日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

中川郁子特集

地元からも見捨てられた中川郁子

不倫路チュー中川郁子氏 後援会も激怒した“禁断メール”騒動


自民党の門博文衆院議員(49)との不倫路上キスが発覚し、入院している中川郁子農水政務官(56)。発売中の週刊新潮が写真付きですっぱ抜いたものだが、2人の関係は中川氏の後援会メンバーには、とっくに知れ渡っていた。 地元関係者によれば、2人の異常な親密ぶりに、業を煮やした幹部もいたというのだ。 最近1年間で、中川氏は頻繁に門氏を地元・帯広に招待。中川氏も門氏の地元・和歌山に何度も足を運んでいた。 …

中川郁子農水政務官

中川郁子氏「入院」で…期待かかる“フジ記者”長女の突撃取材


「政治とカネ」の問題で西川前農相が辞任した先月23日夜、妻と3人の娘がいて、好きな言葉が「至誠」という自民党の門博文衆院議員(49)と路上で“ベロチュー”をかました中川郁子農水政務官(56)。政務官室での“チョメチョメ疑惑”まで浮上している。 郁子氏は「抑うつ状態で2週間の入院が必要」と雲隠れしたが、永田町では「この程度のプレッシャーで心が折れるようでは、政治家としての資質に欠ける」なんて、か…

頻繁に逢瀬を重ねていたのか

政務官室で20回超「密会」か 路チュー不倫の中川氏に新疑惑


西川公也農相が辞任した2月23日の夜、農水政務官でありながら同僚議員と不倫「路上キス」をしていた場面を「週刊新潮」に撮られた中川郁子代議士(56)。 なにしろ、手をつないで六本木の街を歩き、立ち止まって見つめ合い、お互いを強く抱き寄せた後、濃厚なディープキスをかわしているのだから、言い訳は利かない。 自民党の門博文代議士(49)との不倫がバレた中川郁子は、6日国会に呼ばれていたが、体調不良を理由…

務台俊介議員も2回生

「東京を不便に」 自民議員が保育園問題でまた不適切発言


育休不倫で議員辞職した宮崎謙介氏に未公開株トラブルで離党した武藤貴也氏、不倫路チューの中川郁子氏と、自民党の2回生議員はとんだ“タレント”揃いだ。…

元秘書から給料ピンハネを告発されていた

また「自民2回生」…山田賢司議員の元秘書が練炭自殺か


育休不倫騒動で議員辞職した宮崎謙介(35=京都3区)や、未公開株トラブルの武藤貴也衆院議員(36=滋賀4区)、不倫路チューの中川郁子衆院議員(57=北海道11区)らと当選同期の山田賢司衆院議員(49=兵庫7区)の元秘書の遺体が、西宮市内に路駐された乗用車の中から発見された。 所持品などから、この男性は2014年9月まで山田議員の公設第1秘書を務めていた野田哲範氏(49)とみられている。西宮署の調…

9日の国会での宮崎謙介議員と夫人の金子恵美議員

有名だった…不倫イクメン宮崎謙介代議士の“絶倫”ゲスぶり


特に2人が所属する二階派幹部は中川郁子と門博文の路チューに続く不倫問題に頭を抱えている。離党に追い込まれるでしょう。宮崎議員の選挙区はもともと自民党の地盤ではなく、風で当選したようなもの。公認がなければ勝てません」(官邸事情通) 当然の報いである。…

None

田中祝江 女性56歳のセックスって普通にできるんですか?


中川郁子農水政務官(56)と、門博文衆院議員(49)の路チュー騒動だ。キスそのものは責められる行為ではない。が、いい年してよりによって不倫キス(門議員は妻子ある身)では、弁解の余地はあるまい。もっとも、愛を貫き通して略奪婚な~んて結末もサプライズだけど。それはともかく、この一件で気になったのは、56歳という年齢だ。俗に、男性の老化は“歯(歯槽膿漏など)、目(老眼)、マラ(勃起不全)”の順に表れる…

橋下流パフォーマンスか

維新・橋下氏 サボリ疑惑“浪速のエリカ様”切り捨ての思惑


不倫チュー騒動で入院中の中川郁子議員も病院から駆けつけたほどです」(維新の党関係者) 上西事務所によると、3月13日は赤坂の議員宿舎から昼ごろに帰阪。翌14日は自宅で療養し、15日から旅行をしていたという。大阪に戻る体力があれば、「本会議に出ろよ」と言いたくなるが、採決当日の温泉デート疑惑については、本紙の取材に「事実無根」と書面で全面否定した。 気になるのは橋下氏の対応の早さだ。いくら上西議員…

週刊誌で相次ぎ交際が報じられた小泉今日子と豊原功補

豊原功輔と“不倫疑惑” 小泉今日子「本物の大人愛」の裏事情


不倫相手との路上キスが発覚した中川郁子農水政務官(56)といい、よくいえば奔放な今どきの50歳前後の女性ということなのだろうが、「どうせなら独身の、若い相手と付き合って」とのファンの声が聞こえてきそうだ。…

「今後は職務に専念」と答弁したが…

中川政務官の路チューもコレ?五十女がHになる医学的理由


キス騒動の渦中にある中川郁子農林水産政務官(56)が10日、衆院農水委員会でこう陳謝した。先週、門博文代議士(49)と路上で不倫キスしたことが発覚して騒ぎになり、すぐに入院。この日はいったん抜け出して委員会に臨み、まもなく病院に戻った。政務活動はともかく、未亡人は下半身がお元気のようだ。 女の50代は生理が終わる時期。実は閉経後の女性が性欲が強まることは医学的に説明できる。濃厚なチューをしたく…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事