日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

常盤貴子特集

見事な黒のシースルードレス

常盤貴子が“貫録のシースルー” 黒ドレスで美乳ライン披露


16日に行われた主演映画「だれかの木琴」(9月10日公開、東陽一監督)の完成披露プレミア試写会に出席した常盤貴子(44)。この日の衣装は、体のラインがあらわになるタイトな黒のシースルードレスで、デビュー当時から変わらぬ美乳ラインを披露したのだった。オヤジの下心をよ~くご存じで。…

映画「俺物語!!」(東宝)(C)アルコ・河原和音/集英社

「俺物語!!」ヒロイン役 永野芽郁“天然美人”でブレークの予感


竹内結子(35)を筆頭に、常盤貴子(43)、北川景子(29)、本田翼(23)といった“主役級の女優”を複数抱えるスターダストプロモーションの注目株だ。ウソかマコトか「スター出すぞ」という意気込みをそのまんま社名につけたといわれるぐらいの会社で、まあ、“原石”の逸材を見つけ出す力は業界でもトップクラスなのである。 俺物語は、累計発行部数350万部を突破する人気少女漫画の実写版。主人公演じる鈴木亮平…

「ロンバケ」などヒットドラマ多数

病と闘いながらヒット連発 脚本家・北川悦吏子の波乱の半生


石田ひかり主演の「あすなろ白書」(93年)、キムタクと山口智子がタッグを組んだ「ロングバケーション」(96年、いずれもフジテレビ系)、キムタクと常盤貴子の「ビューティフルライフ」(00年、TBS系)とヒットを飛ばし続けた。「ビューティフルライフ」の最終回視聴率41.3%は、その後、13年に「半沢直樹」に塗り替えられるまで、平成に入ってからの民放ドラマの記録になっていた。同ドラマで向田邦子賞、橋田…

「まれ」の主役を演じる土屋太鳳

識者が見たNHK朝ドラ「まれ」 好発進に“5つの要素”と分析


ひと山当てることばかり考える父親(大泉洋)、それを支える母親(常盤貴子)と共に能登へ移住してきた娘・まれの物語だ。 “ダメおやじ”の影響か、まれはデッカイ夢が嫌いで、地道にコツコツが信条の高校生に成長。この設定が効いている。夢を持つことを自分に禁じたヒロインが、やがて本来の夢に向かって歩み始める。いわばマイナスからの出発であり、見る側も応援したくなるのだ。 また現代劇ということもあり、気軽な気持…

W田中はドラマで夫婦役

朝ドラ「まれ」の好発進を牽引 泯と裕子"W田中"の存在感


ヒロインの両親を演じる大泉洋と常盤貴子の浮ついた夫婦とは対照的で、昔かたぎの地道な夫婦像を描くには適任のキャスティングです」(前出の桧山氏) 4日から登場するヒロイン・土屋太鳳(20)との絡みも注目だ。…

当時(左)は女の子に追いかけ回された(C)日刊ゲンダイ

元“グレチキ”の北原雅樹は引退後に復帰 「マッサン」に出演中


まずは1回、見に来て下さい」 今春に公開予定の常盤貴子主演映画「向日葵の丘 1983年・夏」に出演。俳優として仕事は順調のようだ。 「あと、食品通販事業にも取り組んでいて、去年11月、『きたはらまさきのパパギョウザ』をプロデュースしました。今はお子さんでも簡単に食べられる『きたはらまさきの博多ちびっこギョウザ』の1アイテムだけですが、これからラインアップを増やし、芸能と食品事業でとりあえず生活を…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事