日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

竹野内豊特集

撮影現場での紳士的な気遣いも話題

春ドラ俳優&女優 “辛口”通信簿

「相棒」蹴った竹野内豊 狙うは主演ドラマのシリーズ化

竹野内豊(45)が主演する「グッドパートナー 無敵の弁護士」が健闘している。各局ともドラマの視聴率が伸び悩む中、第3話を終えて2桁をキープしているのだ。 視聴者からも「竹野内と松雪泰子が演じる元夫婦役の弁護士同士の会話がオトナで面白い」など、従来の弁護士ドラマにラブコメ要素が盛り込まれた設定が受けているようだ。 好評の理由のひとつは脚本。「DOCTORS~最強の名医…

恋よりも仕事を選んだ?

結婚目前で…竹野内豊&倉科カナ「破局情報」浮上の裏側

昨年末にはゴールインとの情報も飛び交っていた俳優の竹野内豊(45)と女優の倉科カナ(28)の破局情報が浮上している。 2人の交際はおととし10月に発覚。昨年には初のツーショット写真が一部に掲載され、竹野内が倉科の自宅を訪れたり、また、倉科が実家の両親に竹野内を紹介したことなどが次々と報じられ交際は順調そのもの。 倉科の誕生日が12月23日、竹野内の誕生日が1月2日だ…

17歳差の竹野内と倉科/(C)日刊ゲンダイ

竹野内豊と交際…倉科カナが振り払った“喜べないアノ称号”

竹野内豊(43)との交際が発覚した倉科カナ(26)にこんな声が上がっている。熱愛を報じたのは17日発売の「FRIDAY」。これを受けて2人は“温かく見守ってほしい”と交際を認めて、一気にラブラブモードに突入だ。 ここに至るまでの倉科だが、気の毒な状態が続いていた。曲がりなりにも今をときめくNHK朝ドラのヒロイン経験者。09年に放送された「ウェルかめ」で注目を集めた存…

年の差17歳/(C)日刊ゲンダイ

「番宣」に利用? 熱愛認めた竹野内豊&倉科カナの“狙い”

17日発売の写真週刊誌「フライデー」がスクープした竹野内豊(43)と倉科カナ(26)の熱愛。この手の報道では、「ただの友達」と否定する有名人が多い中、竹野内は所属事務所を通じて、「このたび、私ごとでお騒がせして申し訳ありません。倉科さんとは親しくさせていただいております。温かく見守っていただけるとありがたいです」とコメント。倉科の所属事務所も「本人より親しくさせてい…

ビッグカップル誕生?/(C)日刊ゲンダイ

新作で“バツイチ妻”役の和久井映見に竹野内豊との「再婚説」

相手は竹野内豊(43)だという。 ■2年前にドラマ共演から熱愛報道 2人は12年のドラマ「もう一度君に、プロポーズ」(TBS系)で夫婦役を熱演。ドラマ放送時に流れた熱愛のウワサも「番組宣伝のため」と否定的な見方が強かったが、交際は順調だったとか。 竹野内は今年、テレビ番組で結婚について「やるときはやりますよ」とコメント。その“やる気”の表れなのか、5月には、両親のた…

今日の新刊

「埼玉の逆襲 増補・改訂版」谷村昌平著

ドラマ「ビーチボーイズ」に主演した反町隆史と竹野内豊は埼玉出身で、海なし県の2人がビーチボーイを演じていたのだ。いいところなしのようだが、埼玉は晴天日が日本一の〈晴れの国〉である。大根でも川魚でも何でも干して、話題を作ってはと著者は提案する。 〈フツーでそこそこ〉だが、けっこう幸せそうな埼玉の実像が見えてくる一冊。(言視舎 1400円+税)…

視聴率の底上げに一役買っている

人気ドラマ下支え 杉本哲太は物語に深み出す“隠し味”俳優

竹野内豊(45)&松雪泰子(43)による元夫婦でライバル弁護士が奮闘するテレビ朝日系「グッドパートナー 無敵の弁護士」(木曜21時)では、2人の同僚弁護士を演じている。 春ドラマのラインアップがほぼ出揃う中、両作品ともに各回視聴率12%超をマーク。勢いある作品にいずれも名を連ねているのだ。 上智大の碓井広義教授(メディア論)が言う。 「NHK朝ドラ組のキャスティング…

