日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

岡村隆史特集

AKB高橋みなみも困惑?/(C)日刊ゲンダイ

高橋みなみ&岡村隆史の“番宣”熱愛で加速する「打ち切り説」


AKB48の高橋みなみ(23)とナイティナイン岡村隆史(44)の“熱愛”を、4日付のサンケイスポーツがツーショット写真付きで報じた。これが6日放送のバラエティー番組「めちゃ×2イケてるッ!スペシャル版」(フジテレビ系)の番宣だったことをめぐり、ネット上で批判が相次いでいる。 サンスポが報じた熱愛スキャンダルは、前週11月29日放送の同番組で予告紹介されたドッキリ企画だった。この日の放送を視聴して…

キングコング西野

「(岡村隆史は)地獄に落ちるよ」by キングコング西野亮廣


「面白い絵本作家」になるなどと宣言し、ひと騒動を起こしたキングコングの西野亮廣(36)は、ナインティナイン・岡村隆史ともかつて一悶着あった。 きっかけは“ひな壇”を拒否する西野に、岡村が「他の芸人はみんな出ているのだから西野も出るべき」などと批判したことだった。西野の主張は一貫している。「芸人」という肩書だからといって、活動が規定されるわけではないというものだ。 もちろん、芸人観は人それぞれ。冒…

ナインティナインの岡村隆史

「みんなにはポンコツになって帰ってきたって言われます」by 岡村隆史


今から約5年前、ナインティナインの岡村隆史(45)は精神がむしばまれ、休養に追い込まれた。この日の10周年特番で「僕は思いっきり逃げたんですよ」「その時やめようと思いましたから、芸能界」と語ったように、当時は引退の道も危惧された。しかし、半年あまりで岡村は奇跡的にカムバックを果たした。そんな彼が復帰後に周囲に言われているという言葉を、今週は取り上げたい。 岡村が精神を病むに至った直接のキッカケは…

左から有吉弘行、松本人志、マツコ・デラックス

マツコの勢い加速 「中堅お笑いタレント」出演料ランキング


これは上田晋也と有吉弘行の140万円~、太田光と岡村隆史の120万円~より上。マツコを上回るのは松本人志(51)の170万円~だけだ。 「マツコは中堅ではトップクラスの扱い。毒舌のみならず、お茶の間への影響力は凄まじく、番組でマツコが『おいしい』と言っただけで、スーパーからせんべいが品切れ続出になったりしている。マツコ恐るべしです」(テレビ関係者=前出) 他局を見ても、マツコと肩を並べるのは日テ…

岡村隆史

岡田准一と岡村隆史は似ている? ネットの話題をプロが鑑定


岡田准一が浅野忠信と一緒に出ている「サッポロ 麦とホップ The gold」のCMを見るたびに「岡田君ってナイナイの岡村隆史ソックリ!」と思っていた。もっとも、「そんなヘソ曲がりは本紙記者ぐらい」と思い、公言はしなかったが、やっぱり同類はいました、いました。 ネットではずっと以前から話題になっていたらしく、「私も、かなり前から思ってました!! でも、それを言うと必ず“え~?”っていう反応がかえっ…

「僕たぶん、まれにみるギャグのない芸人ですから」by 矢部浩之(ナインティナイン)


「『俺もおもしろくないといけない』と思い込んでた」(大和書房「ナインティナインの上京物語」=12年10月20日発売) しかし、相方・岡村隆史の強烈なキャラによってナイナイは多くの番組のゲストに呼ばれ始める。明石家さんま、今田耕司、東野幸治らそうそうたる先輩芸人たちと絡み、鍛えられる中で矢部は吹っ切れた。 自分が面白いと思われなくてもいい。むしろ、そうでない方が岡村のおかしさが引き立つことが分か…

普通の主婦

かつての“魔性のオンナ” 葉月里緒奈は今や普通の主婦に


だが葉月は、その後イチローやナイナイの岡村隆史など、業界の大物に、アクティブにアプローチを仕掛けた。 魔性のオンナなら、男に不自由をするはずがないのに、葉月は次々と男のゲットに失敗する。それが明らかになったのは、岡村とのすれ違い恋愛がわかった時だ。恋愛の初期段階で葉月が一方的に燃え上がるが、相手が「オレでいいの?」と戸惑う。そこでさらに速攻でプッシュするものの、後が続かないへたくそな恋愛パターン…

「月9」低迷であの大口スポンサーも…

フジに激震 有力スポンサーが相次ぎ「契約解除」の波紋


なかでもナイナイの岡村隆史が山本をリング上で“フルボッコ”する様子を他の共演者やスタッフらが静観しているシーンは度が過ぎた。家族だんらんの休日夜のゴールデン帯であり得ない内容だとカンカンだったそうです」(広告代理店関係者) 日清食品宣伝部は日刊ゲンダイの取材に対し、契約解除は「事実」と認め、「理由などの詳細は差し控えさせていただきます」と回答した。 フジにノーを突きつけた企業は日清だけじゃない。…

五十川容疑者は六本木界隈でも知られた存在だった

高知の次か 愛人の交友関係から浮上したお笑い芸人の名前


五十川人脈には、その事務所に所属している芸人も複数いると聞いています」(捜査事情通) お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史は30日のラジオ番組で、「まだまだおるで、たぶん」と、芸能界全体で薬物検査を実施すべきとアピールしていた。なかなかそうもできないウラ事情がありそうだ。…

ブログでも持ち前の文才をいかんなく発揮

グラドルから演技派へ 酒井若菜“膠原病告白”までの紆余曲折


同書は、芸能界で親交のある水道橋博士、ユースケ・サンタマリア、板尾創路、岡村隆史、佐藤隆太、日村勇紀、マギー、山口隆(サンボマスター)ら総勢8人の男たちとの対談をまとめたエッセー。水道橋博士とユースケとの対談中に膠原病を打ち明けている。 膠原病とは、全身の血管や皮膚、筋肉、関節などに炎症がみられる病気の総称。原因不明で、働き盛りの女性に多い全身の病気。発熱、倦怠感から関節や血管、皮膚、肺、神経…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事