日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

松方弘樹特集

病状が深刻なのか…

愛娘も連絡取れず…松方弘樹「音信不通」に飛び交う憶測

「病気以外にも、何かあるんじゃないのか」などと囁かれているのが、俳優の松方弘樹(73)。脳リンパ腫のため、都内の総合病院に入院中の松方は、週明け7日から投薬治療に励むというから、面会謝絶にしているのかもしれない。 だが、学生時代から親交のある里見浩太朗(79)が「毎日電話しても出ないんですよね。ちょっと心配」とマスコミの取材に打ち明けたことで、さまざまな臆測が流れる…

体調不良で入院し舞台を降板していた松方弘樹

病名は脳リンパ腫 療養中の松方弘樹「役者生命」大ピンチ

脳腫瘍の疑いで入院していた俳優の松方弘樹(73)の病名が「脳リンパ腫」であることを2日、所属事務所が公表した。 松方は先月25日、脳に内視鏡を入れる精密検査を受け、その結果、担当医から「脳リンパ腫」の診断を受けたという。脳リンパ腫は脳の中枢神経にできる悪性のリンパ腫で、50代、60代の男性に多く、手足のマヒや感覚障害、失語症など精神障害が出ることもあるという。 抗が…

しばらくは治療に専念

脳腫瘍の疑いで長期療養 松方弘樹“釣り人生本”どうなる?

俳優の松方弘樹(73)が長期療養することが23日、所属事務所・夢グループから発表された。 夢グループによると、医師の診断の結果、脳腫瘍の可能性があり、長期療養と検査が必要だという。これに伴い、3月からのコンサート(31会場45公演)と6月の舞台「遠山の金さんと女ねずみ」は公演自体を中止。松方は治療に専念するという。 松方といえば最近は時代劇よりもマグロの方が有名に。…

74歳で亡くなった松方弘樹さん

追悼・松方弘樹「無冠の男」外伝

逝去のニュースが流れた日、まっさきに電話をかけてきたのはひとりの元極道だった

1月21日に脳リンパ腫のため亡くなった俳優の松方弘樹。享年74。その松方が、倒れる2カ月前まで縦横無尽に語ったロングインタビュー「無冠の男 松方弘樹伝」(講談社)が緊急出版されて話題を呼んでいる。日刊ゲンダイでは20日から著者の伊藤彰彦氏の書き下ろし連載がスタート。極道も惚れた「最後の映画スター」の真実とは――。 ◇ ◇ ◇ 松方弘樹逝去のニュースが流れたその日、私…

自ら共演女優の練習台になったことも

ビジネスに使えるスターたちの処世術

松方弘樹 “オネエ系”時代劇俳優と床を交えた衝撃の告白

大物俳優の松方弘樹(73)がプロ中のプロで、殺陣シーンでも練習なしで一発OKになるという凄さを前回、紹介した。その一方で、時代劇が得意でない者には、心優しい一面を見たことがある。 もう大ベテランとなっていても、殺陣のシーンはほとんど経験なしという、女優の多岐川裕美(65)が松方と斬り合うシーンを撮ることになった。もちろん、多岐川は殺陣師を相手に必死の稽古をやっていた…

脳リンパ腫を発表した松方弘樹

ビジネスに使えるスターたちの処世術

松方弘樹 裏方スタッフに“生きたカネ”使う大物役者の接待術

大物俳優、松方弘樹(73)のことが心配だ。脳リンパ腫のために闘病中、がんばってほしい。 松方は、俳優として、プロ中のプロだ。以前、彼が主演の時代劇の撮影に2日間、密着したことがある。 冬場の寒い撮影現場で、「ガンガン」と呼ばれる一斗缶に火を入れたもので暖をとっていた。たばこを吸ったりガムをかんだり、共演者らとニヤニヤ笑いながら出番を待っていた。松方が呼ばれて撮影隊の…

松方弘樹さん

Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【松方弘樹さんのケース】脳リンパ腫、化学療法が効きやすい

