日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

五十川敦子特集

実刑が確定した桂銀淑

若者は「大麻」、中高年は「覚醒剤」という最近の傾向


元俳優の高知東生被告(51)も7月29日、知人の飲食店従業員五十川敦子被告(34)と一緒に覚醒剤を使用したとして、東京地検は2人を追起訴した。 最近の2つの事件を見ても、今や覚醒剤の使用者が中高年化していることが如実に分かる。第3次覚醒剤乱用期のピークは1997年とされるが、当時は10~20代が検挙者の半数を占めていた。だが今は20代の乱用者が激減、シャブをやっているのは働き盛り世代が中心だ。…

東京地裁に入る五十川被告(右は高知被告)

裁判官から皮肉も 高知東生被告&愛人“有罪判決”傍聴ルポ


覚醒剤取締法違反などの罪に問われた元俳優・高知東生被告(51=本名・大崎丈二)と、その愛人で元クラブホステス・五十川敦子被告(34)の判決公判が15日、東京地裁で開かれた。室橋雅仁裁判官は両被告に懲役2年、執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。 20枚の傍聴券をめぐって384人が列をつくる中、本紙記者が持てる運を使い果たし、何とか1枚を射止めた。 冒頭の撮影が終わると、黒いスーツ姿の高知被告が一礼…

2人の密会は200回を超えた

五十川被告と220回 高知東生被告がハマった“クスリと女”


「刺激を求める気持ちが勝ってしまった」 傍聴券18枚に対し1198人が並んだ元俳優・高知東生被告(51=本名・大崎丈二)とその愛人、元クラブホステス・五十川敦子被告(34)の初公判。31日、東京地裁に黒の短髪、黒いスーツ姿で現れた高知被告は起訴内容を認めた。どうやら五十川被告とともに、覚醒剤と情事にドップリはまっていたようだ。 冒頭陳述によると、高知被告は18歳のころから大麻を始め、20歳のころ…

どれが本当の顔なのか

高畑裕太容疑者に“戦慄の二面性”…学生時代の友人ら証言


「高畑容疑者は別の大物女優の息子とつるんで遊んでいるうちに、6月に覚醒剤で逮捕された俳優の高知東生の愛人でホステスの五十川敦子と知り合い、六本木の業界人の“たまり場”で一緒に飲むようになったらしい。『とんでもない悪ガキ』ともっぱらだったそうです。五十川の“夜の人脈”は、芸能界でもお笑いにアイドルと幅広い。高畑容疑者の逮捕でトバッチリを受けるんじゃないか。戦々恐々の関係者は少なくないでしょう」(…

親子仲は良かったという

六本木に怪しい人脈 ドラ息子・高畑裕太容疑者の“裏の顔”


筋のよくない連中ともよくつるんでいたし、怪しげな夜の人脈のひとりが、6月に覚醒剤で逮捕された元俳優の高知東生の愛人でホステスの五十川敦子ともっぱらです」(芸能関係者) 犯行現場からは、薬物の痕跡は見つかっていないというが……。…

五十川敦子被告

高知の愛人ホステス五十川被告が200万円で保釈…無言貫く


覚醒剤取締法違反の疑いで元俳優の高知東生被告(51)とともに起訴されたクラブホステスの五十川敦子被告(33)が2日、警視庁東京湾岸署から保釈された。収監から39日ぶりで、保釈金は200万円。 五十川被告はメガネをかけ、ボーダーのカットソーに白のカーディガンといういでたち。正面玄関に姿を見せると、報道陣に頭を下げた。「高知被告と会うのか?」「まだ愛しているか?」といった質問が飛んだが、それには答え…

逮捕された高知東生容疑者と五十川敦子容疑者(本人のブログから)

男と女で異なる“効き目” 切り離せない覚醒剤と性の関係


高知は元レースクイーン五十川敦子(33)と横浜市南区のラブホテルに投宿し、覚醒剤を使ってセックスした後、全裸で寝入っていた朝8時半、麻薬取締官の急襲を受けた。 有名人の薬物犯罪というと、かならずといっていいほど男女のカップルで逮捕されるのはどうしたわけか。シャブセックス、つまりはキメセクの常習者だからだろう。 専門家に聞いても、覚醒剤とセックスとの関係は未解明という。逮捕された男女とも覚醒剤の…

五十川容疑者は六本木界隈でも知られた存在だった

高知の次か 愛人の交友関係から浮上したお笑い芸人の名前


元俳優の高知東生容疑者(51=本名・大崎丈二)とその愛人、クラブホステスの五十川敦子容疑者(33)の覚醒剤逮捕には、テレビ局も広告代理店も戦々恐々らしい。 高知容疑者の妻、女優の高島礼子(51)は7月21日スタートのテレ朝系連続ドラマ「女たちの特捜最前線」に主演。降板の可能性も取りざたされた。尿検査と“涙”の謝罪会見で何とか乗り切ったとはいえ、テレ朝局内がピリピリするのは当然だ。 「高島は容疑…

会見で話す高島礼子

相次ぐ誤報に風評被害まで 高知東生「薬物逮捕」の“余波”


最後は高知と共に逮捕された五十川敦子容疑者がキャンペーンモデルとして、2012年にスポーツ各紙を回った際の写真を掲載したため、クライアントが激怒しているそうです」(ワイドショーデスク) 高知容疑者に続く逮捕者が出るのではないかとの臆測でネットも盛り上がり、俳優や歌手の実名まで飛び交っていて風評被害も深刻。名前が挙がったタレントは大迷惑している。“高知事件”の余波は、まだまだ続きそうだ。…

高知容疑者と知り合う前から…

“主役”は高知の愛人ホステス…仲間に大物女優2世らの名前


事件の輪郭が、おぼろげながら見えてきているが、実は“主役”は高知ではなく、その愛人、クラブホステスの五十川敦子容疑者(33)のようだ。 「2人を逮捕したマトリ(関東信越厚生局麻薬取締部)がもともと狙っていたのは五十川容疑者の方で、そこに高知が引っかかってきた。それぞれ内偵を進め、六本木などで何度も密会していることを確認した上で、横浜のラブホテルで“御用”となったのです」(捜査事情通) 父親も姉も…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事