射水市のゆるキャラ・ムズムズくんと握手

志の輔落語とパルコの20年

富山に帰ることで私の方が力をもらってるんです

「まさかビートたけしさん、西田敏行さん、江口洋介さん、竹野内豊さんといったそうそうたる俳優さんが射水市にいらっしゃるとは思ってもみませんでしたから、うれしかったですね」 富山の話になると志の輔の顔がほころぶ。落語はけっして東京の郷土芸能ではなく、日本人だけが理解できる日本の芸能である、と志の輔は言う。東京のみならず、全国の地方都市で毎年独演会を開き、落語に対する敷…

映画「人生の約束」

髪型にうるさい江口洋介が“角刈り頭”に込めた俳優の覚悟

竹野内豊扮するIT関連企業のCEOとは相反する、昔ながらの職人気質の役を自分のものにしていました。トレンディー俳優のひとりとして名を馳せて以降、『救命病棟24時』といった医療もので腕利きのドクターを演じ、昨年は原発を題材とした映画『天空の蜂』に出演。社会派の役も板についてきた感じでしたが、今回は都会ではなく田舎の男も演じられるのだと印象づけた。新境地を切り開いた…

すでにお互いの両親には紹介済み

年内ゴールイン? 竹之内豊&倉科カナの“電撃入籍”Xデー

昨年10月に交際が発覚した、俳優の竹野内豊(44)と倉科カナ(27)の初ツーショットを発売中の「フライデー」がキャッチして話題だ。竹野内が運転する車に倉科が乗り込み、竹野内の親族との会食に向かったが、竹野内はサングラスとマスク、倉科もマスクをする“厳戒態勢”。 倉科の誕生日が23日であることから、以前から結婚の“Xデー”とも報じられているが……。 「2人の周辺はまっ…

主演は長谷川博己

着ぐるみかCGかも注目 「日本版ゴジラ」興収に高まる期待

長谷川博己、竹野内豊、石原さとみらが出演し、すでに撮影に入っている。公開は来夏の予定だ。 日本のゴジラは「ゴジラ FINAL WARS」(04年)以来。間隔が空いたのは興行が厳しくなったからだ。この作品の興収が12億6000万円でまったく採算が合わず、当時は最後のゴジラ映画といわれた。ところが、昨年ハリウッド版「GODZILLA」が登場して世界的にヒットした。 早々…

写真は左上から右回りに戸次重幸、佐々木蔵之介、福山雅治、竹野内豊

戸次重幸も結婚…残る「最後の砦」福山雅治か伊勢谷友介か?

昨年10月に、俳優の竹野内豊(44)が女優の倉科カナ(27)と交際宣言すると、翌11月には西島秀俊(44)の結婚が発表された。ネット上には<最後の砦は佐々木蔵之介のみ><堤真一、堺雅人、西島秀俊が結婚してしまったが、佐々木蔵之介が残ってるのでまだ戦える>など、ショックから立ち直ろうとする女性ファンの書き込みがあふれた。 ところが、最後の砦だった佐々木蔵之介(47)…

芸人仲間からの評価も高い

冠番組2増 バカリズムが“ポスト有吉&坂上”に急浮上のワケ

セルフプロデュース力の高さを感じます」(コラムニストの桧山珠美氏) 14年の10月期には、竹野内豊(44)主演の「素敵な選TAXI」で連ドラの脚本家デビューを果たし、市川森一脚本賞の奨励賞を受賞。小さい頃は漫画家志望だったそうで、画力も秀逸。同業の芸人仲間からの評価も高く、“お笑い四次元ポケット”の異名を持つバカリズムの時代が到来だ。…

