日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

沢田研二特集

12年の衆院選では山本太郎氏を応援/(C)日刊ゲンダイ

ファンは呆然…沢田研二がライブでブチ切れ「嫌なら帰れ!」

「何が起こったのか一瞬わからず、会場は静まりかえりました」(観客のひとり) 歌手の沢田研二(66)が先週、コンサート会場で突然ブチ切れて、ファンで埋め尽くされた会場を凍りつかせる場面があったという。「2015 沢田研二 正月LIVE」が開かれた1月20日。会場は東京国際フォーラムのホールAで、キャパの5000人はほぼ満席に近い状態。「昭和90年のVOICE∞」と題し…

楽屋を訪れ言葉をかけた沢田研二

ライブを見に来てくれた沢田研二「安心した」の一言

島 去年の12月の中野サンプラザには、沢田研二が見に来てくれていて、終わってから楽屋に来てくれたんです。で、涙を流して「ワイルドワンズは大丈夫だ。安心した」って言ってくれたのはうれしかったね。 鳥塚 うん。3人で力を合わせてやっていこうって思えたよ。 島 それでもまだ僕は、ライブをやってる時に加瀬さんの姿が頭をよぎる。僕と植田さんがトークで羽目を外しすぎちゃった時…

(C)日刊ゲンダイ

沢田研二 田中裕子 8年越しの交際実らせて結婚

グループサウンズ「ザ・タイガース」のボーカル、沢田研二(65)との交際・結婚である。 出会いは82年4月、田中が26歳の時。当時、再結成したザ・タイガースのコンサートで沢田(当時33歳)と対面。その後、同年末の映画「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」で共演し、この頃から2人の熱愛が囁かれるようになった。83年夏ごろには沢田が田中のマンションに通う姿も目撃された。 沢田は…

「酒席のお客が成長させてくれた」と語る葉月パル

今だから語れる涙と笑いの酒人生

“盟友”コロッケと芸磨き 葉月パルの下積みショーパブ時代

当時から沢田研二さん、西城秀樹さん、武田鉄矢さんとかやり始めました。 上京後、カラオケスナックで歌マネしたら、昔はそんなことする人が珍しいから、大ウケして。他のお客さんからビールをおごってもらったり、ママさんから「ジュリーのマネしてくれたらタダで飲んでいいからしょっちゅう来て!」とか言われて。そんな店が3軒、4軒と増えて“モノマネの流し”になっていった。 20歳の時…

紅白初出場の歌手たち

NHKが一縷の望みをかける 「SMAP紅白出場」の大バクチ

「かつて森進一、布施明、小柳ルミ子、沢田研二ら『渡辺プロ』所属の歌手が、紅白を“占拠”したことがあります。その時は歌手にそれぞれの個性があった。もちろん、ジャニーズも各グループに個性はある。しかし、中高年にとっては、同じ“少年”にしか見えないかもしれません。こういう特定の事務所に偏った状態が続けば、ジャニーズに興味のない視聴者は白けるし、紅白が根本からダメになって…

SMAP解散で年間70億円が消える

キムタクだけでコンサートは無理 SMAP“バラ売り”収入激減

たとえばタイガースだったら沢田研二が、テンプターズだったらショーケン(萩原健一)が単独でもコンサートが開けましたが、キムタクだけでは厳しい。香取慎吾や稲垣吾郎はソロCDも出してますが、いずれも企画ものの範疇。それだけで1本のショーを成立させるのは無理です」(前出の肥留間氏) 事情に詳しい関係者によると、SMAPという大きな枠組みがあるからこそ自分たちは成立しているし…

None

妹ユミさん死去 「ザ・ピーナッツ」が日本に残した“足跡”

同年6月、エミさんは7歳年下の沢田研二と結婚した(87年に離婚)。ユミさんは生涯独身を通した。 「2人とも引退後は一切テレビに出ず、実にきれいに芸能界を去りました」とは芸能評論家の肥留間正明氏だ。 「日本人の欧米コンプレックスを払拭してくれたコンビでした。歌唱力も表現力も一流で、いずみたくや宮川泰といった音楽界の大御所に磨きをかけられた。誰が聴いても“うまい”とうな…

夏木ゆたか(左)を見いだしたペギー葉山

「司会者・夏木ゆたか」見いだした ペギー葉山の“大抜擢”

去年10月、沢田研二さんの3デイズ公演を最後に、51年の歴史に幕を閉じた渋谷公会堂はその当時、国内外の人気歌手や一流ミュージシャンだけがステージに上がることが許された特別な場所でした。 しかも、ペギーさんはNHK紅白歌合戦に14回出場し、そのうち1回は司会を務めたほど歌手としても司会者としても超一流のトップスター。かたや、僕は69年に20歳で歌手デビューしたものの…

「ときめきに死す」発売=アスミック・エース/販売=KADOKAWA

ときめきに死す(1984年 森田芳光監督)

本作の主人公は沢田研二演じる若き暗殺者・工藤。元歌舞伎町の医者を名乗る中年男・大倉(杉浦直樹)が管理を担当する別荘に現れる。大倉は依頼主から工藤の世話を命じられている。その2人の日常にコンパニオンのひろみ(樋口可南子)が派遣される。ひろみは男たちの性欲処理のために雇われたが、工藤は彼女に手を出そうとしない。やがて大倉は工藤の使命が新興宗教教祖の襲撃だと気付くのだ……

及川恒平さん

六文銭の一人だった及川恒平さんは今もバンド活動継続中

沢田研二、和田アキ子、青江三奈……。主立った歌手はほとんど書き、1000曲は作詞・作曲したんじゃないかな」 だが、5年ほど過ぎた頃、「流行歌の量産なんて自分のやることじゃないな」と悩み、事務所を辞めるだけでなく、歌の世界からも足を洗った。 「で、何をやったか? 驚くことなかれ、テニスのコーチです。高校時代に軟式庭球の経験があり、テニスコーチの資格を取って、約10年間…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事