日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

松たか子特集

“目玉デュオ”はどうやら実現せず/(C)日刊ゲンダイ

松たか子産休でMay J.にのしかかる紅白“レリゴー”の重圧


松たか子(37)がオメデタを発表し、NHK紅白歌合戦出場の芽はほぼ消えた。空前のヒットを記録したディズニーアニメ「アナと雪の女王」の主題歌「Let It Go」を松の生歌で楽しめないのは残念だが、これでガ然注目を集めるのが、エンドソングを担当した初出場のMay J.(26)だ。 映画の大ヒットでメディアへの露出が増えたMay J.は、松たか子の知名度が高すぎるあまり、〈May J.が歌っても心に…

日本人女性4人目の快挙/(C)日刊ゲンダイ

ベルリン映画祭で大金星 主演の松たか子を「食った」黒木華


主演の松たか子が夫の部下である年下男(吉岡秀隆)にハマっていく――その一部始終を目撃する重要な役どころである。 主演女優に負けない存在感を発揮し、ベルリンの審査員をして「群を抜いた演技力」と言わしめたが、芸歴は短く、まだまだフレッシュ。 野田秀樹氏主宰の「NODA・MAP」(10年)で初舞台を踏み、その翌年、「東京オアシス」でスクリーンデビュー。黒木の地元・大阪放送局制作のNHK朝ドラ「純と愛」…

ついに「レリゴー」を初披露するのか/(C)日刊ゲンダイ

ついに「レリゴー」披露? 松たか子が小田和正ライブ特番出演


小田和正(67)が毎年恒例で行う音楽番組「クリスマスの約束2014」(TBS系、25日深夜放送)のゲストアーティストとして、松たか子(37)が出演する。 先月27日に第1子妊娠を発表。「第65回NHK紅白歌合戦」の出演は実現しなかっただけに、今年大ヒットしたディズニー映画「アナと雪の女王」日本語吹き替え版で主人公・エルサ役として歌った劇中歌「Let It Go~ありのままで~」が聞けるのではと…

あの対決が再び?/(C)日刊ゲンダイ

「アナ雪」松たか子とMay.Jコラボは…紅白の目玉は?


企画としてはMay.Jと松たか子の夢の共演なのだが、内々に打診したまではいいが……。 「松サイドは『私は女優でアーティストではないから……』と関係者を通じて固辞しているというんです。松の真意はわかりませんが、May.JはOKといわれ、最終的に調整がつくのかどうか」(事情通) そこで、急浮上しているのが3年ぶりとなる小林幸子の紅白出場プランで、美川憲一との豪華衣装対決を復活させようというのだ。小林…

ファンはジリジリ/(C)日刊ゲンダイ

NHKと握った? 松たか子がかたくなに「アナ雪」拒むワケ


だが、なぜか松たか子(37)は加わらない。日本語吹き替え版で主役を演じ、劇中歌「レット・イット・ゴー」を歌っているのに、音楽番組には全然出演しないのだ。松と神田の“姉妹共演”を期待する視聴者をじらし続けている。 ■「HERO」には会話で登場 ドラマにも出そうで出ない。フジ月9「HERO」は、キムタクと松のコンビで高視聴率を稼いでいた。今回はキムタクの相手役を北川景子が演じている。松が演じた雨宮は…

ファンは待っている/(C)日刊ゲンダイ

松たか子がアナ雪「Let It Go」をテレビで歌う“Xデー”


松たか子が歌う主題歌「Let It Go」がついにテレビで解禁されるかもしれない。 ディズニー映画「アナと雪の女王」の興収が200億円を突破。このブームをもたらしたのは間違いなく日本語吹き替え版でエルサ役を務め、主題歌を熱唱した松だ。 「松の歌唱力はモノホンです。ウォルト・ディズニー社から日本語版アニメ映画を製作する時の専属声優として、早速オファーされたなんて話が飛び交っています。ギャラが年間1…

メーン2人の不在

松たか子&阿部寛抜き…先が見えるキムタクの続「HERO」


キムタクのかつての大ヒット作「HERO」の続編が7-9月期のフジテレビ“月9枠”で放送されるらしいが、新ヒロインは、前作の松たか子から北川景子に代わる。メーンキャストだった阿部寛も出演しない。 何となく結果が見えるようじゃないか。 松は、吹き替えをやったディズニー映画「アナと雪の女王」が社会現象といわれるほどの大ヒット。松が歌う日本語の主題歌も売れに売れまくっている。今年1月に公開された主演映画…

転落事故も乗り越えた(12年10月)/(C)日刊ゲンダイ

市川染五郎 写真誌のスクープで降ってわいた隠し子騒動


女優の松本紀保の弟で、松たか子の兄としても知られる人気役者だが、97年7月、隠し子騒動が発覚した。 「歌舞伎界でも知る人はほとんどいませんが、染五郎さんには隠し子がいるんです」「かつて舞台で知り合った女優さんだったと伺っています」という舞台関係者の証言をもとに写真誌が取材を進めて、関西に住む母娘を突き止めた。 過去にはドラマのヒロインも務めたことがあるという女性は染五郎の6歳年上。写真誌の取材に…

大原麗子(左)とのツーショット

最高齢プロデューサー 石井ふく子さんが語る名女優との時


7月に放映する、藤沢周平さんをモデルにした『ふつうが一番』っていうドラマは、東山紀之さんと松たか子さんの予定が空くのを3年待って実現したくらい。 母は“一番運のいい日”に産むために、帝王切開で予定日よりひと月も早く私を産みました。当時、帝王切開で命を落とすこともあり得るのにひとりで病院に行って、信じられないことをしてきたんです。『私は何もできないから、先払いしといたわよ』って言うのですが、こうし…

大手企業のCMでもナレーションを担当

売れっ子ナレーター増田明美さん 本職も絶賛する声の魅力


イチローが登場した日産のCM(95年)や掛布やセルジオ越後が出ていたツムラ(06年)、さらには松田聖子や松たか子が登場した富士フイルムのCM(14年)でもナレーションを担当しているのです」(広告関係者) さしずめ「ナレーション界の超売れっ子」というわけだが、彼女の声はどうして人の心をつかむのか。元アナウンサーの橋本テツヤ氏はこう分析する。 「どこで習ったのかと思うほど素晴らしいしゃべりをしてます…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事