福くんも清史郎くんも“赤タレ”だった

「残念な夫。」で注目 “赤ちゃんタレント”売れっ子になる条件

竹野内豊(44)との“17歳差婚”間近と囁かれる旬の女優・倉科カナ(27)が、出産後、モンスター妻に豹変するとあって前評判は上々だったが、後半戦に突入しても視聴率1ケタ台の体たらくが続いている。 そんな不発のドラマの中で唯一の見どころをつくっている出演者が“ひとり”。玉木&倉科夫婦の一人娘を演じる赤ちゃんタレントだ。ネット上でもその愛らしい表情が話題となり、まとめサ…

中学生時代も熱演/(C)日刊ゲンダイ

倉科カナの“意外な素顔”…5人弟妹の長女、吉野家マドンナ

現在、17歳上の竹野内豊(44)と交際中。すでに交際期間は1年におよび、竹野内は熱愛が報じられる直前、所属事務所を通じて「倉科さんとは、親しくさせていただいております」と堂々の交際宣言をしている。ゴールインも目前といわれている2人。17年の年齢差を埋める倉科の魅力とは何なのか。 「5人きょうだいの長女で、妹が3人、一番下の弟は06年に生まれたため、18歳離れている。…

芸能界きっての人脈を誇るピーター/(C)日刊ゲンダイ

柴咲コウと中田も…ピーター主催パーティーの凄いヒット率

開催時間は12時間以上、参加客は総勢90人以上の大規模なホームパーティーで、千原ジュニア(40)や今田耕司(48)などの芸人のほか、竹野内豊(43)、伊勢谷友介(38)といった俳優陣、高橋恵子(59)、高畑淳子(60)、天海祐希(47)、柴咲コウ(33)などの女優陣も常連メンバー。巨人の長野久義(30)やDeNAの三浦大輔(40)といった異業種の面々も駆けつける。こ…

交際を認めた竹野内豊と倉科カナ、結婚を発表した向井理と国仲涼子/(C)日刊ゲンダイ

大物カップル続々も…芸能人が「豪華披露宴」をやらない理由

今週は向井理(32)と国仲涼子(35)、西島秀俊(43)と27歳の一般女性だったが、最近では仲間由紀恵(35)と田中哲司(48)、竹野内豊(43)と倉科カナ(26)。ここ1、2年では仲里依紗(25)・中尾明慶(26)、堺雅人(41)・菅野美穂(37)、上戸彩(29)・EXILEのHIRO(45)、小栗旬(31)・山田優(30)と、まさに立て続けだ。 ところが、テレビ…

話題豊富な「ファーストクラス」の女優陣/(C)日刊ゲンダイ

沢尻ドラマは綾瀬に惨敗…“サービス精神”でついた決定的差

初回放送の前後には、アシスタントデザイナー役の倉科カナ(26)と俳優・竹野内豊(43)の交際がフライデーされ、2シーズン続けて出演している菜々緒(25)は今夏にJOY(29)と破局していたと報じられた。 「『ファーストクラス』はキャストが多すぎて、女優陣も埋もれがち。だから、私生活のスキャンダルまでちゃっかり“利用”してアピールに必死なのかもしれないが、視聴率回復の…

過去に一度だけ映画監督も/(C)日刊ゲンダイ

連ドラ脚本でクドカン超え 芸人バカリズムが開いた新境地

主役の竹野内豊が演じるタクシー運転手が“過去に戻る力”を持っている設定が奇想天外だし、同じ乗客に対してそれを何度も繰り返す。まるで出来のいいコントを“これでもか”と見せられているようで、冒頭を見た人は最後まで目が離せなかったはずです」 1時間で1つのストーリーを見せるより、いくつのもコントが見られるという「お得感」が功を奏したらしい。次回以降はどうなるか。 「初回の…

(C)日刊ゲンダイ

著者インタビュー

「警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官」梶永正史著

「郷間彩香は小西真奈美さん、吉田は竹野内豊さん。本当はもっとアダルトな感じだったんですが、イメージに合わせて若くしました」 シリーズ化にもってこいの作品だが、まだ次回作の構想は固まっていない。 「捜査2課は地味な部署なので、今、悩んでいるんです。ただ過去に扱った案件などを調べていて、ヒントは見つかっています。できればちょっと先を見越したような設定にしたいですね」(…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事