日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

矢沢永吉特集

紅白出場をもくろんでいるのか?

ライブに孫連れの男性客も 矢沢永吉“国民的人気”の裏側

若者の間で矢沢永吉(66)の人気が上がっている。 理由のひとつは、長年の永ちゃんファンが、それなりの立場(部長とか取締役とか)になっていてもライブに通い続けていること。彼らに誘われた部下の若者なども一斉にタオルを頭上に投げて盛り上がる。永ちゃんのノリノリのパフォーマンスも受けているし、アメ車やハーレーが駐車場に止まるお祭り感覚にハマり、ファンになっている人も多いのだ…

ヨロシク!/(C)日刊ゲンダイ

矢沢永吉 デビュー42年目にして芸能イベント初体験

20日、矢沢永吉(64)が「ザ・プレミアムビールヒルズ」の記者会見に登場した。矢沢は05年から9年間にわたって「ザ・プレミアム・モルツ」のCMに出演しているが、芸能イベントに登場するのはデビュー42年目にして初めての“快挙”。緊張しているのかと思いきや、そこはさすがYAZAWA。第一声、「どうも、ヨロシク! 今、山形からライブ終わって駆けつけることができました」と…

None

顔写真も必須…矢沢永吉の初ディナーショーは“超厳戒態勢”

芸能人にとっては書き入れ時で、今年、新たにディナーショー商戦に参入したのが矢沢永吉(64)。クリスマスの24、25日の2日間、六本木のグランドハイアット東京でEIKICHI YAZAWA SPECIAL NIGHT 「Dreamer」を開催。チケットの価格は国内の歌手では最高額となる6万円(!)というから強気だ。 「ディナーショーが人気の歌手といえば、松田聖子や郷ひ…

川谷(右)の未成年飲酒騒動と大量リストラで大揺れのワーナーミュージック・ジャパン本社

「ゲス極」所属レコード会社で進む“ゲスのリストラ”実態

私は矢沢永吉さん、リップスライム、ボニー・ピンクを担当してきて、会社に貢献してきた自負があります。あまりの仕打ちだと思いました」(A氏) この間、査定で上司から最低評価をつけられ、A氏の年末ボーナスは8割超のカット。同じく退職勧奨を受けていた“同志”たちは次々と陥落し、33人が早期退職に応募したという。 転機は今年6月。人材会社が国の助成金目当てに「ローパー(ローパ…

None

今日の新刊

「70年代シティ・ポップ・クロニクル」萩原健太著

日本語の発音を根底から覆すような矢沢永吉の歌声に、著者は何か大切なものを破壊されるような快感を感じたが、この快感を芸術的な域にまで高めたのが桑田佳祐だ。桑田は日本語に誰も想像しなかったグルーブ(ある種の高揚感)を与えた楽曲群を、歌謡ポップス主流の音楽シーンで大ヒットさせた。それ以後、ロックは歪んだ日本語で歌われるようになり、主流の歌謡曲と傍流のロック、フォークが一気…

復活はあるのか/(C)日刊ゲンダイ

即日完売 CHAGEの初ディナーショーにファンの期待感

それを昨年、矢沢永吉が「ロック」から6万円に設定したが、熱狂的なファンで満席。今年は同じ料金で松任谷由実も開催する。「ディナーショーの顔」と言われる郷ひろみと松田聖子も依然として絶大な人気を誇る。 「2人が強いのはカップルに最適な明るくノリのいい持ち歌が多くあること」と言われる。そこに新顔が登場して話題を呼んでいる。「CHAGE and ASKA」のCHAGEがソロ…

ジョニー大倉公式サイト

窪塚洋介を「理由なきダイブ」と語ったジョニー大倉の転落事故

ちなみに、事故の報を聞き、いち早く見舞いの電話をくれたのは矢沢永吉で「『バカヤロウ』って言われちゃった。うれしかった」と語った。 そして、この事故が再び注目を集める事件もあった。04年の窪塚洋介の転落事故。横須賀市の自宅マンション9階から転落したもので、26メートルの高さから落ちてフェンスに衝突し、頭蓋骨の開放性骨折など深刻な傷はあったものの、奇跡的に助かった。 …

