日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

清原和博

清原 和博(きよはら かずひろ)1967年8月18日大阪府生まれ。元プロ野球選手。中学校卒業後はPL学園野球部に所属し、高校野球には5季連続出場。甲子園通算最多本塁打数記録保持者(13本塁打)を記録する。甲子園では同校野球部の桑田真澄と共に「KKコンビ」として一躍有名に。1985年のドラフト会議では西武ライオンズを含む6球団から1位指名を受け、抽選で交渉権を獲得した西武に入団。初シーズンとなる86年には新人王のタイトルを獲得。89年には史上最年少となる21歳9カ月での100号本塁打を達成した。96年オフに巨人にFA移籍。97年は開幕から4番を務める。2000年にモデルの木村亜紀と結婚。02年には第1子となる長男が誕生。05年のオフには巨人から選挙区外通告を受け、オリックスに移籍。06年5月には史上8人目となる通算1500打点を達成した。08年10月、京セラドーム大阪でのオリックスのシーズン最終戦(対戦球団はソフトバンク)で引退。引退後はタレントとしての活動がメインとなる。14年3月には薬物疑惑を週刊文春によって報じられる。15年9月には離婚していたことをFAXで発表。16年2月3日、自宅マンションで覚醒剤を所持していたところを警視庁に現行犯逮捕され、5月31日に東京地裁で懲役2年6月(執行猶予4年)の有罪判決を受ける。同年12月、スポーツ番組「新・情報7days ニュースキャスター」(TBS系)で、事件後初となるインタビューが放送された。
ネタは豊富/(C)日刊ゲンダイ

タレントと化した番長・清原和博 稼ぎ場は球場よりバラエティー

会見の途中、特別ゲストとして清原和博(46)が登場すると、「僕の高校にも、炭酸も飲まないような真面目な完璧主義者のチームメートがいたんで、彼とニキ・ラウダがダブりましたね。僕はもちろん、女好きのハント型ですけど」と桑田真澄(46)ネタを披露してニヤリ。自分が天才だと感じた瞬間について「二日酔いでホームランを打った」と答えると、場内は爆笑。これに満足したのか、終始白…

糖尿病、薬物治療にも相当の費用が

テレビ特番で涙の懺悔…清原和博の切迫した“金銭事情”

清原和博(49)が、今年2月に覚醒剤使用で逮捕、起訴されてから初めて一部メディアの取材に応じた。3時間に及ぶインタビューを行ったというTBSが、24日の「ニュースキャスター」でその一部を放送。 そこで清原は「このたびは世の中の皆さま、そして少年野球、高校野球、プロ野球、名球会、すべての皆さまのことを大変失望させてしまい、本当に申し訳ありませんでした」と頭を下げると…

現在は自宅に引きこもる生活

入れ墨消す準備も 清原和博が事件後初のインタビューに応じる

今年2月に覚醒剤取締法違反で逮捕され、執行猶予付きの有罪判決が確定した元巨人の清原和博(49)が事件後、はじめてマスコミ取材に応じた。 24日のスポニチがインタビューを詳報している。清原は警視庁本部の留置場で「114番」と呼ばれ、44日間の独房生活を送っていたという。「114番、メシ!」の合図でゴザに座って食事。特にしんどかったのは5日に1回の風呂だったようだ。 「…

初公判で“自殺”をほのめかす発言も

メディアが一時大騒ぎ…清原和博「自殺情報」飛び交う

覚醒剤取締法違反で有罪となった元プロ野球選手の清原和博氏(49)が、「自殺したのではないか」という情報が30日流れ、一時、メディアは大騒ぎとなった。すぐに“ガセ”と判明したが、改めて清原氏に対する関心の高さを証明した形だ。 「情報は“大阪発”。清原氏は年末に格闘技に参戦するプランがあるといわれ、どこまで本当なのか、存在を忘れさせないようにするため、一部の支援者が流し…

4257安打を達成したイチローと清原は06に初会食

求道者イチローに有罪確定の清原和博と“蜜月”の過去

覚 醒剤取締法違反の罪に問われ、懲役2年6月、執行猶予4年の判決を受けた清原和博(48)である。 どこかに同じ「狂気」を感じたのか、巨人をクビになった清原がオリックスに拾われた06年、春のキャンプ前にイチローの方から声をかけ、初めて2人で食事をしたのが始まりだ。イチローはこう言っていた。 「自分と同じ匂いを感じました。野球に対して真面目で、熱い人で、言葉が重い。会っ…

チームワーを乱すと判断された

清原和博と中村紀のリポートには“性格に問題アリ”と記した

もうひとりは、覚醒剤で逮捕された清原和博だ。 清原にメジャーでプレーする意思があったかどうかはともかく、わたしが問題視したのはクスリや交友関係ではなく、その性格や人間性。周囲のさまざまな人たちから話を聞いた結果、彼はチームワークを乱す可能性が高いと判断したからだ。…

左から清原和博、川谷絵音、宮崎謙介

ショーンも清原和博も 世間を騒がす“イニシャルK”の法則

SMAP解散騒動でただひとり、ジャニーズ残留を訴えた木村拓哉、シャブに溺れた清原和博、中3少女を2年間にわたって監禁した寺内樺風容疑者、もはや正体不明のショーンK……。そう、そろいもそろって名字か名前のイニシャルが「K」なのだ。 「早くも流行語大賞にノミネートされそうな『ゲス不倫』に走ったオトコたちもそうです。ベッキーの職を奪った『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音に始…

引退後の風貌は6代目山口組組長そっくり

目上を籠絡し後輩たらし込む…清原和博の“ヤクザ的気質”

清原和博(48)はヤクザの世界に憧れた。 携帯電話には6代目山口組の中核組織のストラップ。飲み屋では、暴力団幹部との交遊を声高に自慢した。薬物疑惑が取り沙汰される直前、巨人の沖縄キャンプを訪れた際の白のスーツ姿はヤクザそのものだった。 「イタリア製のスーツを着込み、サングラスと素足に白の革靴。頭髪を短く刈り込み、鼻の下にはちょび髭。モデルは6代目山口組の司組長ですよ…

森は球界の“類型ロード”まっしぐら

西武 森友哉 その先に清原和博がいないことを切に願う

その先に清原和博がいないことを切に願う。 もちろんファッションは個人の自由だから、森のそれを否定するつもりはない。だが、これだけ価値観が多様化した現代にもかかわらず、なぜ球界にはこの類型が多いままなのだろう。一般社会には、経済力を誇示するような振る舞いは下品で恥ずかしいことだと考える金持ちもそれなりにいるが、球界にはあまり見かけない。人生訓が大好きな野村克也にしたっ…

映画の宣伝イベントにも駆り出されていた

疑惑を知りつつ…清原和博を美化して醜態晒したテレビ局

【山田隆道コラム「プロ野球人物研究 対岸のヤジ」】 清原和博(48)の逮捕については驚いたが、ショックではなかった。そもそも彼は数年前から薬物疑惑が報じられており、知人のマスコミ関係者の多くも黒だと断言していたため、私はすっかり諦観していたのである。 だが、一方でそういう清原をバラエティー番組に起用し続けるテレビ界には辟易していた。彼の危うすぎる状況は十分わかってい…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事