日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

山田孝之 特集

山田 孝之(やまだ たかゆき)1983年10月20日鹿児島県生まれ。俳優。スターダストプロモーション所属。1999年10月放送開始のドラマ「サイコメトラーEIJI2」に出演し、芸能界デビュー。2003年7月放送開始のドラマ「WATER BOYS」では主演を務める。04年2月、エランドール賞を受賞。05年、映画「電車男」で主演。オタクの男性を演じ話題となる。07年10月、映画「クローズZERO」に出演。10年10月、ドラマ「闇金ウシジマくん」(毎日放送)で主演。同ドラマは14年3月にシーズン2、16年7月にシーズン3が放送されたほか、12年8月、映画「闇金ウシジマくん」で主演。14年5月、「闇金ウシジマくん Part2」が山田主演で公開された。俳優業の傍ら、16年9月には歌手の赤西仁と音楽ユニット「JINTAKA」を結成し、シングルCD「Choo Choo SHTAIN」を発売。
見るたびに風貌が変わるカメレオン俳優(C)日刊ゲンダイ

虚実入り混じる新感覚 ドラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」

山田孝之はカメレオン俳優だ。ある時は脱力系ヒーロー・勇者ヨシヒコ、またある時はコワモテの闇金・ウシジマくんと化す。さらに缶コーヒーのCMでは、何十種類もの“働く男”を飄々と演じ分けてしまうのだ。 そんな山田が主演映画の撮影中、演技ができなくなって製作中止。山田は現場を去る。そして、たどり着いたのが北区赤羽だ。1Kのアパートに住み、清野とおるの漫画「ウヒョッ!東京都北…

None

山田孝之の不思議系ツイッターに“中毒リピーター”増殖中

俳優の山田孝之(30)のツイッターがフォロワー数を伸ばしている。その数、19万9868人(13日現在)。「山田孝之のTwitterが面白いww」というまとめサイトが登場するほどの人気ぶりだ。 山田といえば、役柄によって爽やかな好青年になったり、ワイルドなヒゲ男になったり、見るたびに激変する風貌が何かと話題をさらってきた。 独特の発言も注目を集め、今年公開された出演映…

今ごろは後悔している?/(C)日刊ゲンダイ

「生涯優子推し」でなぜか再燃した山田孝之の「隠し子騒動」

俳優の山田孝之(30)が自身のフェイスブックで、AKB48の大島優子(25)の卒業コンサートに行ったことを写真付きでアップし、話題になっている。 「生涯優子推し」とのタイトルで、AKB48のロゴ入りTシャツを着用。首にはタオル、両手にフラッグとペンライトという“オタク丸出し”の姿を披露し、計1万4000以上の「いいね!」がつくほどの大反響だ。 山田は映画化もされたド…

None

山田孝之 ジェスチャーで“股間の露出度”を再現!?

「この間は隠すところはこんな感じで……手のひら大のTバックにもなりました」 ご覧のように指3本を突き出し、アソコの露出度をジェスチャー付きで説明したのは、俳優の山田孝之(30)。14日に行われた初舞台で主演を務めるミュージカル「フル・モンティ」の公開稽古での一コマ。 失業中の男たちがTバック1枚の“スッポンポン”でストリップに挑むコメディー。この日はTシャツ×ジャー…

(C)日刊ゲンダイ

「石原さとみを一日操れるなら」の質問に藤原竜也の回答は…

21日、映画「MONSTERZ モンスターズ」ジャパンプレミアにダブル主演の藤原竜也(32)と山田孝之(30)、石原さとみ(27)らが登場した。 「無人島に行くとしたら藤原竜也さんと山田孝之さんのどっち?」という質問に石原は、「竜也さん! 山田さんは謎。無人島だとコミュニケーションが大事だったりするし、山田さん、何考えてるか分からないから」とつい本音をポロリ。 「一…

やっぱり天才だった

東大一直線? 芦田愛菜が“偏差値70”の超名門私立中に合格

先日、テレビ東京系のドキュメンタリードラマ「山田孝之のカンヌ映画祭」で、山田がプロデュースする映画で猟奇殺人犯役を演じることが明らかにされ、話題になったばかりだ。…

「軍団」を率いる赤西仁

レギュラー2人は合流NG…赤西仁“夜遊び軍団”は消滅危機?

同誌によると、赤西は俳優の城田優(30)、山田孝之(32)と食事をした後、赤西は山田とガッチリ握手。城田とともにタクシーに乗り込み、六本木のネオン街に消えて行ったという。 「赤西は城田とは以前からつるんでいたが、山田と飲むようになったのは最近のようです。というのも、例の事件がきっかけで『赤西軍団』のレギュラーメンバーだった2人が赤西との合流が“ご法度”になってしま…

六本木で“小栗軍団”を率いる

ママは見た! 六本木夜の芸能事件簿3

酔うと仲間を勧誘 小栗旬“軍団長”に他の事務所は戦々恐々

メンバーはリーダーの小栗クン、同じ事務所の綾野剛クン、笠原秀幸クン、坂口健太郎クンをはじめ、他の事務所の子たちでは山田孝之クンや鈴木亮平クンやムロツヨシさん。まぁ豪華よね。 今までは三軒茶屋や三宿かいわいを根城にしていたんだけど、最近は六本木や西麻布にも進出してる。赤西軍団との違いは、やっぱり女っ気がないとこね。男だけで集まって、ひたすら役者論を語りながら、酒を浴…

同作に出演する伊藤英明と篠田麻里子

映画批評家も酷評 「テラフォーマーズ」なぜ大コケした?

