日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

加瀬亮 特集

加瀬 亮(かせ りょう) 1974年11月9日神奈川県生まれ。アノレ所属。2000年、映画「五条霊戦記」でデビュー。04年公開の「アンテナ」で映画初主演。07年には映画「それでもボクはやってない」で主演し、翌08年2月に開催された「第31回日本アカデミー賞」で優秀主演男優賞を受賞。09年、ドラマ「ありふれた奇跡」(フジテレビ系)でドラマ初出演を果たし、女優の仲間由紀恵とダブル主演。10年10月スタートのドラマ「SPEC」シリーズ(TBS)では女優の戸田恵梨香とダブル主演。12年4月、映画「劇場版 SPEC~天~」で戸田とダブル主演。10月公開の「アウトレイジ ビヨンド」に出演し、13年2月に開催された第67回毎日映画コンクールでは男優助演賞を受賞。
ドラマでの再共演から交際に発展

「SPEC」で捜査官コンビ 戸田恵梨香&加瀬亮に熱愛報道

女優・戸田恵梨香(27)と俳優・加瀬亮(41)の真剣交際が6日、一部スポーツ紙で報じられた。 2人は、2010年から13年にかけてドラマと映画になった「SPEC」にダブル主演。対立しながらも息の合った捜査官コンビを演じた。 日刊スポーツによると、当時、加瀬は女優・市川実日子と、戸田は俳優・綾野剛と交際中だった。戸田はその後、俳優・勝地涼とも交際したが、破局。SPEC…

引きの強さ/(C)日刊ゲンダイ

事務所社長も気を揉む平凡ルックス…それでも加瀬亮が売れるワケ

映画「劇場版 SPEC~結(クローズ)~」(公開中)が話題の加瀬亮(38)。テレビドラマを含め3年間にわたった同シリーズの完結編で、戸田恵梨香と共演している。 00年、26歳で映画デビューと遅咲きだ。だが8年後の08年には、年間8作の公開を控えるほど、売れっ子に。常に話題作に出演しているこの人だが、見た目が平凡のためデビュー当時、事務所の社長から「強烈な個性、かっこ…

写真は左上から右回りに戸次重幸、佐々木蔵之介、福山雅治、竹野内豊

戸次重幸も結婚…残る「最後の砦」福山雅治か伊勢谷友介か?

もっとも、佐々木や竹野内のほかにも、独身組には福山雅治(46)を筆頭に、加瀬亮(40)、伊勢谷友介(39)ら大物がまだいる。本当の“最後の砦”は誰になるのか。…

山本美月(右)もナデナデ

カメレオン俳優・伊藤淳史が手に入れた“丸刈りヘア”の効能

万年丸刈りの市川海老蔵をはじめ、加瀬亮、高良健吾、菅田将暉、松坂桃李といった丸刈りヘアを披露してきた役者に共通しているのは、頭の形や顔の輪郭がしゅっと整っていること。髪形でごまかせないぶん、持ち前の素材が問われるわけですが、伊藤もその仲間入りを果たした印象です。これまでは小柄な体形が重宝され、額面通りのどこか頼りないヘタレ役に多く起用されてきましたが、“丸刈り”もイ…

“ポスト吉田類”の声も?

二階堂ふみもコレで落ちた? 新井浩文の“非・芸能人オーラ”

浅野忠信や加瀬亮と同じ事務所に所属していて、「映画以外の仕事はこの番組の出演ぐらい」と、ノリは三の線。4月期クールはドラマ2本に出演し、本業も絶好調だが、このまま飲んべえを究めれば、第2の吉田類の道も開けてくるはず。 ひと回り以上も年下の二階堂を落としたモテ技も披露したら、人気番組になること請け合い。顔が売れたら職質の回数も減りそうだが。…

芸歴26年で初の当たり役/(C)日刊ゲンダイ

浅野忠信がNHK「ロング・グッドバイ」にハマった理由

「浅野忠信は、綾野剛や加瀬亮に近い。正統派の美形とは言いがたい“雰囲気ハンサム”の先駆け的存在です。彼らは雰囲気が大事のハードボイルドと相性がいい。『ロング──』は紫煙をくゆらせたり、カウンターバーでショットグラスを傾ける場面を多用したりと、ハードボイルドのお作法が詰まった作品。浅野がハマるのは当然です。今作は本人にとってテレビドラマの代表作の一本になるでしょう」…

夫がうらやましい/(C)日刊ゲンダイ

角ハイ3代目に就任 井川遥が酒に酔ったらどう変わる?

「私自身、角ハイボールをよく飲んでいるので、自信を持っておいしさをお伝えできます」 こう抱負を語った井川はピエール瀧、加瀬亮、田中圭といった常連客を相手に小さなバーを切り盛りするミステリアスな女主人に扮する。 この日も時折、髪をかき上げ、バーテンダーに教えてもらったというおいしいハイボールの作り方を披露。 「ソーダはそうっと注いで、マドラーもそうっと抜くんです」 …

(C)日刊ゲンダイ

脂ノリノリ椎名桔平に引けを取らなかった塚本高史の存在感

加瀬亮は、映画『SPEC』がヒット。杉本哲太は、NHKの『あまちゃん』に続いて、来年はTBSの連ドラ『隠蔽捜査』に主演する。ついでに言うと、続編“ビヨンド”の西田敏行が出演しているテレビ朝日の『ドクターX』は、秋ドラマの中で最高視聴率をマーク。北野監督が好んで使う役者には何かがあるんでしょう」(テレビ誌編集者) 塚本も後に続ける!?…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事