日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

小林麻央 特集

小林 麻央(こばやし まお) 1982年7月21日東京都生まれ。フリーアナウンサー。セントフォース所属。上智大学卒業。姉は元TBSでフリーアナウンサーの小林麻耶。2002年にバラエティー番組「恋のから騒ぎ」(日本テレビ)8期生として登場。03年10月から06年9月までニュース番組「めざましどようび」(フジテレビ)のお天気キャスターを務める。2009年11月に歌舞伎俳優の市川海老蔵との婚約を発表。10年1月には婚約会見を開き、3月に婚姻届を提出。7月には披露宴を開く。11年7月には第1子となる長女を、13年3月には第2子となる長男をそれぞれ出産。16年6月には乳がんを罹患していることが夫・市川海老蔵による記者会見で明らかにされた。
「ステージ4」を告白した小林麻央

「生きたい」小林麻央が受けた“局所コントロール”って?

歌舞伎俳優・市川海老蔵(38)の妻で、乳がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央(34)が自身のブログで手術を受けていたことを明かした。一時は「手術もできない状態」といわれていたが、本人はブログで続けて「根治手術ではなく、局所コントロール、QOL(生活の質)のための手術です」と言っている。 こんな状態で行われる手術とはどんなものか。医学博士の米山公啓氏が言う。 「お…

がんの進行状況を告白した小林麻央

乳がん闘病中の小林麻央が明かした「骨に転移」の意味

乳がんで闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央(34)が自身のブログで「肺や骨にも転移」していることを明かして、芸能界ばかりか社会全体が騒然となっている。 特に注目されているのは「骨」の部分で、一般的に「骨に転移したら、かなり危ない状況」などと言われているだけに、ネットなどでは「もう助からないのか」「末期に近いのか」といった書き込みが相次いでいる。実際のところはどうな…

闘病生活をブログにつづっている

乳がん闘病中の小林麻央 ブログで肺や骨への転移明かす

乳がんで闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央(34)が20日午前、自身のブログを更新し、がんは告知の時点ではリンパ節転移のみだったが、現在は肺や骨などに転移していることを明らかにした。 また小林は、がん告知前後の心境を明らかにした。生体検査でがんを告知されるまでの心境を「ひとりだけ違う時間軸に生きて、ゆっくりゆっくり皆とは違う暗闇に追いていかれるような感覚だった」と…

小林麻央(左)は9月1日にブログを開設

あれもこれも言わせて

小林麻央ブログ開設でわかったテレビの無策

ここは一言と思ったのは9月1日の小林麻央の公式ブログ開設。 その前日、夫・海老蔵が自身のブログに「まおのきもち」と題し、「明日自分の言葉で伝えるべきことがあるようです」と意味ありげに予告をつづり、注目度MAX。それが公式ブログ開設だったわけだ。 その昔、峰竜太の妻・海老名美どりが、前日にマスコミ宛てに「重大発表がある」とFAXを送り、マスコミを大勢集めたところで、「…

左はオフィシャルサイト「KOKORO.」から

Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

小林麻央はステージ4で手術 狙いは皮膚転移の症状緩和か

乳がんで治療中の小林麻央さん(34)は病状が進行しているようで、「ステージ4」であることを告白。「根治が難しい状態」ながら、「5年後も10年後も生きたい」と切なる願いを語っています。奇跡を信じて、手術を受けたようです。 ネット上では、「ステージ4で手術を受けられるのか」といった疑問の声が上がっていますが、決してゼロではありません。手術は通常、がんをすべて取り除くため…

小林麻央さんはブログを再開

Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

小林麻央さんのブログにも? 乳がん検診「最大の問題点」

夫の市川海老蔵さん(38)によって乳がんであることが報告されて以来、治療に専念していた小林麻央さん(34)が今月からブログを再開。「解放」と題された4日の投稿に、こんな一節があります。 「あのとき、もっと自分の身体を大切にすればよかった。あのとき、もうひとつ病院に行けばよかった。あのとき、信じなければよかった」 それらの表現から察するに、最初の病院での診断を信じたた…

