日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

清水健太郎特集

ASKAにアドバイスを送った清水健太郎

清水健太郎の再婚会見をワイドショーが“スルー”した裏事情


12日に都内で会見を開き、18歳年下で個人事務所の社長をつとめる瑞穗夫人との再婚を発表した歌手で俳優の清水健太郎(62)。会見では薬物との絶縁が結婚の条件であったことや、覚醒剤で逮捕されたASKAへのアドバイスなども語っていたが、翌日以降、テレビのワイドショーがシミケンに触れることはほとんどなかった。 「それこそ、コンプライアンスの問題で、薬物関係だけで6回も逮捕されている清水の会見はテレビでは…

10月にはアルバムも/(C)日刊ゲンダイ

薬物使用実刑3度の清水健太郎はライブ活動で再起中


ヒット曲「失恋レストラン」で知られる清水健太郎さんだ。10年には覚醒剤で3度目の実刑判決を受けた。さて、今どうしているのか。 「一昨年の夏に水戸刑務所を出てきたんですが、うれしかったのは多くの方が温かい目で迎えてくださったことです。町内で餅つき大会があれば一緒につこうと誘ってくれ、お祭りが近づくと、神輿(みこし)を担がないかと声をかけてくれた。みなさん、ごく自然に接してくれる。生活が大変だろうと…

保釈され警視庁本部から出てきた清原被告を乗せた車

一般人、芸能人より重い清原への社会的制裁


俳優の清水健太郎は83年と86年、大麻で逮捕され、94年には大麻と覚醒剤で3度目の逮捕、04年覚醒剤で4度目の逮捕、10年覚醒剤で逮捕、13年危険ドラッグのα-PVPで都合8度、逮捕された。 こうした人たちは逮捕されても服役しても、なんとかその後の生活のメドを立てている。酒井法子などは逮捕後、中国でアジア最注目女優大賞をもらうなど、着々と復活の途についているようだ。 だが、清原に関するかぎり、…

田代まさし、小向美奈子、酒井法子、ASKA

ASKA、酒井法子…覚醒剤で逮捕されたタレントたちは今


清水健太郎(63)も過去5度も薬物関連で逮捕されている。昨年は音楽グループ、C―C―Bの元メンバーにZOOの元メンバーが相次いで逮捕されるなど、芸能界の薬物蔓延を改めて知らしめた。 「2009年に逮捕された酒井法子は芸能活動を再開させていますが、活動が台湾などに限られているし、逮捕での莫大な違約金が今も残り、かつて所属していた芸能プロサンミュージックに支払い続けているようです」(スポーツ紙記者)…

None

番長「逮捕」 僕の映画のファンが一人消えた


清水健太郎や田代まさしも世間からは消えても、襲ってくるクスリの誘惑は簡単に消えてくれない。まだ苦悶は続いているはずだ。番長は同じ道を辿らないと誰が保証するだろう。 妻や子供も彼の前から去った。一緒にいるなら監視もされるし止められるだろうが、彼は独り身。孤独が唯一の友人だったのも罪の要因だろう。誰かが正面から「アホンダラ! やめろ」と叱っていたら結果は違っただろうか。親身になってくれる人はいなかっ…

若嶋津との婚約発表(1985年)/

高田みづえ 31年ぶり復活の本音は芸能界入り長女の売り出し


同期デビューには清水健太郎、狩人、太川陽介、榊原郁恵、清水由貴子などがいる。 芸能界引退後は、年に2、3回、部屋の千秋楽パーティーで歌う程度。昨年「行列のできる法律相談所」で明石家さんまと共演して話題になったが、歌番組での歌唱は85年6月の「夜のヒットスタジオ」以来である。なぜ今、復活なのか。 NHKは「数年前からオファーを続けていた。人気絶頂で引退し、その後も歌番組に出演されていない。歌声を聴…

再犯率60%の壁/(C)日刊ゲンダイ

松山千春、玉置浩二が後押し ASKA「早期復帰」の可能性


一方で、約60%という覚醒剤の再犯率が示す通り、岡崎聡子(53)、清水健太郎(61)に田代まさし(58)と、再犯で芸能界に戻れない芸能人は何人も挙げられる。ASKAがどっちの道を進むか、結局は本人次第ということだが、この業界はタレントに甘いと言われているだけに…。…

(C)日刊ゲンダイ

白都真理 緊縛ヌードを披露


ところが、84年の映画「人魚伝説」では清水健太郎との濡れ場や水中での初ヌードが話題に。撮影後には「女優として本腰入れたんだけど、お嫁にいけなくなること、ずいぶんやっちゃった」とコメント。さらに「清純派からイメージチェンジとかそういうんじゃないんですよね。脱いでも清純派ですよ」と正統派女優としての活動をアピールした。 そんな白都が初ヘアヌード写真集「情事」を出版したのは93年5月25日のこと。3…

18日、送検のため警視庁東京湾岸署を出るASKA/(C)日刊ゲンダイ

更正は困難か…ASKAに「田代まさしと同じ道」と厳しい声


着実に常習犯の清水健太郎や田代まさしの道を歩んでいる」と話すのは芸能評論家の比留間正明氏だ。 たしかに、厚労省のデータによると、覚醒剤の再犯率は59.1%(平成22年)、59.2%(同23年)、61.1%(同24年)と、極めて高い数字で推移している。ASKAが今後、起訴、有罪となった場合の見通しとしては、初犯なので、懲役1年6月~2年、執行猶予3年程度の量刑といわれている。 芸能界では、同じく覚…

None

タクシー運転手暴行で逮捕 松雪泰子の「弟」の素性


円山町は清水健太郎や大和武士らが薬物所持で捕まった道玄坂に隣接している。午前3時半にどこに行こうとしていたのでしょうか」(捜査事情通) 陽は1995年に浅倉大介プロデュースのボーカルユニット「LAZY KNACK」としてデビュー。2年後に解散してソロに転向した。 「これまで香月優奈やYUNA、松雪ユーナなど何度も芸名を変えています。“松雪泰子の弟”を売りにしていますが、あくまでもインディーズ系の…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事