日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

竹内照明特集

None

残留する橋本会長に居場所はあるまい


後任の統括委員長には国粋会・藤井英治会長、本部長には弘道会・竹内照明会長が就くらしい。 あれだけ新聞やテレビで騒がれながら、叩きつけた退社願を今さら引っ込めるのは、優柔不断と言われてもしかたない。戻ったところで居心地がいいわけがなく、短期で引退することになるはずだ。極心連合会が存続するとして、跡を継いだ者は早晩、6代目山口組を出ていくにちがいない。 今回の離脱騒ぎで改めて6代目山口組の脆弱さが浮…

None

神戸との和解案が流れ…「6代目山口組」に飛び交う人事案


安東さんは若頭補佐の竹内照明・弘道会会長(愛知)と関係が良く、司組長も将来、竹内さんの補助を安東さんにやらせたいと思っているから、十分あり得る抜擢です。しかし、これだと和解話の内幕を明かした神戸山口組の言い分通りと周りに受け取られる。それはしゃくだから、まだ内定もしていない。いずれそうなるのは間違いないといった程度の話です」(前出の事情通) また高木総長降格の連動で東海地区の清水一家や一力一家な…

司忍組長はどう動くか

分裂山口組で双方が「3つの和解案」を模索し始めた


当然、高山若頭の出身団体である弘道会、中でも高山組はこの措置に黙って従うはずがないから、必然的に現在の弘道会会長である竹内照明若頭補佐も解任・除籍になる。 つまり②案は、神戸山口組の分裂、離反を招く原因をつくったのは高山若頭だ、その責任を取れという論理になる。この論理は②案を実行していく神戸山口組にとっても受け入れやすいだろう。 ふつう若頭がしたことは組長の最終責任になるが、司組長を救い、その…

5日の司忍組長(脇を固める橋本統括委員長=右、「司興業」の森組長=左)

警視庁厳戒態勢 6代目山口組・司忍組長“緊急上京”の狙い


この日は竹内照明若頭補佐が稲川会会長の誕生日を祝うために六本木を訪れたほか、他の6代目山口組の直参組長も続々と上京。何が狙いだったのか─―。 「司組長は自らハデに露出することで、健在ぶりと“菱の結束”をアピールしようと考えたのかもしれません。分裂以降、傘下団体などに慎重な行動を求めてきましたが、ただ自重しているだけではナメられると判断した可能性もあります。そうだとしたら、方針を百八十度転換した…

31日、地裁を後にする清原被告を乗せたワゴン車(右)

暴露された黒い借金 清原被告は裏社会との縁を断てるのか


冒頭で紹介した写真誌「フラッシュ」の記事でも、元タニマチの会社社長が〈清原は弘道会の竹内照明会長のことを『親分』と呼んでいた。別の弘道会幹部のことは『兄貴』だった〉と証言している。清原被告が「親分」と呼ぶ竹内会長は、6代目山口組の若頭補佐で山口組7代目組長の最有力候補と目される人間だ。 全身に入れ墨を彫り、そういう人間を「親分」と呼んでカネの世話になったり、トラブルの処理を頼む。とてもカタギと…

山口組総本部

そもそもの原因は? 初心者でもわかる「山口組分裂」Q&A


6代目の現執行部には、現弘道会会長の竹内照明会長や弘道会に近しいといわれる國粹会の藤井英治会長が最高幹部として入っているが、ナンバー3の橋本弘文統括委員長はもともと山健組出身だし、執行部に山健組系の最高幹部は他にもいる。 司6代目の服役中に采配を振った高山若頭の意に沿う人物だけが高位に取り立てられる“えこひいき”を神戸側は難じているのだが、そう主張している神戸側の重鎮たちはほとんど6代目山口組で…

“緊急上京”説も浮上する司組長

司忍組長「引退」発表か 6代目山口組“人事刷新”シナリオ


7代目を高山若頭が襲名するとしても、シャバで組員に対し的確かつ迅速に指示を出せる大物組長が必要になると思います」(ジャーナリストの鹿島一男氏) それが竹内照明若頭補佐(弘道会会長)だと言う関係者もいるが、分裂劇が弘道会の一強体制で始まったことを踏まえれば、6代目山口組内部でも弘道会と適切な距離を置き、中立的に見える組長がふさわしいという声がある。そうしなければ、“刷新人事”にはならないというのだ…

6代目山口組の司忍組長

6代目山口組・司忍組長がげっそりやつれた理由


同じく山口組の若頭補佐で弘道会の竹内照明会長が光安さんに2000万円ほど投げてやった。『仲間を救援、人助け、さすが』と最初は思いましたが、よく聞くと月利6%の利子つきだっていう。このマイナス金利の時代に年利に直せば72%。仲間相手にヤミ金で稼ぐのか。のけぞりました」 たしかにヤクザを殺すに刃物は要らないようだ。カネの蛇口をちょっとひねれば、とたんに飢えかつえて、のたうちまわる。 分裂後、6代目山…

None

山口組分裂 誰が和解の仲介者になりうるのか


それによると、4月の山口組定例会で司忍組長は新設の総裁に、服役中の高山清司若頭が7代目組長に、藤井英治若頭補佐が組長代行に、竹内照明若頭補佐が若頭に、というもの。相変わらず弘道会人事だが、ちょっと目先を変え、その場しのぎにはなるかもと思わせる。 が、神戸山口組側にいわせれば、これは完全なデマ。直系組長のひとりが断言する。 「同じような人事が何本も出ていて、内容がころころ変わる。苦し紛れの夢物語…

逮捕された橋本弘文「極心連合会」会長

誰が組を仕切る? 6代目山口組“実質ナンバー2”逮捕の衝撃


「分裂騒動前なら若頭補佐で、6代目の出身母体・弘道会(名古屋)の跡目を継いだ竹内照明会長(56)がスンナリ仕切っていたかも知れません。ただ、今は竹内会長がまとめだすと、分裂の理由となった『弘道会支配』がますます強まる。これ以上、角を立てないためにも竹内会長は前面に出ず、舎弟頭で2代目伊豆組(福岡)の青山千尋組長(69)、若頭補佐で国粹会(東京)の藤井英治5代目会長(69)などを中心とした集団合…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事