乳がんが明らかになった小林麻央さん

小林麻央さん約2年継続 乳がん抗がん剤治療を詳しく知る

フリーアナウンサーで市川海老蔵夫人の小林麻央(33)が、乳がんで入院していることが明らかになった。1年8カ月前から、手術を受けるために抗がん剤治療を継続しているというが、乳がんの抗がん剤治療とはどのようなものなのか。 乳がん治療の基本は、手術で腫瘍を取り除くことだ。しかし、「ステージⅣ」(他の臓器に遠隔転移している)まで進行している場合は、手術適応から外れ、延命効果…

進行性乳がんと発表された小林麻央さん

小林麻央“深刻がん”は人ごとではない 妻の病気こう見抜く

歌舞伎俳優・市川海老蔵(38)の妻でフリーアナウンサーの小林麻央さん(33)の乳がんを知り、「女房が大病したらどうしよう」と不安を覚えた人もいるだろう。 妻が会社員の場合は職場で定期健診を受ける機会があるが、専業主婦やパート労働の主婦には健診を受けない人が多い。東京都の場合、子宮がん検診の受診率は39.8%、乳がん検診は39%と、女性の4割しか受けていないのだ。妻に…

2010年1月の婚約発表会見で

小林麻央の乳がん 専門医は“トリプルネガティブ”を懸念

(現在は)抗がん剤治療をやっております」 夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)が9日の記者会見で明かした妻でフリーアナウンサーの小林麻央(33)の病状。報道陣からがんの進行状況について問われると「“深刻である”ということでひとつご理解いただきたい」と答えたが、その言葉が意味するものはあまりに重い。「1年8カ月」という月日は治療の基本である手術に向けて抗がん剤治療をする…

(左から時計回りに)小林麻央、市川海老蔵、小林麻耶

小林麻央「進行性がん」報道 海老蔵“成田山で得度”の意味

市川海老蔵(38)の妻でフリーアナウンサーの小林麻央(33)が進行性のがんで闘病中であることがわかった。9日のスポーツ報知が伝えたもので、部位やステージなど進行具合は不明ながら極秘入院して治療を続けているという。 2人は2010年3月に結婚。麻央は以前は成田屋のおかみさんとして夫が出演している劇場を訪れては贔屓筋などへの対応をしていたが、ここ1年ほどは姿を見せていな…

小林麻央さんは乳がんで闘病中

Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

4人に3人は痛いがんの骨転移 8割は放射線でよくなる

「これから、痛みのある部位だけに放射線をあて、痛みの軽減も期待します」 乳がんで闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央さん(34)は今月6日付のブログにこう記しています。すでに肺や骨に転移していると報告していますから、放射線治療で軽減を図る痛みとは、骨転移による痛みではないでしょうか。今回は、骨転移について考えてみましょう。 骨転移は、進行がん患者の7割に認められ、そ…

だいたひかるさん

Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

だいたひかるさんは全摘 選択肢増やす医師への質問の仕方

乳がん検診の対象は40歳ですが、フリーアナウンサーの小林麻央さんのケースのように、30代半ばでの乳がん発症は珍しくありません。30代でも、セルフチェックやパートナーと一緒にチェックすることが大切です。…

海老蔵と真央の結婚披露宴で、夫・團十郎と

女性が共感 “海老蔵ママ”堀越希実子さんに驚異の主婦力

エッセー部分では嫁の小林麻央の第一印象、病気への励ましなどもつづられている。購入者のメーンは30~50代の女性が約4割、50代以上の女性が3割弱、20代が1割弱、男性も購入しているという。 「40年間、毎日料理を作っているリアルさが支持されています。大人数のもてなし料理もありますが、洋食もあり、一般家庭とかけ離れた料理ではないところに共感されています。“家族においし…

元気な笑顔を見られるのはいつか?

