日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

五木ひろし特集

SMAPやEXILEもお手のモノ

NHKで歌の先生役 五木ひろしが目指す“歌謡界の底上げ”

「こんな番組がやりたかった」――五木ひろし(67)がこう語ったというが、まさにホンネだろう。NHKで10月12日に放送される音楽バラエティー「五木先生の『歌う!SHOW学校』」の収録を終えての一言だ。同番組は五木が先生役を務め、ポップス、演歌、俳優、お笑い界からゲストとして生徒を集結し、1時間目を「古典」、2時間目を「現代音楽」として日本の音楽を学んでいくもの。 本…

絶大な人気を誇るひれカツ定食

タレントが通う店 やってる店

五木ひろしも大好物! 老舗「とんかつミカド」のヒレカツ定食

昨年が芸能生活50周年の五木ひろし(67)。デビュー以来、数々のヒット曲を飛ばしてきた歌謡界の大御所が愛してやまないのが世田谷区奥沢にある老舗「とんかつミカド」だ。 場所は東急目黒線の奥沢駅から5分ほど歩いた閑静な住宅街。昭和14年の創業以来、地元で親しまれてきた。現在は2代目店主が切り盛りしている。店内には俳優、スポーツ選手、歌手、作家など著名人のサインがズラリ!…

献歌する五木/(C)JMPA

作詞家・山口洋子さんお別れ会 五木ひろし「渚の女」で惜別

また、山口さんが世に送り出した歌手の五木ひろしは、山口さんが作詞、自身が作曲した「渚の女」を献歌。故人を偲んだ。…

柳亭市馬(右)と吉川潮

“歌う会長”柳亭市馬大いに語る

歌番組で五木ひろしと「旅鴉」をデュエット

昨年は五木ひろしが司会を務める「日本の名曲 人生、歌がある」(BS朝日)に2度出演した。 「初出演の時は、『俵星玄蕃』を8分半のフルコーラスで歌わせてもらって、その後、中村美律子さんと三橋美智也の『達者でナ』をデュエットさせてもらいました。実に気持ちよかったですね」 2度目には三橋美智也の「哀愁列車」と藤山一郎の「男の純情」を歌い、トリで五木のヒット曲「旅鴉」を五…

97年日本シリーズでの姿/(C)日刊ゲンダイ

五木ひろしの“生みの親” 直木賞作家・山口洋子さん死去

クラブ経営のかたわら、「作詞もやる銀座のマダム」として、最晩年のパートナーとなる野口プロの野口修社長(キックボクシングの“生みの親”)と組んで演歌歌手、五木ひろしの売り出しに成功。山口が作詞した「よこはま・たそがれ」「夜空」「千曲川」などは大ヒット。他にも石原裕次郎「ブランデーグラス」、中条きよし「うそ」など名曲の作詞を数多く手がけた。 80年代からは作家の近藤啓太…

山川豊

鳥羽一郎・山川豊 「我らの演歌路」

涙ながらに送り出してくれた9歳上の女性との別れ

どうしようもなくあふれてくる力の発散場所もなく、夢どころか明日の食い扶持もままならない不安から逃れたかったし、五木ひろしさんのマネをしてこぶしを回しているときだけは、最悪の現実から目を背けることができた。五木ひろしさんのようになれるとは到底思っていなかったけれど、どこかで歌うことはできないか、3つ年上の姉貴が名古屋の理容室で働いていて、相談したんだ。しばらく経って…

写真はイメージ

昭和世代の悩み解消 聞き手に好印象与えるカラオケ選曲法

富澤さんの場合は、五木ひろしの『暖簾』だそうで、この選曲は“ツウぶれる”らしいです。凄くいい歌詞だし、あのフォークシンガーの永井龍雲が作った歌となると、歌の後のトークに弾みがつくと言ってました。宴会の前に、こうした曲を“仕込んでおく”といいでしょう」 大勢がいる場では、暗くて歌唱時間が長い歌は選曲ミスだそうだ。…

福田こうへい

紅白返り咲き 演歌歌手・福田こうへいの知られざる集客力

白組演歌勢は46回目の五木ひろし(68)の後は、17回目の氷川きよし(39)、3回目の福田こうへい(40)、2回目の三山ひろし(36)、山内恵介(33)の5人、平均年齢は43.2歳と大幅に若返った。 発表2日前の22日、「こればっかりは連絡をいただけるまでソワソワしてます」と明治座の座長公演会見で語ったのは福田こうへい。今年7月に解決したという事務所移籍問題に関して…

終わったと思ったら、また歌番組の司会に

歌番組司会で引っ張りダコ 宮本隆治アナの“サバイバル術”

NHKで歌番組を担当するようになってからは前川清、五木ひろしなどのモノマネにも挑戦。特に前川のマネが得意で、かつて前川のコンサートではアンコールの際、前川に入れ替わって♪神戸~とやって客席に大受けしたこともあります」 もちろん、モノマネだけで生き残ってきたわけではない。 「モノマネが縁で多くの歌手と直接親交があるほか、いわゆる“芸能界のドン”たちの信頼も厚く、歌番組…

福田こうへい(左)の復帰宣言で大混戦に…

本命が小林幸子なら大穴は? 今年の紅白“演歌枠”は大混戦

しかし、初出場や復帰組の2年連続というのは非常に難しい」(前出のプロデューサー) 安泰なのは五木ひろし、氷川きよし、石川さゆり、坂本冬美ぐらい。残り枠を巡ってレコード会社の売り込み合戦が激化しそうである。…

