日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

三田村邦彦特集

第2の石田純一として活躍?

61歳で第4子誕生へ 三田村邦彦ファミリーは“華麗なる一族”


俳優・三田村邦彦(61)に“第4子”が誕生するというので話題になっている。2010年に再婚した妻との年齢差は26歳。約4年間の不妊治療を乗り越えての懐妊だけに周囲は歓迎ムード一色だという。 「実は三田村と付き合いのある古手の芸能記者の間では夫人の懐妊はちょっと前から知られた事実でした。しかし、三田村の“記事にするなら、生まれてから”との希望を受け入れ、スクープを控えていた。今回記事になったのは、…

左から石橋菜津美、中山、水石亜飛夢/(C)日刊ゲンダイ

三田村邦彦の三男・中山麻聖が参考にしたのは父親より…?


中山は三田村邦彦(61)&中山麻理(66)元夫妻の三男坊。両親は99年に離婚し、その後は母親と暮らしていたという。04年に俳優デビューすると、父親とは主演映画や12年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」で共演。「2世俳優」として数々の作品に出演している。 今回の作品では哀川翔(53)や大杉漣(63)など豪華なゲスト俳優たちと共演。「みなさんと濃い時間を過ごさせてもらって、いろんな話も聞かせていただ…

左から石田純一、市村正親、三田村邦彦

男性ホルモンキープの秘訣は?ギンギン男の共通点


石田純一(62)はバツ2、市村正親(67)、三田村邦彦(62)の2人は、いずれもバツ1で、20歳以上も年下の女盛りと再婚。60歳前後で再婚相手との間に第1子をもうけている。石田と市村には2人目もいて、市村の第2子誕生は63歳のときだった。還暦を迎えて若い伴侶との第2の人生、何ともうらやましい体力にして精力だ。 ■テストステロンの分泌量で差が出る 男60歳、一般には“枯れる”ころとされるが、この3…

製作プロデューサーの橘民義氏

登場人物は実名…原発事故映画「太陽の蓋」製作Pに聞く


もっとも、彼ら民主党の政治家たちにすれば嫌な部分も描きましたが」 三田村邦彦が演じた菅直人元首相の本音も聞いてみたいところだ。映画は7月16日から渋谷ユーロスペースより全国順次公開。…

(C)2013ファーストピクチャーズ

艶めかしい左乳下のホクロ…川島なお美が主演映画で“過激”濡れ場


三田村邦彦(60)相手に受け身のセックスに徹した前作とは異なり、年下の韓国人俳優イ・テガン(27)相手に攻めたり攻められたり。ヘア出しはないがフルヌード。異国タイを舞台に開放的になる女性を演じている。 最初の濡れ場は開始から45分を過ぎた頃。市内観光に出かけた際に知り合った韓国人青年のアパートに押しかけ、甘くキスを交わす。盛り上がった欲情を抑えきれなくなると、相手の下半身に手を伸ばし、まさぐりな…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事