巨大マグロを釣り上げる豪快なイメージが印象的な俳優・松方弘樹さん(73)が脳腫瘍の一種の「脳リンパ腫」で都内の病院に入院しているそうです。 先月、体がしびれたり、腕に力が入らなかったりする違和感から医療機関を受診。所属事務所の発表などによると、「脳腫瘍らしきものが見つかったため、詳しい検査と長期療養が必要」と伝えられています。 そのため、予定されていた6月までのコン…

松方弘樹

時代劇スター ここだけの話

松方弘樹 「遠山の金さん」名場面は“袴の裾”に仕掛け

松方弘樹さんは、おとこ気の人です。1974年、大河ドラマ「勝海舟」で主演の渡哲也さんが病気降板した際、急きょ交代したことは有名な話。依頼は大阪で舞台公演中の松方さんに、脚本家の倉本聰先生から朝一番で直接電話があったそうです。 準備期間もない中で、「俳優にとって、いい機会になると決心しました。周囲のみなさんに助けられて無事に最終話まで完走できたし、視聴率も高くてよかっ…

自己最高361キロ!

マグロ売っても一晩で…松方弘樹「採算無視」の豪快釣り伝説

26日深夜、沖縄県石垣島周辺で361キロの巨大マグロを釣り上げたという松方弘樹(72)。08年に351キロ、09年には325キロのマグロを釣り上げて話題になったが、今回はそれをしのぐ自己最高記録である。09年のマグロが437万円で売れたことから、芸能マスコミは「落札価格に注目」「500万円超えか」なんて騒いでいるが、松方に言わせりゃ「小せぇ小せぇ」だろう。 事務所に…

梅宮辰夫さん

Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

梅宮辰夫さんは白目に 十二指腸乳頭がんは黄疸で早期発見

今年は、梅宮さんの親友の松方弘樹さんが脳腫瘍を発症され、先日は九重親方がすい臓がんで亡くなりました。男性に限ると、3人に2人ががんになる時代を象徴する年になっています。がん検診ですべてのがんをカバーすることはできませんが、せめて有効性が国際的に認められている胃、大腸、肺の3つは受けておくことです。…

イラスト・宮西真由

嫉妬、憎悪…コンプレックスの日本史

加藤清正、福島正則らを老獪な戦略で操った徳川家康

幸村を松方弘樹、家康を萬屋錦之介が演じ、猿飛佐助ら十勇士が暴れまくる痛快娯楽作。終盤の大坂城入城あたりから面白くなる。大坂方の家臣の傲慢ぶりや淀殿の独りよがり、女たちの猜疑心に阻まれて思い通りに戦えない幸村に共感するサラリーマンは少なくないだろう。 「真田幸村の謀略」2800円(税抜き)発売中 東映ビデオ…

市川海老蔵

芸能界クロスロード

麻央乳がん公表も真摯に対応 海老蔵「記者会見」の説得力

松方弘樹も「脳リンパ腫」で入院を発表した。市川海老蔵(38)はまれなケースだった。 6月9日、スポーツ報知が「麻央夫人・進行性がん」と大きく報じた。海老蔵宅に取材陣が殺到したことから急きょ、記者会見。深刻な「乳がん」であることを公表した。芸能人の病気に関する情報はよく耳にするが、麻央夫人のように芸能活動を自粛している場合、命に関わるような大病とわかっても、当人や身内…

がんが完全に消滅したカーター元米大統領

余命3カ月の元米大統領救った悪性脳腫瘍の最新治療法とは

俳優の松方弘樹(73)が脳腫瘍(脳リンパ腫)と聞いて、ショックを受けた人も多いのではないか。脳腫瘍は一般的に「治りにくい深刻な病気」というイメージがあるから無理もない。しかし、最近は新たな免疫療法と放射線による治療で、悪性脳腫瘍が劇的に治るケースが報告されている。 悪性脳腫瘍患者の希望の星といえば、昨年末、自身の脳腫瘍が完治したと発表したジミー・カーター元米大統領(…

