日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

坂口杏里 特集

坂口 杏里(さかぐち あんり) 1991年3月3日東京都生まれ。タレント。AV女優としての活動での名前はANRI。母は女優の故・坂口良子。2008年にタレントデビュー。坂口良子と母子でバラエティー番組に出演するなど、2世タレントとして注目を浴びる。13年3月に坂口良子と死別。14年9月公開の映画「ハニー・フラッパーズ」では映画初主演。10月には写真週刊誌「フライデー」(講談社)の報道により、お笑いコンビ「バイきんぐ」の小峠英二との交際が判明。16年9月には、3月で所属事務所の「アヴィラ」を退社していたことと、AV女優への転身が報じられ、10月にAVデビュー。11月にはヘアヌード写真集「What a day!!」(講談社)を発売。
以前はふっくらしていたが…(2013年4月撮影)

坂口杏里 「ホラーすぎる寝相」公開も“細すぎる脚”に話題集中

タレントの坂口杏里(23)が、2月28日にブログやツイッターで“ホラーすぎる寝相”の写真を公開し、話題になっている。 友人が撮影したとされる写真には、硬直した不自然な姿勢でゾンビのようにソファに横たわる部屋着姿の坂口が……。 「家に同級生来てて、こんなんで寝てたらしくてまさにホラーってこの事」「ホラー過ぎたって言われ、とりあえず呼吸してるか確認したらしい」と書かれ、…

華麗なる“2世人脈”披露

坂口杏里 原前監督の息子と2ショット「何年ぶりの再会」

ANRI名義でアダルト女優転身を果たした坂口杏里(25)が20日、巨人・原辰徳前監督(58)の一人息子との2ショットをツイッターに投稿した。 「原監督の息子くんの原ちゃんと」美容室でバッタリ出会ったことを報告した坂口。「原ちゃんとは18~20くらいの時みんなでよく遊んでたなぁ! 何年ぶりの再会だ!」と、楽しい記憶を回想している。 ファンからは<原はもう監督じゃないか…

独自のポジションを築いた飯島愛(右)のようになれるか?

テレビ復帰の可能性は? 坂口杏里に“第2の飯島愛”の道

AV女優に転身した坂口杏里(25)の“暴走”が止まらない。所属していた事務所の先輩で、タレントの重盛さと美(28)がテレビで「同じ事務所で唯一連絡を取り合う後輩でした」と発言したことについて、ツイッター上で「連絡取ってたって 取ってなかったんだけど」「さすが腹黒いや」などと猛批判を繰り広げているのだ。 この腹黒発言には、重盛と共にアイドルユニット「LLS」に所属する…

AVデビューは10月1日

オトナの社会講座

イケメン評論家に聞いた 坂口杏里も貢いだホストの魅力

3年前、57歳の若さで亡くなった坂口良子さんの娘・坂口杏里(25)が、10月1日発売のアダルトビデオに出演する。出演の動機は借金苦とされ、その原因というのが歌舞伎町のホストクラブ通い。母の良子さんは娘に当面の生活には十分な数千万円の遺産を残して旅立ったが、杏里は数年で使い果たし、今回のデビューとなった。ギャラは1億円以上と伝えられるが、ホストクラブへの返済分もあるの…

転身後のツイートは何かと話題に

やはり仲良し? 坂口杏里&重盛さと美の2ショットあった

元交際相手のバイきんぐ・小峠英二(40)を巻き込むなど、大きな話題を振りまいた“ANRI”こと坂口杏里(25)のAVデビュー。その後、小峠が坂口にエールを送るなど、騒動は沈静化したかに見えたが、ここにきて坂口周辺で新たな騒ぎが起きている。タレントの重盛さと美(28)とのイザコザだ。 坂口のAV女優転身が話題になり始めた9月、重盛はテレビ番組で「同じ事務所で唯一連絡を…

