日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

平原綾香特集

石川さゆり(左)と市村正親

いまや絶滅の危機に瀕した「中高生向け歌番組」の惨憺


氷川きよしが敏いとうとハッピー&ブルーの「星降る街角」を歌ったかと思えば、世界で活躍するピアニスト、ラン・ラン(って誰?)と平原綾香が「ムーン・リバー」で共演。森山直太朗「夏の終わり」、平浩二「バス・ストップ」と持ち歌を熱唱すれば、杜このみ(だから誰?)が西川(現・仁支川)峰子の「あなたにあげる」……。「大人のラブソング」でこの歌が出てくるかと首をひねるばかり。 ほかにも「若くして大人っぽい!?…

歌手の川上大輔さん

川上大輔 高校時代に持たせてもらった“弁当のごちそう”


「新聞配達時代、朝食後によくラジオを聴いていて、平原綾香さんの『ジュピター』のファンになり、CDで聴いたホイットニー・ヒューストン、マライア・キャリーへの憧れも強くなっていった」 就職せず歌の世界に入る流れが自然にでき、母に「歌手になりたい」と話したところ、音楽の世界を諦めサラリーマンになった夫の姿を息子に重ねて猛反対。しかし、デモテープに吹き込まれた川上さんのハイトーンの声を初めて聴き、音楽…

「世界禁煙デー」イベント

止まらぬ「たばこ規制」 先行する豪州では仰天値上げが


イベントには、いきいき健康大使でシンガー・ソングライターの平原綾香さん、パラリンピアンの谷(旧姓・佐藤)真海さんらが参加したトークディスカッションや国立がん研究センター・がん登録統計解析室長の片野田耕太氏による講演が行われた。講演では受動喫煙が原因で死亡する人は、国内で年間約1万5000人との推計結果が実にタイミングよく発表された。 2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、た…

「バラードの女王」が語った新作アルバムへの思い


平原綾香は圧倒的な歌唱力、音域の広さを武器に新しい地平を切り開き、「歌姫」という称号をほしいままにしてきた。そんな彼女のニューアルバムは、ずばり、「祈り」という意の「Prayer」。そのコンセプトは? 本人が言う。 「オリジナルアルバムを作るとき共通していることは、とにかくいい曲を歌わせていただくこと。そこから始まって、出合った曲に刺激されて、“このテーマでいこう”とタイトルが決まります。今回は…

左から石丸幹二、平原綾香、日笠陽子

東宝「232億円」プロジェクトの勝算…新宿開業で興行地図一変


この日は製作50周年を記念したDVD「サウンド・オブ・ミュージック」日本語吹き替え版の発売イベントが行われ、石丸幹二(写真左、49)、平原綾香(同中、30)、日笠陽子(同右29)が出席。500人を収容する劇場は満員御礼の状態だった。 「歌舞伎町を訪れたのは30年ぶり。“ゴジラ”見たさに応募したら当選しました。憧れのマル様(石丸)にも会えたし、幸せです」(都内在住60代女性) 新宿エリアの映画興行…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事