日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

さだまさし特集

菅田将暉らキャスティングも緻密

さだまさし自伝ドラマ「ちゃんぽん食べたか」好発進の要因は


中高年から絶大な支持を集め、「視聴率男の異名を持つ」(テレビ関係者)というさだまさし(63)。自伝的小説を原作としたNHK土曜ドラマ「ちゃんぽん食べたか」(総合、21時~)でも底力を発揮している。 5月30日の初回視聴率は5.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。ゴリゴリの社会派ドラマ「64(ロクヨン)」を放送し、平均視聴率3%台に終わった前作とは対照的に、幸先のいいスタートを切ったのだ。 同作…

NHK土曜ドラマ「ちゃんぽん食べたか」

ドラマ「ちゃんぽん食べたか」 さだまさしのルーツ辿る時間旅行


【連載コラム 「TV見るべきものは!!」】 さだまさしの伝記ドラマと聞いて、当初は懐疑的だった。半端な成功物語や自慢話なら勘弁してほしいからだ。しかし実際に見てみると、普遍性のある青春ドラマとして、よくできている。 主人公の雅志(菅田将暉)は高校2年生だ。プロのバイオリン奏者になるべく長崎から上京し、芸大を目指して下宿生活を送っている。本来はバイオリンに集中すべきなのだが、級友たちと文化祭を盛り…

(C)日刊ゲンダイ

映画「長江」で35億円の借金を負った さだまさし


■1981年11月 1980年代初め、ヒット曲を連発していたさだまさし。その流れに乗って映画製作に乗り出したが、製作費がかさんで巨額の借金を背負ってしまった。 81年11月7日、東宝洋画系120館で中国を舞台にしたドキュメンタリー映画「長江」が封切られた。主演、監督はさだまさし(当時29歳)。製作総指揮はさだの父親で、製作は個人事務所「さだ企画」。祖父は大正時代の日本のシベリア出兵の頃、中国を辺…

/(C)日刊ゲンダイ

「CHA-CHA」のメンバーだった西尾拓美は韓国料理店店長


ぜひ一度お越し下さい」 ■さだまさしの友人の店で料理長兼店長も さて、足立区生まれの西尾さんは88年4月から日テレ系で放映された萩本欽一司会の公開バラエティー「欽きらリン530!!」のオーディションに合格し、ユニット「茶々隊」のレギュラーに。次いで勝俣州和らとともに“歌って踊れてお笑いもできる”5人組アイドル「CHA―CHA」を結成した。 「当時の萩本さんは視聴率王の名をほしいままにしてましたか…

田中照久さん(KWCのHPから)

「さだまさし」でカラオケ世界王者 早大職員の底知れぬ実力


この狭き門を突破した田中さんがフィンランドの決勝戦で熱唱したのが「たいせつなひと」(さだまさし)だ。 「ほとんどの代表が英語の曲を披露するため、日本人は完全にアウェー状態。でも、いざ田中さんが歌い始めると、フィンランドやスペイン、米国の応援団が曲のリズムに合わせて、国旗を振ったりして、言葉の壁を乗り越え、観客を味方につけました。森山直太朗バリの裏声が欧米人にも受けたのでしょう。スポンサーや各国の…

幅広く活躍するさだまさし

慢性肝炎発病したさだまさし “グレープ解散”もう1つの理由


―1976年4月― バイオリンのさだまさしとギターの吉田正美による異色のフォークデュオ「グレープ」。叙情的な詞と心に染みるメロディーで「精霊流し」「無縁坂」などヒットを連発したが、人気絶頂期の1976年4月、さだの体調不良を原因に解散した。しかし、そのまま引退と思われたさだは、わずか半年後にソロで復帰した。 73年10月のメジャーデビュー以来、3年間で10億円以上を売り上げたグレープだが、さだ(…

入社式にはフミヤ夫妻も参加

藤井フミヤ長男の新人アナ弘輝 フジ社内報で明かした酒癖


さだまさしの「案山子」に聞き入る藤井の顔が何度も映し出されてお茶の間デビューを果たしたばかりだが、局内評価は「父親譲りのベビーフェースで画面映えするイケメンだと話題です」(フジ社員)というから血は争えない。 ■好きな女性のタイプは… 現在は新人研修の真っただ中。先日、局員向けに配布された社内報の「新人紹介」では、〈音楽と福岡ソフトバンクホークスをこよなく愛する、新人アナウンサーの藤井弘輝です。〉…

声をかければ出てくれる?(左から中森明菜、松田聖子、郷ひろみ)

“目玉”不在で迷走…NHK紅白に「因縁」「不仲」対決のススメ


たとえば、松山千春とさだまさし、長渕剛とサザンの桑田、和田アキ子と小林幸子とかね。みんなテレビやラジオで互いの悪口を言ってるけど、多分に話題づくりの面があるので、声をかければ乗ってくるはずですよ」(前出の肥留間氏) 「家族全員で楽しめる紅白」というコンセプトからはちょっとズレるかもしれないが、少なくとも40~60代あたりに受けるのは確実だ。…

「眉山-びざん- (2枚組)」 DVD発売中 ¥4,800+税  発売元:フジテレビジョン・東宝  販売元:東宝

眉山-びざん-(2007年 犬童一心監督)


原作はさだまさしの同名小説。「しょせん歌手の余技だろ」とくさすなかれ。余技も犬童監督の演出フィルターを通り抜けると一級の映画に昇華される。 東京の旅行会社に勤める咲子(松嶋菜々子)は徳島に住む母・龍子(宮本信子)の病状を案じて帰郷。母が末期がんだと告げられる。咲子は32年前に生まれた私生児で、父の名も顔も知らない。帰省中、咲子は板前の松山に呼ばれ、彼が龍子から預かった箱を渡される。咲子は箱を開き…

左から藤原紀香と東出昌大

入院中の竹内まりやに「湯屋番」を披露した山下達郎


シンガー・ソングライターのさだまさしも落研在籍時のトーク力を生かし、コンサートで笑いを取っている。放送作家の高田文夫は落研界の名門“日芸の落研”出身。本業の一方で落語立川流の噺家として、新宿末広亭でトリを務めたこともあった。 テレビの企画などで落語に取り組むアイドルも多い。テレビアニメ「じょしらく」のエンディングテーマを担当していたのは、落語家っぽいユニット名、桃黒亭一門。後々種明かしされたが、…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事