日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

井森美幸特集

アイドル時代から10キロ増量

汚れキャラもなんの 菊地亜美の“芸人顔負け”バラドル魂


「元祖バラドル」として今も現役バリバリの井森美幸(47)の後継者ともいわれ、小島瑠璃子(22)とそのイスを争っている菊地。小島は昨年、女性タレントで最も多くの番組に出演して話題に(429本)。 小島の背中は遠くなってしまったが、今後は芸人顔負けのバラドル魂で芸能界を生き抜く覚悟のようだ。…

“元祖バラドル”の森口博子

森口博子は本領発揮も…「バラドル」絶滅危惧種になったのか


井森美幸、松本明子、山瀬まみらが続いたが、今、その系譜を引き継ぐアイドルはいるのか。芸能評論家の肥留間正明氏の見立ては厳しい。 「バラエティー番組が増えて、確かに出演する女性タレントも増えましたが、僕の基準で言えば、彼女たちは“バラドル”には当たりません。少なくとも森口や松本明子にはアイドル歌手というシッカリした基盤があった。なおかつトークもうまかったから重宝されたのです。それに引き換え今の人た…

顔年齢は?

森高千里“23歳”が話題 「顔年齢」マツコ、永作博美はいくつ?


同じく40代美女の井森美幸(46)は、同「33歳」と、こちらも上々の結果だ。 20代のタレントはどうか? 歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(22)の判定結果は「17歳」だった。写真は公式サイトのトップに使われているもので、3月18日に発売されたシングル「もんだいガール」のプロモーションにも使用されたもの。 次に、“老け顔”とされる芸能人。「FNS27時間テレビ」(7月25、26日放送)の27時間マラソ…

佐藤仁美のブログから

新路線大成功 サバサバ佐藤仁美“バラドル女優”でブレーク


佐藤さん所属のホリプロは元祖・バラドルの井森美幸さんや酒豪キャラの鈴木砂羽さんもいる。事務所の売り方上手もあると思います」 サバサバした性格が知れ渡ってなのか、ドラマ「アラサーちゃん 無修正」(テレビ東京系)では「サバサバちゃん」役に抜擢されている。サバサバキャラもバラエティー向けの演技だとしたら、大女優なのだが。…

(C)日刊ゲンダイ

岩井小百合 初デートでボーイフレンドが急死


高校は堀越学園芸能コースに所属し、同級生の井森美幸、荻野目洋子、森口博子らと並び人気を博した。卒業後は「楽しい青春時代を過ごしたい」と短大に進学。しかし、騒動はまさに「青春」の真っ最中に起きてしまった。 6月2日、岩井は堀越学園同窓生の男性とディズニーランドでデートを楽しんでいた。アイドルとして注目を集めていた岩井にとって、実はこの日が生まれて初めてのデートだった。午後7時ごろ、2人は人気アトラ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事