日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

江木俊夫特集

江木俊夫さん

江木俊夫さん 子役時代からの“定番”クリームシチューの味


すでに青山孝史と北公次の2人のメンバーは亡くなったが、江木俊夫さんは、おりも政夫さんと今も活動を続けている。 子役出身で3歳から日活映画に出演。芸能活動は、今でいうところのステージママとして知られる、良枝さんの存在抜きに語ることができない。 「父は美濃部都政時代の東京都の民生局長を務めた公務員で、自宅のある高田馬場には毎朝、お迎えの車が来ていました。母は津田塾出身で、将来は英語やフランス語の通訳…

江木俊夫さんは現在「幸せコンサート」の中心的存在

酒でわだかまり氷解 江木俊夫語るフォーリーブス再結成秘話


グループ結成後から4人で集まっては飲むことが多かったそうだが、江木俊夫さん(63)が格別だったと語るのが、02年の再結成の際、久々にあげた祝杯だったとか。 フォーリーブスが解散したのは1978年8月31日、再結成したのが02年です。その間24年、四半世紀、僕らは会っていなかったんです。 最初に声をかけて、陣頭指揮を執ったのは僕です。ジャニーズ事務所の条件は、当時と同じように踊って曲のキーも下げず…

(C)日刊ゲンダイ

元フォーリーブス・江木俊夫が「スリランカ観光大使」に就任


元フォーリーブスの江木俊夫(62)がこのたび、スリランカ観光親善大使に就任した。11月下旬に同国中部の古都キャンディを訪問、観光局から親善大使の称号を受けた。 現地では障害のある児童施設を慰問(写真)し、ベッドやシーツを寄贈した江木は、「スリランカは親日国。自分が両国の懸け橋になれるようにボランティア活動に力を入れていきたい。来年6月には再訪してコンサートを行うことも観光局と約束してきました」。…

「火野正平 若くなるには、時間がかかる」火野正平著


子ども番組全盛だった当時、同時代の子役仲間には、渡辺篤史、ジュディ・オング、江木俊夫、太田博之などがいた。 自然の流れで役者になり、「必殺」シリーズや「長七郎江戸日記」で活躍。最近は自転車で旅する「にっぽん縦断 こころ旅」でタフぶりを発揮している。まだまだ現役。 私生活では、いつも複数の犬を飼っている。三十数年いっしょにいる「母ちゃん」との間に娘が2人。それでも結婚はしていない。毎年、夏の1カ月…

ますます綺麗になったと評判の柏原芳恵

新番組、コンサート…35周年の柏原芳恵が“八面六臂”の活躍


さらに、元フォーリーブスの江木俊夫がナビゲーターとして、山川豊、アグネス・チャンらとともに昭和から平成の名曲を歌い継ぐ「幸せ(ハッピー)コンサート2015」のレギュラーメンバーとして、4月21日の東京・町田市民ホールでのコンサートを皮切りに、各地でコンサート活動を続けていく予定だ。 ■事務所独立で“干された”時期も 柏原といえば、80年代はレコード大賞最優秀歌唱賞に連続でノミネートされていた実…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事