日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

上岡龍太郎特集

None

横山ノック 選挙カー内でわいせつ事件


<1999年4月> 上岡龍太郎らと結成した「漫画トリオ」で一世を風靡(ふうび)した横山ノック。68年の参院選で当選以降、政治家に転身し、95年からは大阪府知事を務め、99年には2期目を目指して67歳で再び府知事選に出馬したが、とんでもないスキャンダルが炸裂(さくれつ)した。 事件は投票日を3日後に控え、河内長野市内を遊説中の4月8日夕方に起きた。選挙カーの伴走ワゴン車後部座席では、自転車部隊も務…

降板が決まった石坂浩二について語った紳助

「鑑定団」騒動に異例コメント 島田紳助の悠々自適な近況


同じく引退の身である上岡龍太郎さんとは頻繁にゴルフに行っていると報じられたこともありました。3月の誕生日で還暦を迎えますが、あの紳助さんがこのまま落ち着くとはテレビ界の人間は誰も思っていない。今夏の参院選に橋下徹とのパイプの太さで、『おおさか維新の会』から出馬するというウワサも根強くあります」(在阪のテレビ関係者) 還暦からの逆襲はあるのか。…

清原和博

清原和博 ナガブチックな美意識が古くてダサい


上岡龍太郎の「変化は進歩」という言葉を借りれば、清原は進歩していないのだ。 そういえば、現役晩年の彼もそうだった。「オールスター=なんでもかんでも直球勝負」という、昔ながらの定番の主張を繰り返していたが、これも感性の古さの表れだろう。「オールスターだからこそ、得意とする変化球で勝負したい」と言ったオリックス・金子千尋のほうが、よっぽど新鮮でおもしろいと思う。 ちなみに、某雑誌で清原と対談するなど…

上岡龍太郎は紳士的な飲み方だった

漫才コンビは「酒飲む派」「ご飯とギャンブル派」に分かれた


珍しいとこでは上岡龍太郎さんも来てはったけど、他のメンバーと違って紳士的な飲み方やった。居合わせたキレイな女の子同士を座らせて「○○裁判」なんて、番組みたいなゲームをやるとか、あの人らしい遊び方やった。 店では盛り上がるとバカばっかりやってて、誰かが「ウンコしたらおもろいんやないか?」ってホンマにしたり、女の子が集まるとあっちでキスして、こっちでケツ触ってなんて騒ぎになったりもした。実はあの頃の…

「橋下徹批評が的確すぎる」と話題に

西川のりおが語る「橋下氏は問題提起だけで解決していない」


上岡龍太郎、島田紳助の後に続け、山口百恵の後に続け、と言いたいですね。 ――橋下さんと安倍首相って似ていると思いますか。 似てませんね。安倍さんには橋下さんほどのオーラとカリスマ性がない。政治家って人気が出るのはオーラがあって、カリスマ性のある人。これ何かといったら「ハッタリ」です。ハッタリかましたらオーラがあるように見える。その最たるものが橋下さんで、小泉純一郎元首相もそうでした。「自民党をぶ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事