日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

細川護特集

エロスへの興味は尽きない

芸術にタブーなし「春画展」引き受けた細川元首相の“義侠心”


国内初となる本格的な春画展の概要発表会見に細川護熙元総理(77)が登場した。 今年9月から開催される同展は細川家伝来の文化財を公開している「永青文庫」(東京・文京区)の主催。理事長として出席した“殿”は「出版物ではすでに無修正で流通しているのに、実物が見られないのはおかしい。そういうタブーは破っていかないといけない」と熱弁。 入場は「18禁」のこの春画展には北斎や歌麿らの作品をはじめ、国内外から…

上昇志向の塊

ポスト安倍も意識 小池知事のとどまるところを知らぬ野望


日本新党→新進党→自由党→保守党→自民党と渡り歩きながら、細川護熙、小沢一郎、小泉純一郎と、時の実力者に寄り添ってきた。 自民党は“勝てば官軍”がまかり通る政党である。イザとなったら、小池知事を“ポスト安倍”に担ぐ可能性もゼロじゃない。すでに都知事選後、安倍首相と二階幹事長は、小池知事とあっさり手打ちしている。 「世論を味方につけた小池さんは、敵に回すには大きくなり過ぎた。得となれば敵とも手を握…

保阪正康氏

「田中角栄と安倍晋三」保阪正康氏


鳩山由紀夫と細川護熙も国家権力を強めようとする安倍にノーを突きつけた。 「田中の亡霊が現代に蘇り、安倍首相と対峙しているのです。言うなれば、田中角栄による安倍批判。岸=安倍晋三に比べて、田中のほうが歴史的正統性を持っていることを確認すべきだと思いました」 昭和と平成の因果関係を解明する労作だ。(朝日新聞出版 780円+税) ▽ほさか・まさやす 1939年、北海道生まれ。同志社大文学部卒。「昭和史…

都連会長の石原伸晃(右)と幹事長の内田氏

親族が応援でも除名…自民都連の通告文は憲法を完全無視


前回の都知事選は、自民党が支援した舛添要一前知事の対立候補で出馬した細川護熙元首相を小泉は支援していたが、進次郎は除名処分になっていない。今回の都知事選だけ自民党が躍起になって締め上げているのは明らかだ。政治評論家の山口朝雄氏がこう言う。 「政治の現場を長く取材してきましたが、自民党が今回のような通知を出したのは聞いたことがありません。国会の議決で党議拘束をかけるというならともかく、今回は首長…

上場107社が被災 熊本地震で生まれる“シャープ予備軍”


80年代に2期8年務めた細川護熙熊本県知事(当時)が付加価値の高い産業の誘致に動いたことを契機に、工場がどんどん集まり、ハイテクの最先端を走った時代もあった。今でも半導体に関しては、国内一の拠点といっていいでしょう」 熊本市の北東部に位置する菊陽町には、ソニーの画像センサー工場や、富士フイルムの液晶パネル部材の子会社工場がある。ソニーは世界シェアの7割、富士フイルムも7割を占める部品だが、2工場…

マスコミOBも結集(「歴代首相の提言」発表会見)

細川氏、羽田氏…元首相5人も決起で広がる「安保法案NO!」


11日、回答があった細川護熙、羽田孜、村山富市、鳩山由紀夫、菅直人の5氏の提言書を公表した。 連日、高校生から高齢者まで幅広い国民が安保法案に「NO!」を突き付けている。「マスコミ九条の会」は「危機を一番鋭く感じているのは、戦後一貫して平和主義の維持に最高責任を負ってきた歴代首相であろうと気づき、現役首相に暴走を止めるよう率直な提言を求めた」とした。 細川氏は文書で「憲法前文に『政府の行為によつ…

(C)AP

原子力は古い…米軍がシフト始めた「バイオ燃料」の威力


小泉純一郎、細川護熙両元首相が脱原発を目指し7日、発足した「自然エネルギー推進会議」で、原子力の代替エネルギーとして注目を集めたのがバイオ燃料だ。きっかけはシンポジウムの司会を務めたピースボート共同代表の吉岡達也氏が言った「米軍がバイオ燃料で動く船を造っている」の一言だった。 バイオ燃料はサトウキビ、藻類といった植物や廃木材など生物資源を原料としている。生成段階で二酸化炭素を吸収するため、燃焼し…

「国家の主は国民」と指摘/(C)日刊ゲンダイ

改憲反対なかにし礼氏 「安倍首相は岸信介教の熱狂的信徒」


――2月の東京都知事選で、脱原発を掲げた細川護熙元首相を応援したのも、安倍政権への危機感からですか? 老人2人が頑張っているのを見て、居ても立ってもいられなくなった。でも、細川さんと小泉さんが5月に立ち上げる自然エネルギー推進会議には参加していません。組織にくみするのは「正午の思想」に反するからです。僕は言論人というより芸術家だから、大事な時にモノを考えて、考えたことを言葉にして残すことが仕事…

(C)日刊ゲンダイ

森高千里 顎関節症でコンサート活動休止騒動


8日、細川護熙首相が辞任表明。22日、ニクソン元米大統領が死去。81歳。23日、井の頭公園バラバラ殺人事件発覚。26日、中華航空機が名古屋空港で着陸失敗、264人が死亡。28日、羽田内閣が発足。…

カネはうなるほどある/(C)日刊ゲンダイ

出馬直前仰天情報! 細川陣営スポンサーに大富豪・鳩山邦夫


目的を達成するまで主張を続ける」 都知事候補に浮上した細川護熙元首相(75)が昨年11月に東京新聞の取材に答えた言葉だ。脱原発を旗印に掲げる以上、細川陣営は「完全無所属」にこだわっているという。自民や民主など既存政党の支援を受ければ、脱原発の主張は貫けないという考えだ。 「政党の支援がなければ選挙資金の工面は厳しいが、意外な人物の援助によって資金面の準備は整ったようです」(細川氏を知る関係者) …

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事