日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

古市憲特集

古市憲寿さん(左)

古市憲寿さん 20代で若者のことを書いておきたかった


今回のゲストは気鋭の社会学者・古市憲寿さん。ホストの二木さんとは親子ほどの年代差がある。若者論から戦争、憲法、共生、日本の将来像まで、世代を超えて語り合った2人の対談をお楽しみください。 ◇ ◇ ◇ 二木 子供の頃の話から伺わせてください。サメ図鑑を作られたそうですね。 古市 幼稚園の遠足で行った葛西臨海水族園で見かけてからサメが好きになり、親に買ってもらった魚類図鑑の中からサメの情報を編集して…

古市憲寿さん(右)

古市憲寿 2050年の日本についてぜひ書いてみたい


(おわり)…

古市憲寿氏(左)と二木啓孝氏

古市憲寿少子化対策が遅れたのは20年先を考える政治家がいないから


(つづく)…

「社会の抜け道」古市憲寿、國分功一郎著


(小学館 1700円)…

もー、ムダ話長過ぎ…

小沢一郎氏怒らせた社会学者も “NIS”人間につけるクスリ


ネット動画の党首討論で司会を務めた社会学者の古市憲寿氏もそのひとり。 激論を遮って突然、生活の党と山本太郎となかまたちの小沢一郎代表に「再婚相手は見つかったか」と質問。場違いな問いかけに小沢氏はスルーしたが、スタッフからペーパーを渡されると、「読んだ方がいいですか?」と相手を逆なでするように前置きして謝罪文を読み上げつつも持論を展開。これに対し小沢氏は、「お詫びをするならするで、きちんとしなさ…

「自虐キャラ」で復活

“イジられキャラ”で人気の前園真聖を変えた「猛省と謙虚」


NOTTVでの自身の冠番組「秘密のゾノ」で社会学者の古市憲寿氏と対談して「僕はイジられることで面白いと言ってもらえるタイプ。自分が面白いことを言うわけじゃない。むしろ自分から面白いことを言おうとしたらダメ」と、現役選手時代からは考えられない謙虚ぶりなのだ。 「自分のことを少しでも偉そうに思わせるような人たちが増えている中で、酔っぱらい暴行事件を“自分はクズだった”と過剰なほど反省している点も好感…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事