜いて演技派で知られる二階堂ふみ(21)に新たな熱愛報道だ。 相手は俳優でミュージシャンで文筆家の星野源(34)。自著「働く男」(文春文庫)で〈何の仕事がメインとか肩書きとか、関係なくやりたい〉と明かしているようにマルチな活動を有言実行する同世代に人気のオトコである。ちなみに異性関係では、歌手のaiko(39)と長らく半同棲生活を送っていたのが有…

ヒロインの気持ちを回想

二階堂ふみ 往年の映画から学んだ「この国の空」のヒロイン像

主演は個性派、演技派として注目の二階堂ふみ(20)、共演・長谷川博己(38)。二階堂に意気込みを聞いた。 この映画のお話をいただいた時、決め手となったのは荒井監督の脚本でした。その中に、詩人・茨木のり子先生の「わたしが一番きれいだったとき」がありました。私がこの詩を知ったのは中学生の時でした。教科書で初めて読んだときに“これが戦争なんだ”と実感できたんです。 この映…

主演女優賞の二階堂ふみ

左手薬指のリングは健在 二階堂ふみ“新しい恋の相手”は誰?

女優の二階堂ふみ(20)が9日、第24回日本映画プロフェッショナル大賞授賞式に出席。「私の男」(熊切和嘉監督)、「ほとりの朔子」(深田晃司監督)での演技が評価され、主演女優賞に輝いた。 「自分が最も変化を感じ、いろいろなことを経験した時期。運命だなと思う瞬間やステキな偶然がたくさんありました」 受賞した2作品の製作時期について、感慨深げに振り返っていた。 このところ…

“ポスト吉田類”の声も?

二階堂ふみもコレで落ちた? 新井浩文の“非・芸能人オーラ”

一昨年夏に当時彼女であった二階堂ふみ(20)と“フライデー”されたのも焼き肉デートの帰りだったが、大の焼き肉好きで「焼き肉大王」を自称する。前述の全4巻のDVD購入者の中から抽選で10人には“大王”と一緒に焼き肉店で飲み食いし、ゴチになれるという特典付き。「4巻買うと1万円以上はしますが、厳選した焼き肉店でそれくらいはごちそうします」とPRすると、黄色い声援が飛びま…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事