日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

藤沢周平特集

宝塚退団後の出演映画「武士の一分」も藤沢周平の原作

やくざ相手に堂々と啖呵 こんな檀れい見たことない!


原作は人気時代小説家・藤沢周平。檀れいさんといえば、トップ娘役を務めた宝塚退団後、映像デビュー作となったのが、木村拓哉と共演した藤沢原作の「武士の一分」でした。また、初のドラマデビュー作の演出が、「遅いしあわせ」の井上昭監督ということで、深い縁を感じながら現場入りしたとか。 ひたむきに生きるおもんの心の奥底を静かに表現する姿もステキですが、この作品ではやくざ相手に堂々と啖呵を切るシーンも! 現…

「休暇村協会」理事長の中島都志明さん

休暇村協会理事長・中島都志明さん「司馬作品で迷いなくなった」


その頃に読んだのは池波正太郎や藤沢周平の時代小説。あと、山岡荘八の『徳川家康』も面白かったですね。家康は好きな武将ではありませんが、作品の構想力に圧倒されて、全26巻を一気に読みました」 ただ、50歳を過ぎた頃から極度の乱視に悩まされるようになり、やむなく読書は中断することに。 「集中して文字を読むと15分ぐらいで頭が痛くなるのです。なんとも残念ですが、リタイアした後は、もう一度、書棚にある本を…

大原麗子(左)とのツーショット

最高齢プロデューサー 石井ふく子さんが語る名女優との時


7月に放映する、藤沢周平さんをモデルにした『ふつうが一番』っていうドラマは、東山紀之さんと松たか子さんの予定が空くのを3年待って実現したくらい。 母は“一番運のいい日”に産むために、帝王切開で予定日よりひと月も早く私を産みました。当時、帝王切開で命を落とすこともあり得るのにひとりで病院に行って、信じられないことをしてきたんです。『私は何もできないから、先払いしといたわよ』って言うのですが、こうし…

杉田成道さん

【日本映画放送】杉田成道社長


日本がなぜ、負けると分かっている太平洋戦争をはじめたか、長年の疑問が少し解けた気がしました」 小説では向田邦子、藤沢周平、司馬遼太郎らのほか、東山彰良に又吉直樹ら話題の名前も。 「東山さんの『流』は最近で一番面白かった」と言いつつ、「年をとったら新しい本はいらないという話を聞いて『カラマーゾフの兄弟』を読み返したんです。なるほど印象が変わって面白い」と、読書話は尽きない。 「企画のネタを探すのも…

司馬遼太郎がダントツ

正月休みに必読? 企業の社長たちが愛読する本はコレだ


村上春樹、藤沢周平、北方謙三らが定番の人気だが、やはり司馬遼太郎が“強かった”。ほぼ4人に1人が名前を挙げた。中でも「坂の上の雲」が一番。 「軍事とビジネスは似ていると思う。限られた人とカネをどこに投入し、相手に勝つかという意味で」(オリックス生命・片岡一則社長) 「青雲の志が伝わってくる大好きな小説」(三菱UFJニコス・井上治夫社長) 2人とも3、4回は読み返している大ファンだ。 山本七平著…

常盤興産の井上直美社長

【常盤興産】井上直美社長


すでに“合格”して運んであるのは、藤沢周平、村上春樹のほか、版画家の浜口陽三全集、富良野で有名な前田真三の写真集『麦秋鮮烈』など。最近読んだ俳句論集『古池に蛙は飛びこんだか』もココ行き決定。こういう本に出合った時はシメシメですね。ワッハッハ」…

ニッカウヰスキー(株) 中川圭一社長

【ニッカウヰスキー(株)】中川圭一社長


栃木に4年、仙台に3年、合わせて7年間の単身赴任中に読んだのは藤沢周平。引っ越しの時に整理してみたら一番数が多かった。藤沢サンでは主人公が牢獄の医者のシリーズが心に残ります。たしか、NHKで中井貴一さんが主演でドラマ化されたはず。タイトルは……、「獄医 立花登手控え」です!…

None

必死剣 鳥刺し(2010年 平山秀幸監督)


原作は藤沢周平。サラリーマンにとって身につまされる物語だ。 海坂藩の物頭を務める兼見三左エ門(豊川悦司)は若き藩主右京太夫(村上淳)の美貌の側室を殺害する。三左エ門は打ち首を覚悟するが、処分は1年の閉門という軽いもので、閉門後は近習頭取に抜擢される。一方、領内の農民たちは圧政に苦しんでいる。右京太夫と縁続きの帯屋隼人正(吉川晃司)は農民に同情的で藩主と対立。三左エ門は家老の津田(岸部一徳)に「殿…

桜田門外の変を題材にした「柘榴坂の仇討」/(C)日刊ゲンダイ

「るろうに剣心」「柘榴坂の仇討」…今年は時代劇に外れなし!


かつて、藤沢周平原作の時代劇が頻繁に製作されたことがあった。本作が成功すれば意外に早く、葉室時代劇の時代がやってくるかもしれない。 近年、時代劇の数は減っているが、それでも地道に製作されている。現在大ヒット中の「るろうに剣心」の2部作は、コミック原作の映画化なので見落とされがちだが、れっきとした時代劇。この2部作だけで、興収100億円突破が確実な情勢だ。さらに、5万回斬られた男・福本清三主演の異…

(C)日刊ゲンダイ

吉野公佳 清原との噂だけが独り歩きして激ヤセ入院


26日、作家の藤沢周平が死去。69歳。29日、オレンジ共済組合事件で友部達夫参議院議員を逮捕。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事