日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

山本淳一特集

つける薬がない山本淳一

山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”


アイドルグループ「光GENJI」の元メンバー、山本淳一(43)。発売中の「週刊文春」で去年7月に結婚した妻が、3000万円以上の借金とソープランドに沈めかけられた事実を告発して騒ぎになっている。 山本は2年前にも「文春」で別の女性Aとその子供と3年間同居していながら、現在の妻と二股交際をしていたことをAに告発されている。妻は「2年前の取材では横で紙に書いて指示をする彼に従って嘘をついた」と暴露し…

山本淳一とは未入籍のままだった

遠山景織子 元光GENJI山本淳一との入籍・出産騒動と破局


そんな遠山の前に現れたのが元光GENJIのメンバー、山本淳一(当時29)だった。 交際が始まったのは98年。バラエティーでの共演がきっかけだった。2000年秋には交際が報じられ、遠山が当時住んでいたマンションを引き払って同居を始めた。これで関係は一気に深まり、01年2月に山本側が「婚姻届にはもう記入は済ませてあります」と妊娠・結婚を報告する展開に。ジャニーズのタレントとの結婚はそれ自体がスキャン…

左から田原俊彦、山本淳一、豊川誕

SMAP分裂回避の理由は? 辞めたジャニーズの悲惨な末路


同じく光GENJIメンバーだった山本淳一(43)は職を転々とするも借金まみれで、「妻をソープに売り払った」などと週刊誌に書かれたこともある。 12年に黒木メイサとできちゃった婚し、14年に独立した赤西仁(31)は自主レーベルを立ち上げて頑張っているそうだが、ヒット作を出したという話を聞いたことがない。 古くは79年にジャニーズを辞めた豊川誕(57)も悲惨だった。「いつまでも『孤児』『施設出身』の…

大沢樹生(左)、諸星和己(右)/(C)日刊ゲンダイ

光GENJI 明暗分かれた解散後のメンバー


赤坂晃(同22)は「これが最後ではなくこれからが一人一人の新しいスタート」と語り、佐藤敦啓(同22)は「いい経験ができた」、山本淳一(同23)は「この8年間の思いを胸に新しい道に行きます」。そして諸星は「ひとりでは何もできないということを教えてくれた仲間に、ありがとう」とそれぞれの思いを語った。 1年前に2人が脱退という複雑な経緯をたどった解散劇。解散後に大沢はメンバー不仲説について「仲が悪いな…

この2人が主導/(C)日刊ゲンダイ

水面下で始動…大沢&諸星が狙う「光GENJI」再結成計画


光GENJIは内海光司(46)、大沢樹生(44)の「光」と、諸星和己(43)、佐藤寛之(43)、山本淳一(41)、赤坂晃(40)、佐藤敦啓(40)の「GENJI」を合わせた7人で構成。 ジャニーズ事務所の超人気アイドルで、「ガラスの十代」「パラダイス銀河」などの楽曲は大ヒット。 ローラースケートも、はやりにはやった。グループは95年に解散。 その後、メンバーはジャニーズに残った内海や佐藤敦と、…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事