日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

清水ミチコ特集

「年下の女芸人と飲むときは乱れない」と清水さん

清水ミチコ 三谷幸喜の誕生会で酔って呼び捨てにした相手


数々のモノマネレパートリーを持ち、エッセイストやパーソナリティーとしても活躍する清水ミチコさん(55)はビール党。ワインや日本酒を飲むと悪酔いして、つい乱れる……。 ■「ワインや日本酒は失敗しやすい」 最初に飲んだのは、実家のジャズ喫茶を継ごうと思い、修業のために洋風デリカテッセンでバイトしていた21歳の時。その店の林さんという女性経営者がすごく優しくて、店が終わると「一緒に飲みましょ」とビール…

下北沢駅から徒歩8分/(C)日刊ゲンダイ

料理好きな清水ミチコがハマった街のカジュアルイタリアン「バルボアカフェ」


料理が得意なことでも知られるタレントの清水ミチコ(54)。作るのはもちろん食べるのも大好きで、長年、足を運んでいるのが下北沢にあるイタリアン「バルボアカフェ」だ。 場所は下北沢駅南口から徒歩8分ほど。駅前の繁華街を抜けた大通り沿いにあり、こぢんまりとした空間でオーナーの手料理とワインを楽しめるアットホームなイタリアンだ。 1997年のオープン当初はワインバーとして営業していたが、料理が好評だった…

意外な繋がりが/(C)日刊ゲンダイ

下積み時代の清水ミチコを親身になって叱ったのは永六輔


芸能と家庭を自由に行き来するタレントの日々をつづった日記エッセー「主婦と演芸」(幻冬舎)、ベストアルバム「清水ミチコ物語」、DVD「私という他人」(ともにソニーミュージック)が絶賛発売中。…

野沢直子は現在53歳

「どうしてアタシはデーブ・スペクターで気がつかなかったのか」by 野沢直子


今にして思えばウッチャンナンチャン、ダウンタウン、清水ミチコという、そうそうたるメンバーだが、始まった時点で最も名前が売れていたのは野沢だった。だから、野沢にとっては数ある出演番組のひとつという認識だった。 いざ収録が始まったら愕然とした。他のメンバーはコント台本を自分なりに咀嚼し、それを何倍も面白く演じているのだ。勢いだけの自分とは全く違っていた。スタッフも自分に対しては「1ミリも」笑ってくれ…

みのもんたに学べ

飲むと愚痴や説教ばかり


清水ミチコは何度も酩酊した自分を反省し、森三中やハリセンボンら説教をしてしまいそうな後輩を自宅に呼ぶ場合、ひたすら料理作りに専念するという。草野仁もひたすらつぎ役だ。結局、人は上座に着くと偉くなったと錯覚し、周囲も考えずに愚痴を言ってしまうようだ。 一方、お笑い芸人の西川のりおは、ウイスキーにこだわる。ワインや日本酒だと“お酌”をされて酒量が増えるが、ウイスキーならその心配がない。西川は若手時…

(C)日刊ゲンダイ

芸能人も集結した筒井康隆「断筆宣言」


清水ミチコは矢野顕子や松任谷由実らのモノマネを熱演。俳優の斎藤晴彦はクラシックの「トルコ行進曲」に「トルコ風呂」をネタにした歌詞を乗せて歌いあげた。 麿赤児は熟達の暗黒舞踏で観客を魅了。アメリカで活躍するスタンダップコメディーのTAMAYOも英語と関西弁で過激なしゃべりを披露した。ブルースシンガーとしても知られた故・原田芳雄も風邪を押して参加し、ハスキーボイスで「横浜ホンキー・トンク・ブルース」…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事