日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

伊集院静特集

伊集院氏(中央)は初受賞/(C)日刊ゲンダイ

妻の“監視下”で井川遥を口説けず? 伊集院静氏がボヤく


18日、サントリー「WHISKY HILLS AWARD2014」の授賞式が行われ、作家の伊集院静(64)、井川遥(38)、ソフトバンクの工藤公康監督(51)が出席した。 酒を手にした伊集院は終始、冗舌で、「僕はただウイスキーを飲んできただけなんだけどね。今年で6回目? 声がかかるのがずいぶん遅かったね。ウイスキーはお祝いでも、切ない席でも人間が必要とする。人間が作るあらゆる物の中でも、すごくよ…

None

正岡子規の青春を描いた最新作が話題 伊集院静氏に聞く


直木賞作家の伊集院静氏が明治の大文学者・正岡子規を描く「ノボさん」(講談社 1600円)が話題を呼んでいる。俳句や短歌、小説、随筆と幅広い創作活動を行いながら、35歳の若さでその生涯を終えた正岡子規には、“悲劇の人”というイメージがつきまとう。しかし本作で著者は、生きる力と希望に満ちあふれた青年の生きざまを、実にさわやかに描き出している。 「私と正岡子規の最初の出会いは幼少期で、俳句の好きな母に…

「追いかけるな大人の流儀5」伊集院静著


(講談社 926円+税)…

「となりの芝生」伊集院静著


(文藝春秋 1000円)…

「許す力」伊集院静著


(講談社 926円)…

切羽詰まる/(C)日刊ゲンダイ

「いいとも」レギュラー直談判 笑えないとんねるずの“就活”


伊集院静にも相談!? 「『みなさんの――』は視聴率が1ケタもあるほど低迷しているのに、ギャラは2人で1000万円といわれています。1997年から続いている長寿番組ですが、費用対効果の悪さから、『いいとも』と同じく3月で終わるともっぱら。そうなると、2人は完全に干上がってしまう。石橋は最近、作家の伊集院静氏を兄貴分と慕っていろいろと相談していると聞いています。厳しい状況を十分に自覚しているので…

ある日突然、妻へのDV容疑で逮捕され…


冲方丁が吉川英治文学新人賞を受賞したとき、作家・伊集院静の祝賀スピーチが印象的だった。 「授賞式のとき、家族みたいな席にきれいな女がいるなあと思ったが、いま聞いたら、女房だという。美人をもらうということは、将来、非常に苦労する。わたしも女優を嫁にもらって、ずいぶん苦労した(場内笑)」(「本の雑誌」2010年6月号)。 だが好事魔多し。 2015年8月24日、ベストセラー作家は突然逮捕されてしま…

宮澤がターンベリーで撮影した作品

宮澤正明さん(写真家)


伊集院静が講談社から創業100周年記念事業で写真エッセー「HOME of GOLF」を出版することになり、宮澤がそのパートナーに指名されたのだ。 「日本のゴルフ場は朝か夕方、斜光の時しか、きれいな写真が撮れないのですが、スコットランドは朝も夕方もありません。まさに一日に四季が2度くらい来る。朝起きた時は豪雨が降っていたのに、急に晴れたかと思ったら風が吹いて寒くなり、雨が降ってレインウエアを着る…

CMディレクター役の内野聖陽

稽古を通じて“同志”になった 俳優・内野聖陽への信頼


その第1作に選んだのは、伊集院静さんの「乳房」です。伊集院さんが亡き妻・夏目雅子さんとの最後の日々を描いた自伝的短編です。それは、とても切ない清澄な物語です。 酒とギャンブルに明け暮れる無頼派のCMディレクター役は内野聖陽さんに決めました。内野さんは、デビュー作・森田芳光監督「ハル」の青年役から、テレビドラマ「JIN~仁」の坂本龍馬役まで、演技の幅がすごいな、と。95年湯布院映画祭で見た「ハル」…

宮澤正明

宮澤正明さん(写真家)


そんな時に伊集院静と出会った。流行通信、ブルータスのアートディレクター長友啓典の紹介だった。 「伊集院さんはまだ作家になる前で、薬師丸ひろ子のプロデュースをしていました。競馬場で長友さんに、『若くてイキのいいカメラマンはいないか?』って聞いたそうです。後日、九段下のワンルームのボロい事務所に顔を出してくれて、『水を一杯くれ』って。恐らく二日酔いだったのでしょう。『おまえの顔を見られたからそれでい…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事