日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

富田靖子特集

(C)日刊ゲンダイ

接触事故で筧利夫との焼き肉デートが発覚した富田靖子


その後も次々と話題作に出演し、実力派女優として活躍する富田靖子だが、92年の軽い接触事故がマスコミに大きく取り上げられる騒ぎとなった。 3月23日の午後11時15分ごろ、渋谷区の住宅街でのことだった。みぞれの降る中で車を運転していた富田(当時23)は一時停止の標識を見落として、交差点に入り、左から来たタクシーと接触してしまった。もっとも、2台ともゆっくり走っていたため大事故には至らず、バンパーや…

新垣結衣主演「逃げるは恥だが役に立つ」

あえて夢物語に浸る 新垣結衣ドラマ「逃げ恥」の楽しみ方


中年になっても異様に仲のいい両親(宇梶剛士、富田靖子)に育てられたのもうなずけるし、石原さとみと並んで若手コメディエンヌの双璧ともいえるガッキーの持ち味が存分に生きた役といえるでしょう。そんな彼女の相手役である星野源はシンガー・ソングライターで若者からの支持率が高く、石田ゆり子やディーン・フジオカに続く“海外逆輸入俳優”の新顔(大谷亮平)を起用することで、30代以上の視聴者層も取り込めるキャステ…

「花子とアン」でヒロイン

吉高由里子が「あさが来た」に登場? 新旧ヒロイン共演に期待


しかも『新選組!』の中での決めゼリフ“待たせたな”まで言わせていました」(テレビ誌記者) 今後、「あさが来た」では九州の炭鉱経営者の妻として木村佳乃、炭鉱夫の妻として富田靖子、納屋頭に長塚圭史など新キャストが続々登場する。だったら吉高登場もまったくありえない話ではない。 そんなことになったら、視聴率30%も確実か。…

ヒロインの気持ちを回想

二階堂ふみ 往年の映画から学んだ「この国の空」のヒロイン像


現場で母親役の工藤夕貴さんや伯母役の富田靖子さんと演技をしていく中で、里子像が引き出されていった気がします。ただわかることは、19歳という年齢が戦争中だった里子は、どうしても恋愛をしてみたかったんだと思います。 今の私がしたいことですか? う~ん、一番欲しているのは休みですね。けっこう、切羽詰まって仕事をしているので(笑い)。とにかく、自分の時間が欲しいですね。…

広瀬アリス(左)と門脇麦

広瀬アリスと門脇麦が演技で示した“1時間ドラマの条件”


このドラマでは佐知とマユの関係だけでなく、佐知と15年ぶりに再会する母親(富田靖子)の関係、そしてマユと生まれてくる新たな命との関係などが重なり合い、影響し合いながら物語が展開されていく。しかも、現実社会の苦味をしっかり織り込んである。 また、既に演技力に定評のある門脇麦(22)はもちろん、広瀬アリス(20 広瀬すずの姉)も印象的だ。もがきながら生きる“見た目ギャル”を、まさに体当たりで演じて…

(C)日刊ゲンダイ

松下由樹 結婚秒読みと思われた小林武史と突然破局


■1995年9月 83年、15歳で映画「アイコ十六歳」の富田靖子の友人役でデビュー。3年間の米ダンス留学の後にトレンディードラマで引っ張りだこの人気だった松下由樹だが、92年11月にミスチルなどをプロデュースした作曲家、小林武史との熱愛がキャッチされた。 バリ島から、ジャカルタ経由で成田に戻る機内で、松下(当時24)は小林(当時33)のヒザに頭を乗せ、毛布にくるまり横になっていた。女性誌は「“一…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事