“目玉デュオ”はどうやら実現せず/(C)日刊ゲンダイ

松たか子産休でMay J.にのしかかる紅白“レリゴー”の重圧

あの中島みゆき(62)でさえ、黒部ダムで歌った「地上の星」の歌詞を間違えてしまったし、北島三郎(78)や細川たかし(64)、矢沢永吉(65)らそうそうたる大御所もしくじった。沢田知可子(51)、徳永英明(53)、天童よしみ(60)、レミオロメンもチョンボ組だ。 しかもMay J.は、ノドにも不安を抱えている。11月上旬のイベントで「Let It Go」を披露したもの…

ジョニー大倉さんの公式サイト

ジョニー大倉さんが肺炎のため死去 肺がん闘病中、62歳

72年に矢沢永吉らとロックグループ「キャロル」を結成。ボーカルとギターを担当、「ファンキー・モンキー・ベイビー」「ルイジアンナ」などのヒット曲を飛ばした。75年に解散後はソロ活動のかたわら、「遠雷」で日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞するなど、多くの映画やテレビドラマでも個性派俳優として活躍した。 昨年2月に肺がんで余命2週間であることを宣告され、公表した。放射線…

デートには本を二冊持参する/(C)日刊ゲンダイ

今だから語れる涙と笑いの酒人生

スピードワゴン小沢一敬は「女の子と二人じゃ酒飲めない」

矢沢永吉の歌に出てくるようなウイスキーコークを飲んでいればカッコいいと思い、バーボンのボトルを部屋に置いたりしてました。置くだけで飲まないんですけどね(笑い)。飲むのは友だちと大勢でいる時ですね。 若い頃で忘れられないのは花見のケンカ。友だちと15人くらいで酔って騒いでいたら、近くで花見してるやんちゃそうな若者たちが「うるせえぞ!」とか言ってきて口論になり、乱闘が始…

写真右が原田氏/(C)日刊ゲンダイ

「ヤンキー経済」の著者が語る「なぜ彼らはEXILE好きか」

安室のように10代、20代でジェットコースターのような恋愛、結婚、スキャンダルを経験してシングルマザーとして頑張っている姿も共感を呼ぶのだと思います」 ■マイルドヤンキーがカギ握る日本の未来 その一方で、かつてはヤンキーソングの定番とされた、矢沢永吉や尾崎豊に興味を示すマイルドヤンキーはごく少数とか。 「永ちゃんに象徴される“成り上がり”の精神は、真逆の考え方なので…

後輩からは信頼される兄貴/(C)日刊ゲンダイ

DeNA三浦大輔兼任コーチ 「ベテランの技」ようやく解禁

まあ、僕が聴く音楽は変わらず永ちゃん(矢沢永吉)だけど。若い選手は永ちゃんを聴かないか?いや、そんなことはないけど……。漫画は選手間で『ワンピース』がはやってる? 僕も娘がいるからまったく知らないことはないけど、ねえ?」…

None

佐村河内氏も…広島出身“著名”ミュージシャンが多いワケ

何でもいいからとにかく目立ちたかっただけで、同じ広島市出身の矢沢永吉のように、“成りあがり”を夢見ていたんでしょうね」(芸能リポーター) 確かに、広島は著名なミュージシャンを数多く輩出している。矢沢以外に西城秀樹、世良公則、吉川晃司、奥田民生、奥居香、デーモン閣下に速水けんたろう……ポルノグラフィティやPerfumeも広島。吉田拓郎も広島育ちだ。 「吉川晃司が無名の…

None

「2世」同士の交際もあっさり認め IMALUのサバサバは父譲り

関根麻里(父が関根勤)や矢沢洋子(父が矢沢永吉)といったメンバーで親の悪口を言って盛り上がっているらしい」(芸能関係者) 子は親を選べない。が、親の存在が2人をつないだとなれば、さんまとしのぶには頭が上がらない。…

None

この人物のオモテとウラ

秋吉久美子 元祖プッツン女優から「演技派」までの波瀾万丈

草刈正雄や矢沢永吉らと浮名を流したあと、24歳だった79年にフォークグループ「青い三角定規」の元メンバー・岩久茂と結婚。芸能界初の“できちゃった結婚”だった。 結婚後も藤井フミヤやホストらとの交際が騒がれ、89年に離婚。直後に、5歳年下の空間プロデューサー・山本コテツ氏と息子も一緒に同棲するも破局した。99年に17歳年下のアイルランド人の英語教師・ポール氏が住む沖縄…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事