日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

長門裕之特集

津川雅彦

「力の差は歴然」津川雅彦が語る 俳優・長門裕之さんの存在


津川雅彦さん(75)が「兄貴は絶対的に追いつけないライバル」と語るのは、先輩俳優・長門裕之さん(享年77歳)のことだ――。 この写真を撮ったのは、京都の等持院境内。祖父・マキノ省三の銅像を兄貴(長門裕之)と2人で掃除をしているところです。高さが4、5メートルもあって大きいから、下から水をかけるのが大変でね。テレビ番組で企画してくれたおかげで、クレーンを使って頭から水をかけることができました。 マ…

晩年は献身的な介護ぶりが話題に

女性遍歴を実名交え…長門裕之が「買うな」と訴えた暴露本


ー1985年10月ー 2011年5月21日に77歳で亡くなった長門裕之。晩年は妻の南田洋子(09年10月死去)を介護する姿がしばしば報じられた。芸能界を代表するオシドリ夫婦で、妻とのペア出演も多かった大物俳優は、一時、「筆禍」事件で表舞台から消えていた――。 85年10月21日、一冊の本が出版された。タイトルは「洋子へ 長門裕之の愛の落書集」。 当時、出版界は江本孟紀の「プロ野球を10倍楽しく見…

“ヘアヌード”の仕掛け人の異名

高須基仁さん 1人目にバイ菌のように嫌われ、2人目は…


かつて石原裕次郎と浅丘ルリ子の主演映画「憎いあンちくしょう」(蔵原惟繕監督)で、長門裕之と芦川いづみの演じる“絶対愛”が石原と浅丘によってぶち壊された時、高校生だった私は、同じころに見た吉永小百合と浜田光夫の主演映画「泥だらけの純情」(中平康監督)の“純粋愛”とか“絶対愛”って、この世にないんだとしみじみ思った。 だが、心の中には“純粋愛”を演じた芦川と吉永の“顔つき”が強く残り、結婚相手の顔…

「私は女優」浅丘ルリ子著


長門裕之との初めてのキスシーン、小林旭との結ばれぬ恋、石原裕次郎への思慕……。多感な年頃にスターを相手に日活ヒロインを演じ、やがてテレビへ、舞台へ、女優としての幅を広げていく。 蜷川幸雄は舞台女優・浅丘ルリ子を生み出した。寅さんシリーズのマドンナ、リリーは4作に登場する当たり役。天願大介監督の映画「デンデラ」では、山に捨てられる老婆役を演じた。今、76歳。80歳になったら、高齢の姉妹が主人公の「…

15日、自宅前に集まった報道陣(右)

愛川欽也に“重篤”情報…本意ではなかった「アド街」降板の裏


たしかに年も年だし、体力は落ちていましたが、容体が急変したのはつい最近のことのようです」 近年は愛川が属していた芸能人の親睦団体「昭和九年会」も坂上二郎(11年没)、長門裕之(11年没)、牧伸二(13年没)、山本文郎さん(14年没)らを失い、さらに映画「トラック野郎」で共演した菅原文太も昨年11月に死去。相次ぐ盟友の死が愛川の心身に与えた影響は想像に難くない。 「愛川自身も体調のことはわかってい…

死刑判決を受け上告中の木嶋佳苗被告

木嶋佳苗の相手は60代会社員 「獄中結婚」望む人の複雑な心理


映画では長門裕之演じる死刑囚と一般女性(浅丘ルリ子)が結婚する「愛と死のかたみ」(62年)や、豊川悦司が死刑囚で小池栄子が彼と結婚するOLを演じた「接吻」(08年)などがある。獄中結婚はロマンチックなジャンルらしい。 どんな人が獄中結婚を望むのか。明大講師の関修氏(心理学)が言う。 「木嶋被告のケースはよく知りませんが、一般論として贖罪を求める人です。身内に殺人犯がいるとか、子供の頃、虐待を受…

None

ひっそりこの世を去った 昭和の大女優 沢村貞子


マスコミが知ったのは3日後の19日で、その間に故・長門裕之や津川ら親族の他に、長年馴染みのタクシー運転手や呉服店店主ら十数人が集まっただけの密葬が営まれた。 浅草生まれの江戸っ子で、その凛とした生き方は共感を呼んだ。 ◇1996年8月 4日、渥美清が死去。68歳。8日、東京・西新宿の東京オペラシティがオープン。25日、元SMAPの森且行がオートレース訓練中に事故。28日、英チャールズ皇太子とダイ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事