品川隆二さん

あの人は今こうしている

“焼津の半次”品川隆二さん 5度のがん手術乗り越え作詞家に

その立役者が松方弘樹の父で剣の達人を演じた故近衛十四郎さんとおっちょこちょいの渡世人、焼津の半次役の品川隆二さん(84)の名コンビだった。品川さん、今どうしているのか。 ■肺がんを機に作詞を開始 JR京都駅からクルマで約25分。北区紫野の自宅を訪ねると、小説や歴史書、映画関係の書籍が積み上げられた8畳ほどの応接間に通された。 「ここ17年ほどの間に肺を2回、膀胱2回…

温水洋一さん

オトナの社会講座

歴史と文化の研究所・代表 渡邊大門さんに聞く「真田幸村は温水洋一さん似だったんですか!?」

過去にはドラマ「家康が最も恐れた男 真田幸村」(1998年、テレビ東京)で、松方弘樹が幸村を演じている。歴史ゲームでは、長身イケメンとして描かれ、歴女のハートを掴んでいるのも有名だ。 「幸村は、40代後半で白髪まみれで歯が2、3本抜けていたとみられます。同世代でも年上に見られるかも知れません。俳優の温水洋一さんや酒井敏也さんみたいな方をイメージします。大酒飲みで楽し…

志村けんと優香は30歳差

亡き母に孫の顔見せられず 志村けんはなぜ結婚しなかった?

その後、グラドルの岸明日香(24)に切り替え、それも袖にされると、多岐川裕美の娘で、松方弘樹の長男と離婚したばかりの多岐川華子(27)に色目をつかいだした。それも年の差などの理由で相手にされていないようです」とテレビ局関係者は言う。 コメットさんこと大場久美子(55)に始まり、いしのようこ(47)、山瀬まみ(46)、井上和香(35)、渡辺美奈代(46)ら浮名を流した…

None

桂ざこばの「ほんならな!!」

師匠の「稼いだら使いや」の言葉でええモン残した

飲み仲間であり、仕事仲間でもあった松方弘樹お兄さんや(やしき)たかじんらと、遊びっぷりを競いおうたもんです。懐かしい! そんな中で、師匠の教え通りというか、ボクが一番使うた“買い物”が、60歳になって建てた自前の寄席「動楽亭」です。もちろん億単位の借金をしてるので、まだまだ現役としてバリバリ仕事をやらんとアカンのですけど、おかげさんで毎月1日から20日までの定期公演…

None

この秋の秀逸時代劇 厳選5本

帰ってきた必殺仕事人 東山紀之“後輩”に時代劇のイロハ指南

19歳で時代劇デビューした東山さんも、「松方弘樹さん、藤田まことさん、諸先輩に教わってきました。時代劇は継承することが大切。知念の身体能力はすごいので、期待しています」と語っていました。 もちろん、必殺ならではの見せ場もいろいろ。スタッフから「松ちゃん」と親しまれる松岡さんは、屋根の上を走るのがお約束。今回は、「屋根から一本の縄でスーッと下りて走る難しいシーンを途…

None

観ずに死ねるか

仁義なき戦い(1973年 深作欣二監督)

梅宮辰夫、松方弘樹、渡瀬恒彦らが演じる下っ端やくざに黒幕の大親分や市議会議員が絡み、複雑怪奇な負の連鎖が展開する。次から次へと極道が登場して仲間を裏切り、切った張ったのあげく、死んでいく。任侠映画は義理人情で観客を魅了するが、本作のような実録ものは仁義もクソもない。 なぜこうなるのか。話を面白くしているのは広能の上に立つ山守親分(金子信雄)のエゴだ。「指を詰めい。そ…

海外映画人からもリスペクトを受ける

時代劇スター ここだけの話

アイデアの人 千葉真一がイベント直前にムチャ振り

いい案を思いつくと、東映撮影所のメーク室に走り込み、メーク中の北大路欣也、松方弘樹ら俳優仲間に語らずにはいられなかったとか。千葉さんらしい話です。 そんな千葉さんと「影の軍団」劇場公開のトークライブで東京、大阪で仕事をしました。移動中も作品への熱い思いが止まりません。 「見ている人が、ここまでやるかと楽しめる作品にするのが僕らの仕事。水中でも崖でも、体がきつくても、…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事