日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

古閑美保特集

幸先の良いスタートを切った小平だが…(右は古閑美保)

小平の重荷にならない? 恋人・古閑美保のベッタリと性欲


小平をめぐってはゴルフよりも話題になるのが、交際中のミポリンこと古閑美保(34)の存在だ。昨年6月、週刊誌で半同棲生活が報じられると、その後は古閑が頻繁にツアー会場に応援に訪れ、試合後も小平のパット練習をずっと見守る姿が目撃されている。7月の全英オープンにも古閑を連れていったが、138位で予選落ちだ。 「古閑はとにかくオトコに尽くし、甘えん坊で常に構って欲しいタイプです。ただ職場である試合会場…

古閑美保

古閑美保(33歳・ツアー12勝)


とっくにプロ引退したかと思ったら、ぶっちゃけトークでバラエティー番組に出まくっている古閑美保さんです。 現役時代にどっさり貯めこんだ数億円でさぞかし優雅な生活を送っているかと思ったら、7歳も年下のイケメン小平智プロをゲットして半同棲生活をエンジョイしているんですって。うらやましい限り。女って、幸せを独り占めすると、後が怖いって知ってますかぁ? ファッションチェックは甘くはないわよ。 写真は会場で…

大山志保

大山志保(39歳・ツアー17勝)


不動裕理、古閑美保とは姉妹弟子。00年プロテスト合格。初優勝は03年。06年に5勝を挙げて賞金女王に輝く。09年に米ツアーに挑戦するもヒジのケガに泣き撤退。孝行娘で知られ、かつて個人タクシーを営む父親に高級車をプレゼントしたことが話題になった。ミヤギテレビ杯は「プロ人生が続く限り賞金を全額寄付していきたい」とチャリティー活動に積極的。「40歳までには結婚したい」と念願のリオ五輪出場を果たし、いよ…

笠りつ子は古閑美保を慕う

笠りつ子(28歳・ツアー3勝)


その塾の先輩に古閑美保がいた。高1で九州女子アマで最年少優勝(当時)を果たす。プロテストは06年一発合格。同い年には有村智恵らがいる。10年から6年連続で賞金シードをキープして安定感がある。父親はボクサーとしても有名。娘のキャディーとして試合会場に帯同することが多いため、変なオトコを寄せつけない。美人プロとして知られるが、男っ気ゼロ。出っ歯を気にしている。口を半開きでプレーすることが多く、ツアー…

ガウンの下は…

カメラの前で生脱ぎ披露…橋本マナミのガウンの下は…?


この日は番組に出演する関根勤(62)と古閑美保(33)も出席。注目の選手からウエアまでゴルフ談議に花を咲かせていた。…

李知姫

李知姫 下からあおる動作なくボールを低く押し込むインパクト


08年には、賞金女王を目前にしながら、最終戦で古閑美保プロに逆転を許すというドラマもありました。 ベテランの領域に至ってもコンスタントに成績上位に入ってくるのは、体のターンで軸をブラさず、きれいにクラブを振り抜く長持ちする安定したスイングを確立しているからです。しかも、そのスイングは、アークが大きくなったり、小さくなったりという変化もなく、常に一定しています。 テークバックで腰の高さまできたとこ…

豊永志帆

豊永志帆(25歳・ツアー未勝利)


古閑美保、青山加織、上田桃子、井芹美保子、笠りつ子らと同じ東海大学付属第二高校(現・同付属熊本星翔高校)卒業。ゴルフは小4の時に父親の勧めで地元の坂田塾に入ってから。ジュニア時代は九州で数々のアマタイトルを獲得し、3度目の挑戦で11年プロテスト合格。ツアー2年目の12年が賞金ランク53位、13年57位、14年64位、15年66位といずれも獲得賞金は1000万円を超えながらシードに手が届かない。今…

イ・ボミ(左)とキム・ハヌルで8勝

韓国勢になぜ勝てないか 強い選手がなぜ育たないのか


清元は他に大山志保と、すでに引退した古閑美保も指導していた。しかし清元は「責任を持って教えられるのは3人が精いっぱい」と言って、3選手を賞金女王に育てている。昔は、そうして名手に師事し、技術を受け継いだり、師匠の得意技を目で盗んだりして強くなっていった。 男子プロの場合、もともと日本はゴルフ場に就職してキャディーをやりながら、コースのヘッドプロの指導を受けてプロになるケースが多かった。やがて、ゴ…

None

不動裕理 ダウンスイングは肩口まで両脇を締める


これは姉妹弟子である古閑美保プロにも共通する動きで、「そこまで待て」というのは、いわゆる“清元流”の優れたポイントだと僕は思っています。 手が肩口に落ちてくるまで両脇を締めたままにして、ダウンスイングの開始を待てるのなら、いくらオーバースイングになっても、まったく問題ないのです。だから、ある意味で、不動プロや古閑プロのトップというものは、実際にオーバースイングが上がり切って止まったところではなく…

初日の18番でウオーターショットをみせた小平

日本OP優勝後低迷する小平智 青木功プロの“苦言”どおりに


小平は日本オープンに勝った2日後、交際中の古閑美保と都内の寿司店でデートしている姿を週刊誌にキャッチされた。大人の男女がどこで何をしようが構わないが、直後の試合であっさり予選落ちすれば「だから……」とファンは情けなく思うだろう。 小平は昨年、米国下部ツアーのQT(クオリファイングトーナメント)に初挑戦し、ファイナルで落選した。今でも米ツアー参戦を狙っているそうだが、全盛期の尾崎や中嶋なら「10…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事