妹・麻央を必死に看病 小林麻耶の体調を専門家はどう見た

乳がん闘病中で、先日「ステージ4」を公表したフリーアナウンサー・小林麻央(34)の病状は心配このうえないが、もうひとり、必死に妹の看病を続ける姉・小林麻耶(37)の体調も周囲から心配されている。 ここ3、4日の本人のブログを見てみると、10日には妹と一緒に子供たちの運動会に行って、〈目標達成〉と書きつつも、〈もうすでに全身筋肉痛。気合いの入れ過ぎかな?!〉などとつづ…

「寿命を10年延ばす『乳がん専門医』の教え」竹原めぐみ著

フリーアナウンサーで市川海老蔵夫人の小林麻央が闘病を告白し、あらためて乳がんが注目されている。そんな乳がんの予防や治療に関する知識を、宇都宮セントラルクリニックの医師で、これまで12万人を診てきた「乳房のスペシャリスト」である著者が解説する。 乳がんは一度かかったら治らないというイメージを抱いている人が多い。たしかに、転移・再発した場合はそのがんを根絶するのは難しい…

「頑張れ」と背中を押さず妻に寄り添う

妻が「末期がん」になったら

家族のサポート 「頑張れ」と背中を押さず寄り添う

「自分の中で少しずつ覚悟ができていた」――乳がんで闘病中の小林麻央(34)は、先月26日のブログにそう記している。骨への転移も見つかり、抗がん剤によるつらい治療が続く。2人に1人ががんになる時代だが、がん検診の受診率は3~4割ほど。妻のがんの発見が遅れやすい下地がそこにある。妻が末期がんになったら、夫は妻をどうサポートすればいいか。 石井智士さん(57=仮名)は3年…

小林麻央もブログを始めた

サラリーマンがSNSを生かすコツは「自ら汗をかく」こと

「ブログという手段で陰に隠れているそんな自分とお別れしようと決めました」 乳がんで闘病中の小林麻央(34)が、ブログを再開して話題だ。がんと診断されたときの後悔の念、子供たちへの思い、姉への感謝などをつづっていて、世間の関心は高い。当事者が自らの言葉で心境を明かしているのだから当然で、改めてブログというソーシャルメディアの発信力を知らしめた格好である。 最近はフェイ…

姉の麻耶さん(左)も心配…

徹底解説 乳がんのなぜ?

若年性乳がん 家族性腫瘍なら5割の確率で子どもも発症

9日、妻の小林麻央さんの乳がんを告白。妻と2人のお子さんを思いやりながら淡々と語る姿が共感を呼んでいるのです。 乳がんの発症年齢は平均57歳ですが、33歳の麻央さんは1年8カ月前の人間ドックで見つかったとのこと(当時32歳)。35歳未満で発症する乳がんを特に若年性乳がんといいます。あくまでも推測ですが、若年性は家族性腫瘍による発症の可能性があるのです。 たとえば、が…

小林麻耶とのメールのやり取りを明かした坂上忍

坂上忍 休養の小林麻耶を気遣う「お姉ちゃんに専念して」

乳がん闘病中の実妹・小林麻央(33)の看病疲れが理由ともいわれている。 麻央の夫で歌舞伎役者の市川海老蔵(38)が会見を行った翌日(10日)に麻耶から送られてきたという「いつも温かいコメントありがとうございます」というメールに対し、「“お姉ちゃんに専念してください”と返信した」と報道陣に明かした。…

「ホッとする部分もある」と語った市川海老蔵

麻央乳がん公表と海老蔵会見は母・希実子さんが後押しか

歌舞伎俳優・市川海老蔵(38)が9日に会見し、妻でフリーアナウンサーの小林麻央(33)が乳がんを患っていることを公表した。 「1年8カ月も公にならなかったことが奇跡。ホッとする部分もある」などと海老蔵は心情を語ったが、「ここに複雑なものを感じます」と、ある関係者がこう言う。 「病気の影響が麻央さんの外見にも出てきて、はた目にも隠せない状況ということではないでしょうか…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事