「お金でも何でもない」と坂口

坂口杏里 AV転身めぐりツイートで主張「何がいけないの」

タレントの坂口杏里(25)が7日夜、自らの意志でAV業界に足を踏み入れたことを「ANRI」名義の公式ツイッターで明かした。 坂口の転身をめぐっては、「ホストクラブにはまり借金を抱えてデビュー」などの報道が過熱。これを意識してか、ツイートでは「いろんな報道が舞い散ってるけど、嘘ばっか」と強く否定している。 その上で、「自らAVの道に行きましたよ。お金でも何でもない。2…

あどけない笑顔が印象的だったが…(2012年3月撮影)

風俗デビューの噂まで…“AV転向”坂口杏里が落ちた奈落

芸能界に衝撃を走らせたタレント坂口杏里(25)のAV転向。その理由についてはホスト通いで作った莫大な借金の穴埋めのためともいわれているが、10月1日に発売されるその内容が少しずつ明らかになってきた。 「1作目なのでいわゆるAIV(アダルトイメージビデオ)。もちろんフルヌードですが、男優と激しく交わるようなものではなく、模型の男性器に舌を這わせたり、自慰行為をしたりと…

坂口杏里(左)と小峠英二

坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

女優の故・坂口良子(享年57)の長女でタレントの坂口杏里(25)がAVに出演、しかもすでに撮り終えているというニュースには驚かされた。元カレである小峠は「会ったのは去年の12月が最後。ただただ驚いています」とコメント。ショックのほどは想像に難くないが、芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。 「そもそも交際の中身が疑問でした。“付き合っていた”というより“振り回されて…

元グラドル高橋しょう子もAVデビュー

坂口杏里AVも赤字か “転向組”が苦戦する今どき業界事情

坂口良子の娘の坂口杏里がAV女優デビューする件。元カレを含め、芸能界に衝撃をもたらしたその内容が徐々に明らかになってきた。発売日は10月1日で「Winkの鈴木早智子や小松千春のデビュー作同様、AIV(アダルトイメージビデオ)と呼ばれるソフトな中身になる」(業界関係者)という。 彼女のデビュー作を手がける「MUTEKI」はいま最も勢いのあるAVメーカーで、「今年に入っ…

ファンの心配は募るばかり……

AVデビューの準備? 坂口杏里“インスタ削除”に悲痛な叫び

5日にアダルト転身が報じられた大物二世タレント・坂口杏里(25)のインスタグラムが閲覧不能となり、ファンから悲痛なエールが送られている。 坂口は8月31日夜、ツイッターで唐突に「インスタグラムの削除のやり方教えて欲しいです」とフォロワーに質問。その後、坂口のインスタグラムはひっそりと閉鎖され、現在は“このページはご利用いただけません”というメッセージが表示されるのみ…

何があったのか?

名前出しもNG…坂口杏里とバイきんぐ小峠に「破局説」浮上

結婚秒読みとまでいわれていた「バイきんぐ」の小峠英二(38)とタレントの坂口杏里(23)に破局説が浮上している。 「バラエティー番組などで互いの名前を出すことも基本NGだというんです。当初は、結婚に向けいろいろな調整をし、ナーバスな時期なのかと思ったら、別れてしまったというのです」(編成関係者) 意外だが最初に別れ話を切り出したのは、小峠の方だったという。 「坂口の…

本気なんだか売名なんだか/(C)日刊ゲンダイ

坂口杏里が小峠に“求婚”宣言 スキンヘッドはなぜモテる?

タレントの坂口杏里(23)が7日に放送されたバラエティー番組で、手つなぎデートを写真週刊誌にキャッチされた「バイきんぐ」の小峠英二(38)に対して「好き、大好き! (プロポーズ)しようと思ってます! 私から」と逆プロポーズ宣言をした。小峠からは明確な告白もなければ、求婚もないという。 スキンヘッドが特徴の小峠。坂口が本気なのか売名行為なのかは別にして、「スキンヘッド…

写真はイメージ

坂口杏里も借金返済 AVが女性の“駆け込み寺”になる理由

お嬢様2世タレントがなぜ

ホスト通いの果て…坂口杏里AVデビューの裏に“借金苦”か

いろいろあった(ANRI)

荒波相場に挑む 稼げる「鉄板」銘柄

「エルテス」ネット炎上回避ビジネスで“株価炎上”も?

