日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

長谷川潤特集

この立体感!

菜々緒、長谷川潤も…谷間の次は「お尻写真」がブームの兆し


モデルの長谷川潤(29)も5日、プールサイドに手をかけ、お尻を突き出した写真をインスタグラムにアップ。遠目ながら、黒い水着に包まれた大きなヒップが印象的だ。先月はモデルでタレントのダレノガレ明美(25)がグラビア撮影のオフショットお尻写真をツイッターに掲載。<ひきしまったヒップいいです>などと称賛された。 彼女たち“お尻自慢”タレントに共通しているのは、体は細いが豊かなヒップの持ち主であること…

究極の関西弁ハーフ

今田耕司の新相棒に 中条あやみ“究極美少女”のアキレス腱


同番組の女性MCを務めたLIZA(27)、長谷川潤(30)、岸本セシル(26)、瀧本美織(24)に続き5代目で、2008年の放送開始以来MCを務める今田耕司(50)をサポートする。 中条は今田とは同じ大阪市阿倍野区出身で、実家も2駅しか離れていないご近所さん。26日に行われた初回の収録では関西弁で話す場面も。今田は「そのギャップがええねん。モテるで~」とベタボレだったという。 父がイギリス人、母…

現役時代と違って目立たない

怒りや落胆もなし…報道陣も頭抱えるG由伸監督“淡々会見”


そういえば、育成ドラフト新人の長谷川潤を一軍の先発に抜擢した6日の中日戦でも、五回途中4失点で降板した新人の課題を聞かれて、『課題も何もきょう初めて一軍で投げたわけですから』で終わり。いや、そりゃそうだけどさ、とばかりに、何人かの報道陣が顔を見合わせていましたね」(放送局関係者) 記者の質問に、「そうですね。見ての通りじゃないですか」「その通りじゃないですかね」と返すのも常套句。連敗中、報道陣か…

五回2死でKOとなった長谷川

巨人先発“火の車” 二軍でくすぶる高年俸投手に冷たい視線


巨人の育成出身ルーキー・長谷川潤(24)が6日、中日戦でプロ初登板初先発。勝利投手の権利を得る目前の五回に逆転されて降板した。8安打1四球2奪三振4失点の内容だった。 BCリーグ・石川から昨秋の育成ドラフト8位で入団。開幕直後の3月28日に支配下選手登録された。育成ドラフト入団投手の1年目先発デビューは史上初だったが、裏を返せば、それだけ巨人の先発投手陣が火の車ということになる。 菅野と両輪の…

自己最速146キロをマークした

センバツ好投の明石商・吉高 巨人ドラ1“特A”候補に急浮上


巨人は28日、育成選手のウーゴ(26)と長谷川潤(24)の2投手と支配下選手契約を結んだと発表した。投手陣整備が急務の由伸巨人のドラフト上位候補が、今大会を経て一人加わった。…

オペラを習得中/(C)日刊ゲンダイ

レギュラー1本、路線変更も…ローラ、試練の年越し


5日、今年最も美しく輝いていた女性に贈られる「2013年 ベストビューティストアワード」の授賞式に堀北真希(25=女優部門)、長谷川潤(27=モデル部門)とともに登場したローラ(23=タレント部門)。「今年はなんかバタバタしていたので、あんまり覚えていない一年だった。でもすごく楽しかった!」といつもの調子で2013年を振り返った。 バタバタした理由のひとつは、今年6月に父親でバングラデシュ国籍の…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事