日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

飯島愛特集

バラエティー番組で活躍した木村藤子さん(右は故・飯島愛さん)

金スマで霊視の木村藤子さん 飯島愛“孤独死”の心境語る


「オーラの泉」「金スマ」などのバラエティー番組に出演し、タレントの飯島愛(享年36)の引退と死を予言したと話題になった。木村さんは今どうしているのか。 ■相談内容は全部言わなくていい 「朝は6時に起きて主人とラジオ体操。8時ごろからお客さまをお迎えしますが、今は予約制なので1日15人ほどに限らせていただいています。いらっしゃるのは、ご自分や身内に病気を抱えた方、会社経営や不登校で悩んでいる方など…

独自のポジションを築いた飯島愛(右)のようになれるか?

テレビ復帰の可能性は? 坂口杏里に“第2の飯島愛”の道


「過去にはAV女優からタレントに転向した飯島愛や、AVに出ながら有名な文学賞を取った作家もいます。坂口は別に犯罪を犯したわけでもありません。AV出演のきっかけとなったホストに再びハマるようなことがなければ、今後、テレビなどに復帰する可能性は十分に考えられます」(前出の肥留間氏) ツイッターで「AVだけじゃなくていろんな事がしたいの。それが今の夢!」とつぶやいた坂口。“第2の飯島愛”になる日は来…

イジリー岡田

「下ネタですか……?大嫌いです!」 by イジリー岡田


司会を務めていた飯島愛もプロデューサーに自らのクビをかけて直談判。そうしてイジリーは番組に復帰したのだ。 「本当にドスケベだと、たぶん(客は)引く」(同前) スタッフにはそう言われた。イジリー岡田は、下ネタが嫌いだからこそ、エロ芸の頂点に立つことができたのだ。…

AV男優の森林原人さん

AVデビューから親公認ポジティブビッチが急増中


今は亡き飯島愛さんや及川奈央さんのように、AVをステップに芸能界を目指すのではなく、AVが本命です。そういう子は、中学や高校のころからAV女優願望があり、上京してスカウトに声を掛けられて背中を押されてデビューするのです」 あるスカウトは「親がOKならいいよ」と言われ、将来のマネジャーが両親のもとに出向いて交渉し、了解をもらったそうだ。デビュー後に親バレは今や昔で、親公認はザラ。それも学校で一、二…

細川ふみえのカミングアウトが話題

細川ふみえも告白 “美容整形カミングアウト”なぜ増えた?


「08年に亡くなった飯島愛(写真左)は00年に出版した自叙伝で胸や顔などの整形手術を赤裸々に告白していたし、グラドルの森下悠里(写真右)も13年にテレビ番組で“彼氏にスッピンが見せられないから”などと整形をブッチャけています。美人女医で人気の西川史子もかつてテレビ番組でボトックス注射を打っていることをあけすけに語っているし、人気モデルの押切もえも、顔面とは違いますが、足指リングでO脚矯正したこ…

はるな愛と中山秀征

「面白がってくれた」はるな愛が感謝する中山秀征との出合い


上京するきっかけをつくってくれたのは7年前に亡くなった飯島愛ちゃんです。 知り合ったのは97年ごろ。当時、大阪のショーパブで働きながら「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)に出演したり、「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」(日本テレビ系)のようなバラエティー番組のニューハーフ特集に、ゲストとして呼ばれたりしていて、いつかはメジャーになりたいと思っていました。 だから、お誘いしていただいたのは、…

ビロードの肌がムッチリと……/(C)日刊ゲンダイ

村西作品でデビュー 現役の沙羅樹はデリヘルと二足の草鞋


「ナイスですねぇ」が擁した黒木香、卑弥呼、藤小雪、飯島愛、桜樹ルイ、松坂季実子、乃木真梨子、田中露央沙などの女優軍団は業界を席巻したが、その中で忘れがたい女優が1人いる。「ビロードのような肌を持った」と形容された沙羅樹さん(46)だ。今どうしているのか。 「今でも現役ですよ。AV業界は熟女ブームが続いてるじゃないですか。で、アラフォーのワタシにも出番があるってわけ。といっても、年に1、2本ですけ…

男性の視線を独り占めにした/(C)日刊ゲンダイ

ギルガメ司会者だった木内あきら 「今もヌードの誘い多い」


そこで細川ふみえ、飯島愛に続いて3代目の司会を務めたのが木内あきらさん(40)だ。テイジン水着キャンペーンモデル、フジテレビビジュアルクイーン、大磯ロングビーチキャンペーンガールとセクシーアイドルの王道を歩んできた木内さん、「トゥナイト2」ではリポーターとして山本晋也監督とコンビを組んだ。今どうしているのか。 「『ギルガメ』って、裸にエプロンとかTバックが当たり前だったでしょ。司会のお話があった…

(C)日刊ゲンダイ

憂木瞳 裸エプロンAV女王 突然の失踪引退騒動


人気絶頂だった94年春、当時20歳の時に突然失踪し、飯島愛が番組中「怒らないから帰ってらっしゃい」とまで呼びかける騒ぎとなった。 スタッフも「消息? さっぱりわからないね。本人がこつぜんと姿を消してしまったし、一回も連絡がないしね」と言うように失踪は謎に包まれた。 過去には番組収録中に病院に運ばれる騒ぎを起こしたこともあり、病気による体調不良説もささやかれたが、原因はハッキリしないまま。事務所は…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事