今年最強の炎上芸能人は誰か? ネットランキングによると、ANRI(坂口杏里)、川谷絵音(ゲスの極み乙女。)、ベッキーあたりが上位に来ているらしい。いずれもブログやLINEのやりとりが原因となり、一般人の怒りを買った。 また、本来ならばネガティブイベントである「炎上」を利用して、有名になるケースも散見される。狩野英孝の元カノで、モデルの加藤紗里などはその典型例であろう…

元カノの転身にエール

今週グサッときた名言珍言

「デビューしたからには、そりゃやっぱ、トップ取っていただきたいなと思いますよ。一度愛した女として、全力で応援しますよ!」by 小峠英二

かつて交際していた坂口杏里が、AVレーベル「MUTEKI」からデビューしたバイきんぐの小峠英二(40)。その元カノに「メッセージを」と、むちゃぶりされて言い放った“男前な一言”が今週の言葉だ。 坂口のデビュー作のタイトルは「What a day!!」。小峠は「キングオブコント」で優勝した自身のコントを振り返りながら、「ここで出た『なんて日だ!』っていうのが、数年後、…

仲がいいことで知られる高橋ファミリー

ビジネスに使えるスターたちの処世術

高橋真麻 「親の名前に傷付けたくない」と言わせる育て方

そして、次に出てきたゴシップが、故・坂口良子さんの娘でタレントの坂口杏里だ。母親の遺産を使い切って多額の借金を背負っているというのだ。その原因が“ホスト通い”。坂口は“おバカキャラ”で売り、お笑い芸人のバイきんぐ小峠との熱愛と破局で話題になったが、3月には所属事務所をやめていて、今後はセクシー系で再売り出しということになりそうだ。 前置きが長くなってしまったが、こ…

引っ張りだこのバイきんぐ小峠(左)

出演依頼で引っ張りだこ バイきんぐ小峠が重宝されるワケ

昨年報じられた坂口杏里との熱愛&破局ネタで小峠のブームは一度終わったかに思われたが、実にしぶとい。 「小峠の持ちネタである『なんて日だ!』という言葉は、一見マイナスイメージのあるワードに聞こえますが、『なんて○○だ』に置き換えると、驚きと称賛を表す言葉にもなる。ダンディ坂野の『ゲッツ!』と同じで、使いやすい言葉でもあるので、今後、もっとCMの仕事が増えるはず。彼の独…

隠れモテ芸人/(C)日刊ゲンダイ

バレンタイン最高20個 「バイきんぐ」小峠モテモテのなぜ?

交際中の坂口杏里(23)について「昨日会いました。1カ月ぶりくらいに」とデートを報告。週末に迫ったバレンタインデーについても「手作りなら手作りでありがたいけど、毒が入ってなければいいですよ」とテレながらも上から目線で話した。 坂口からも交際前に熱烈なラブコールを受けていたように、「隠れモテ芸人」といわれる小峠。本人もその自覚があるようで、「それなりにモテて告白されて…

小峠(左)と西村/(C)日刊ゲンダイ

今だから語れる涙と笑いの酒人生

お笑いコンビ「バイきんぐ」 かけ合いで語った酒飲みの“格差”

先日、坂口杏里とフライデーされた小峠英二(38)と、若手時代に立ち飲みしていた西村瑞樹(37)では、飲み方に格差があるという。 西村 最初にお酒を飲んだのは、高校の時とかに親が外出してる家に友達6人くらい集まって酒盛りやった時。若気の至りですみません。 小峠 僕も学生時代に友達とですけど、周りは「ビールうまい」と言ってるのに、僕は「苦いし、まずい」と思いながら付き合…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事