累計発行部数1000万部を超える同名大ベストセラーコミックの映画化で、キャストには伊藤英明、山下智久、山田孝之、小栗旬、武井咲、篠田麻里子など人気役者がズラリ。事前の大宣伝もあり、ヒットは確実視されていたが、映画ランキングでは7位スタート。翌週は10位まで下がり、“大気圏外”に消え去るのは時間の問題になっている。 「最終的に及第点といわれる10億円には届かない厳し…

分裂回避もファンの心境は複雑…

ファンに変化? 高まる「SMAP解散していいよ」の声

25日放送の「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)で、ゲストの小栗旬や山田孝之のマイペースな言動に笑顔を見せていた中居正広(43)。騒動前と変わらぬ様子にファンからは安堵の声が上がる一方、<もう生きたいように生きて欲しい><解散した後が見てみたい>といった声も日増しに高まっている。 “公開処刑”とヤユされた18日の生謝罪に加え、キムタクと謀反組4人の不協和音やジャニ…

じわじわ人気の漫画「その『おこだわり』、俺にもくれよ!!」

作者に聞く 漫画「その『おこだわり』~」じわり人気のワケ

「東京都北区赤羽」が山田孝之主演でドラマ化されるなど絶好調の漫画家・清野とおる氏。その清野氏が「モーニング・ツー」(講談社)で連載中の「その『おこだわり』、俺にもくれよ!!」がサラリーマンを中心にじわじわと人気が拡大している。 この作品は、つまらない日常の中で別にこだわらなくてもいいことにあえてこだわり、そこに自分だけの幸せを見いだしコソコソと楽しんでいる輩=「おこ…

不思議ちゃんキャラは健在

「お悩み相談室」化した吉高由里子のツイッターにファン感激

「俳優の山田孝之(31)と釣り企画の連載をしたい」と書いた何気ない“つぶやき” が後日、映画雑誌の企画に繋がったこともある。 ウェブ上でファンと直接交流するスタイルは、作家の村上春樹氏(66)が1996年に開設して後に書籍化された「村上朝日堂」や、今年1月のスタートから2週間で約3万通もの質問メールが寄せられた「村上さんのところ」を彷彿とさせる。 今後も吉高のツイッ…

藤原竜也(左)と山田孝之/(C)日刊ゲンダイ

原作ありきにも一石 映画「モンスターズ」は“規格外”だらけ

まなざしひとつで人を自由に操る力を持つ男(藤原竜也)と、それが唯一きかない男(山田孝之)の戦いを描いたSFアクションである。これから20年、30年と日本の映画界を背負って立つ存在になる若手実力派――藤原と山田のダブルキャストという気合の込めようだが、実は「超能力者」というマイナーな韓国映画をリメークした作品。本国では200万人以上を動員するヒット作だったが、日本で…

玄米生活がマイブーム/(C)日刊ゲンダイ

話題作続々、演技評判の石原さとみ 台詞はウロ覚えだった

そこへ現れたのが「田中終一」(山田孝之)。唯一、「男」の能力が通用しないのだ。そればかりか、「男」の存在をも脅かしかねないため、「男」は群衆を使って「終一」に戦いを挑む。そこへ、ひょんなことから「終一」と知り合った「叶絵」役で登場するのが石原。「男」VS「終一」の戦いに巻き込まれ、「叶絵」自身も過酷な運命をたどることに――というのがザッとしたストーリーだ。 ――オ…

実力派俳優/(C)日刊ゲンダイ

西島秀俊、堤真一、阿部寛…人気俳優が一般女性を選ぶワケ

ここ数年の間に、阿部寛(49)、坂口憲二(38)、佐藤隆太(34)、桐谷健太(34)、藤原竜也(31)、山田孝之(30)らが次々と一般女性と結婚した。大沢たかお(46)の新恋人も一般女性だ。 彼らは、実力派俳優としての地位に加え、ルックスも抜群。共演女優だって選びたい放題のはずだが、なぜフツーの女性に落ち着くのか。 ■女優相手じゃ自分が壊れる 「実力派と呼ばれる俳優…

白石を“拾った”福田監督/(C)日刊ゲンダイ

今あるのはあの人のおかげ

「いいことない」福田監督が白石隼也に送った強烈メッセージ

「主演の山田孝之さんをはじめ、共演者の方々は皆、福田さんの映画の常連さんばかり。そんな方々の演技を間近で見て、僕は『また福田作品に出演し、この人たちの中に入りたい』と、強く願うようになったんです。『私の嫌いな探偵』に出演できて念願がかないました」 当時はまだ何もできないに等しかった新人俳優。しかし、今は俳優として5年以上頑張ってきた自負がある。やや現実離れしたアホ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事