新しい芸名は賛否両論

「のん」になった能年玲奈…芸能人の改名と“出世”の関係

「芸能人の改名でいうと一番有名なのは五木ひろしでしょう。松山まさる→一条英一→三谷謙を経てようやく『五木』にたどり着いた。それも偶然の産物で、本来は『五木治郎』にするはずだったのに、たまたま当時『五木司郎』という歌手がすでにデビューしていたため、苦肉の策で『ひろし』にしただけの話。あまりに“その場しのぎ”で五木自身が呆れたという話があるほど」(音楽関係者) 今や売…

左から時計回りに、小林幸子、八代亜紀、神野美伽、吉幾三

“ラスボス”小林幸子の効果大 演歌界は猫も杓子も若者対策

演歌の地盤沈下が叫ばれて久しく、黙っていても紅白に出られるのは五木ひろし、氷川きよし、石川さゆりぐらい。それ以外の人たちは、晴れ舞台に返り咲くためにも、何としても話題性、とりわけ若者の支持が欲しいのです」 あの手この手で話題作りに余念のない演歌勢。紅白の椅子取りゲームを制するのは誰か。…

自分の名前が付けられた電車の前で

鳥羽一郎・山川豊 「我らの演歌路」

おふくろは「うちだけで2枠は申し訳ない」と

「ゴッドファーザー 愛のテーマ」とか北島三郎さん、五木ひろしさんの楽曲を歌っていたと思う。しかし、兄貴の歌手としての本質は、漁師であり、板前でもある、男の世界だった。 「兄弟船」を聴きながら、ああそうだ、そうだろうと合点がいった。 ■「僕の兄貴」から「鳥羽一郎の弟」に見方が逆転 「兄弟船」の発売は82年。僕のデビュー曲「函館本線」がリリースされた翌年のことで、デビュ…

憧れの都はるみと(右)

今あるのはあの人のおかげ

大石まどかの宝物は都はるみが言い放った“何気ない一言”

5年前には震災のチャリティーではるみさん、五木ひろしさん、和田青児さんと被災地に出かけ、移動のバスの中でずっと一緒でしたが、私はじっとしたまま。気軽に話しかけるなんて、とても、とても。 一度、コンサートに伺って、ゴルフのパターに付けるゴールドの熊さんの飾りを、「付けてくださいね」と差し上げたことがあります。お付きの方にお渡ししたのですが、その日のうちに届かなかったみ…

少年時代の山川

鳥羽一郎・山川豊 「我らの演歌路」

兄貴はカツオ船に乗って僕と妹を進学させてくれた

中学になると、同級生がキャロルに熱狂し、僕も聴いていたけれど、本当に胸が震えたのは五木ひろしさんの「よこはま・たそがれ」だ。それで歌手に憧れたというのはおこがましいが、僕には格好良く見えた。兄貴は早くから、歌手になろうとしていて、師匠になる船村徹先生の歌が大好きだった。 そして遠洋漁業の漁師になり、カツオ船に乗って、世界の海に出ていった。家計を助け、僕と妹を高校に進…

誰にもマネできないコロッケのモノマネ芸

今週グサッときた名言珍言

「3割似てればいいと思ってる。あとの7割は別の生き物」by コロッケ

ひとつのエンターテインメントに昇華させるため、たとえば五木ひろしのモノマネとロボットの動きを組み合わせ、これまで全く見たことのないショーに仕立てあげる。それがコロッケの「モノマネ芸」である。 コロッケも、もともとは正統派のモノマネをやっていたという。一念発起して上京したコロッケは早速、自信作のモノマネを披露した。その場にいたのはタモリや所ジョージ、赤塚不二夫といった…

司忍6代目山口組組長

新・政官業研究「警察vs山口組」編

「政官業暴」を象徴した結婚披露宴

披露宴の来賓の名前をざっと挙げると、政界からは元神戸市長の中井のほか、大阪出身代議士の中山正暉や兵庫の石井一、芸能界では梅田コマ劇場から舞台衣装のまま大村崑、西郷輝彦が馳せ参じ、鶴田浩二、高倉健、富司純子、清川虹子、勝新太郎と中村玉緖の夫婦、梅宮辰夫、伴淳三郎、五木ひろしなども列席。さらには財界から東急電鉄社長の五島昇や三菱倉庫社長の松村正直といった顔触れもあった…

五木ひろし(左)の新曲を作詞した石原慎太郎氏

石原慎太郎氏 SMAP中居正広に再び怒り「訳がわからない」

12日、五木ひろし(68)が新曲「思い出の川/九頭竜川」の発表会を開き、同曲を作詞した作家で元東京都知事の石原慎太郎氏(83)も登場。日本音楽界の現状に「今のシンガー・ソングライターは面白くない。教養のない連中が書いた、文章になってないのが多い」と毒づくと、話題は今年1月に出版した著書「天才」へ。 同作は元首相の田中角栄を描いたもので、「今の日本は全部田中角栄がつ…

ペドロ梅村さん

あの人は今こうしている

「別れの朝」ペドロ梅村さん 脳梗塞を乗り越え今も活動中

尾崎紀世彦が「また逢う日まで」でレコード大賞を受賞し、五木ひろしの「よこはま・たそがれ」や加藤登紀子の「知床旅情」が大ヒットした1971年。ラテン・ジャズバンド「ペドロ&カプリシャス」のデビュー曲「別れの朝」もドカンと売れた。リーダーのペドロ梅村さん(73)は4年前、脳梗塞を患っていたことを明らかにして話題になった。今どうしているのか。 ■脳梗塞の“風評被害”で仕事…

熟年女性たちをメロメロに

紅白初出場の山内恵介 人気の秘密は意外性とサービス精神

五木ひろしに気に入られ、五木の新歌舞伎座公演にゲスト出演、水谷千重子こと友近とデュエットソングを出した。舞台や映画に挑戦、芸の幅を広げるのにも余念がない。年明け後も「にっぽん演歌の夢祭り2016」全国公演、ディナーショーと大忙しだ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事