日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

哀川翔特集

「力さん手帳」に気に入った役者の名前を書き込む

竹内力の「力さん手帳」と哀川翔の「エアガン事件」


ジャンルを代表する存在となった竹内力や哀川翔も、小沢にとってはよき兄貴であり、戦友だ。 「(竹内)力さんと仲良くなったのは、俺のデビュー作『湘南爆走族』の撮影現場だから、もう30年近く前なんですね。業界では有名な話なんですけど、力さんは気に入った役者とかの名前を書き込む『力さん手帳』っていうのを持っていて、どうやら僕の名前も書いてもらったみたいで、力さんの作品にはよく呼んでもらいました。ああ見え…

「やれ」と言われたことだけやってきた/(C)日刊ゲンダイ

芸能生活30年 哀川翔を“Vシネ帝王”にのし上げた俳優哲学


今年、めでたく芸能生活30周年を迎えた俳優の哀川翔が、映画づいている。6月に1カ月間、新潟・佐渡島で合宿し、撮り上げたのが「Zアイランド(仮題)」(来年公開)だ。映画「サンブンノイチ」に続いて品川ヒロシ監督と再タッグを組んだ。 その後クランクインしたのが、東映Vシネマ25周年記念映画「25」(鹿島勤監督、11月1日公開)。“Vシネマの帝王”こと哀川が主演する。Vシネマは、1989年に東映ビデオが…

長渕剛(左)は俳優・哀川翔の生みの親

哀川翔“Vシネ帝王”への第一歩は長渕剛の強引な誘いだった


俳優、タレントとして活躍しながら芸能界屈指の昆虫博士でもある哀川翔さん(55)。主演したVシネマは111作を数え、誰もが認める“Vシネマの帝王”だ。 ◇ ◇ ◇ 「今度、ドラマやるんだけど出てくれないかな」 日本武道館の楽屋でお会いした長渕剛さん(59)は挨拶もそこそこに、俺にこう言ったんだ。 1988年6月17日。「LIVE’88 NEVER CHANGE」公演が終わった直後だったね。そりゃあ…

哀川翔もお気に入り!浅草の裏通りにある人気洋食店「ぱいち」


多くの映画でヤクザ役を熱演してきた、“Vシネマの帝王”といえば哀川翔(54)。本業のかたわらバラエティー番組にも出演し、昨年は自らの人生訓をつづった書籍も出版、活躍の幅はますます広がっている。 そんな哀川の行きつけは東京・下町の人気洋食店「ぱいち」。場所は地下鉄浅草駅から徒歩5分ほど。裏通りに店を構える昭和11年創業の老舗で、現在は3代目店主が切り盛りしている。 れっきとした洋食店でありながら、…

意欲あり/(C)日刊ゲンダイ

哀川翔 長女に続き次女も芸能界入りカウントダウン


哀川翔(52)が愛犬のゴコ(8歳、スタッフォードシャー・ブル・テリア)と26日、宅配水「アクアクララ」新アンバサダー就任式に出席した。イベントには次女の桃子さん(16)も参加。 芸能界デビューのお披露目かと思われたが、「まだやることがいっぱいある」とピシャリ。「いいなあとは思うけど、まだ決めていない」と父と同じ世界に飛び込む意欲を見せる桃子さんに、「(芸能界は)大変だよ。小さい頃から現場を見てる…

今年も盛り上がり必至

同時期にブームに ハロウィーンとよさこいの仕掛け人は?


「当時の踊りは日本舞踊をアレンジしたもので、現在のように情熱的な踊りに変化したのは92年に北海道のソーラン祭りと合体した『YOSAKOIソーラン祭り』からです」(高知商工会議所担当者) 意外なところでは、柳葉敏郎、哀川翔らが在籍した一世風靡セピアもブームに一役買ったという。80年代にソイヤ、ソイヤと踊った「前略、道の上より」などのヒット曲を飛ばしたグループだ。 「よさこいは定型がなく、各自が自…

三谷幸喜(左)と小野お通役の八木亜希子

高畑事件も影響なし 勢い止まらぬ「真田丸」の本当の実力


また、ぜいたくなキャストも見どころのひとつで、この武将をこの俳優でやるのか! と驚きながら見ています」 さらに哀川翔(後藤又兵衛)、八木亜希子(小野お通)、新妻聖子(江)、岡本健一(毛利勝永)と多彩。真田信政役で出演予定だった高畑裕太は、例の事件で高畑淳子との母子共演がなくなったが、まったく問題なし。大坂の陣に入り万全のオールスターキャストとなっていく様相だ。 週間視聴率では常時10位台にランク…

「鳥越さんがお店に来たらエッチした後に感想を聞かれそう」と亜海さん(右)

ストリップ劇場は“70歳オーバー”で大賑わい


「ギラギラ系の見た目は、哀川翔や鳥越俊太郎みたいな、ちょっと昔の色男。ジムで鍛えていて、筋肉が自慢。ホメて持ち上げないと機嫌が悪くなるし、必ず2回やるから疲れます。仏タイプは、蛭子能収さんみたいな感じで、1回エッチすればあとはゆっくりできるんですけど、数は少ないです」 ソープ嬢が知る“高齢者のリアル”はかなりの肉食系だった。 「鳥越さんみたいな細マッチョタイプはホント多いんですよ~。演説する姿…

泣く子も黙る“コワモテ俳優”がズラリ

ギャラ総額は…任侠大作「CONFLICT」俳優陣の凄い顔ぶれ


主演の小沢仁志(53)と敵役の哀川翔(55)を筆頭に、赤井英和、的場浩司、本宮泰風、小沢和義、中野英雄、渡辺裕之など、任侠映画でお馴染みの“コワモテ俳優”が勢ぞろい。さらには、渡辺哲、本田博太郎、白竜、六平直政ら重鎮たちが脇を固める。 俳優だけじゃない。元プロ野球選手の元木大介やミュージシャンのIZAM。“実子騒動”が記憶に新しい大沢樹生、諸星和己の元「光GENJI」コンビに加え、お笑い芸人か…

【カブトムシ】“下膨れ”は安く“上半身発達”だと高い


競走馬のように細かな血統はありませんが、体形のいいカブト同士を掛け合わせる繁殖家もいますよ」 写真下は俳優の哀川翔氏が繁殖させた、右半分がメス、左半分がオスの「雌雄同体カブトムシ」。哀川氏はカブトムシの繁殖家としても有名で、今まで2万4200匹、今夏も5300匹繁殖させている。そして初めて誕生した珍しいカブトがこれ。誕生する確率は1万分の1という。 「雌雄同体は虫好きの中でも興味のある人とない人…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事