日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

福田和子特集

実在する“希代の悪女”を演じる

今度は福田和子役 寺島しのぶ“実録ドラマ女王”までの軌跡


写真は女優寺島しのぶ(43)が主演する「実録ドラマスペシャル 女の犯罪ミステリー 福田和子 整形逃亡15年」(3月17日19時~、テレビ朝日系)のビジュアルカットだ。 1982年に愛媛県松山市で同僚のホステスを絞殺。その後、北海道から山口まで15年に及ぶ大胆不敵な逃走生活を送る中で2度の整形、20もの偽名を使い分け、時効直前に逮捕された「希代の悪女」の半生を演じる。 寺島が世間を震撼させた凶悪…

映画「後妻業の女」 (C)2016「後妻業の女」

主演・大竹しのぶが語る「魔性の女」を演じる快感


ただ、福田和子を演じた時(02年のドラマ『実録 福田和子』)は、役に魅力を感じたのも事実。今回の小夜子もそうですが、彼女たちは罪悪感が希薄で、一瞬でもアンタのことを幸せにしてあげたんだから良かったねって本気で思っている。だからこそ、肉親に代わって自分が最期まで面倒を見た報酬として多額の保険金や遺産を臆することなく得ようとします。何事にも動じない強さを持つ人間を演じるのは面白いなって」 もっともそ…

八木澤高明氏

「青線」八木澤高明氏


「1982年に松山でホステスを殺し、時効の3週間前に福井のおでん屋で逮捕された福田和子っていましたよね。彼女は15年間、売春地を転々として逃亡生活をしたんです。通報したおでん屋の女将だった人が開いていた飲み屋であれこれ聞いた後、店を出ると、年配の女性に呼び止められ『あの子は普通の良い子でしたよ』って。出身の今治でも『あの子は可哀想な子だった』と、母親が売春斡旋業だったと知っていた人が言い、彼女に…

参院で国政復帰した矢先/(C)日刊ゲンダイ

岐阜~東京~山形…流浪する佐藤ゆかり氏の執念


だからといって今度は大阪なんて、あまりに無節操ですわ」(府連関係者) ■片山さつき参院議員をライバル視 15年に及ぶ逃走劇を演じた福田和子さながらの流浪の旅。この執念深さの源泉は何なのか。 「彼女は郵政選挙で当選した『同期』の片山さつき参院議員をライバル視しています。特に今秋の党人事で、片山さんが外交防衛委員長に就いたのに彼女のポストは消費者問題特別委員長。“格下扱い”されてプライドを刺激された…

転落事故も乗り越えた(12年10月)/(C)日刊ゲンダイ

市川染五郎 写真誌のスクープで降ってわいた隠し子騒動


29日、松山ホステス殺人事件で指名手配中の福田和子が時効直前で逮捕される。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事