日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

越路吹雪特集

武勇伝は数知れず/(C)日刊ゲンダイ

美空ひばりと、越路吹雪と…美川憲一が語る「お酒交遊録」


越路吹雪さんはブランデーを飲んで、睡眠薬を飲んで、それから麻雀をやるの。私も誘われたけど、体を壊すと思ってやらなかったわ。越路さんは「不眠症だからお酒だけじゃ眠れない」って言ってたわね。 酒癖でいうと、フランク永井さんかしら。普段は細い目でニコニコしているのに、お酒を飲むと人が変わっちゃうの。すごい乱暴な言葉になってお説教しだすの。私は辛抱強いから、ジッと我慢したけど。 でも、酒癖が悪いのは大…

やっぱり定番スタイルがかっこいい

「M-BAND」でロックファンを熱狂させた藤タカシさんは今…


ソロでもバンドでも歌えるチャンスがあれば、どこにでもうかがいます」 去年から老人福祉施設へのボランティア訪問を始め、そこでは水原弘「黒い花びら」、越路吹雪「ラストダンスは私に」などのスタンダードを歌うとか。…

日本のサッチャーと呼ばれた/(C)日刊ゲンダイ

土井たか子さん訃報 発表が8日も遅れたのはなぜか?


越路吹雪を歌わせたら、本人顔負けの歌唱力でした。きっと元気だった頃の自分のイメージを崩して、幻滅させてはいけないという気配りだったのでしょう。豪快に見えてこまやかな神経の持ち主でした」(国正氏) 国会議員時代の36年間、ずっと護憲を訴え続けたおたかさん。右翼路線に急旋回している安倍政治に、今こそ「ダメなものはダメ」と言って欲しかった。…

変わらぬ美貌/(C)日刊ゲンダイ

「私の人生変わってた…」若尾文子が抱く市川雷蔵への思い


その後(妾役の)京マチ子さん、越路吹雪さんと一緒にお風呂に入るシーンをよく覚えてます。皆さん、本当に色っぽくて」 1本終わればすぐ次の作品に入る過密スケジュールで、夜通しの撮影も珍しくなかったという。そんな中でもスタッフとのコミュニケーションを大切にし、和やかに談笑する雷蔵は現場のムードメーカーだった。 「私、仕事中は共演者とお食事に行かなかったんです。だから、雷蔵さんも私のこと誘いにくかったみ…

(C)日刊ゲンダイ

芸能人も集結した筒井康隆「断筆宣言」


ワハハ本舗の梅垣義明は鼻に詰めた豆を飛ばしながら越路吹雪の「ろくでなし」を歌う。清水ミチコは矢野顕子や松任谷由実らのモノマネを熱演。俳優の斎藤晴彦はクラシックの「トルコ行進曲」に「トルコ風呂」をネタにした歌詞を乗せて歌いあげた。 麿赤児は熟達の暗黒舞踏で観客を魅了。アメリカで活躍するスタンダップコメディーのTAMAYOも英語と関西弁で過激なしゃべりを披露した。ブルースシンガーとしても知られた故・…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事