日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

金日成 特集

金 日成(きむ いるそん)1912年4月15日に日本統治下の朝鮮で誕生。1994年7月8日没。朝鮮民主主義人民共和国の最高指導者。48年から72年まで首相、72年から94年7月8日に死去するまで国家主席を務めた。同国2代目の最高指導者・金正日は長男。同国3代目の最高指導者・金正恩は孫。
None

なんと130キロ…金正恩の激太りは北朝鮮の“時限爆弾”になる

「ここまで太ったのはお爺さんの金日成を真似たのが原因です」とは関西大教授の李英和氏(朝鮮経済論)だ。 「威厳をつけるため金日成なみの体形を目指して食べ始めたところ、肥満が止まらなくなったのでしょう。おまけに自分が年寄りの幹部たちに軽んじられているのではないかという不安がストレスになってさらに食べる。不安を払拭するために次々と幹部を粛清し、またストレスが高じる。この…

None

ノドン、総連ビルで揺さぶり…北朝鮮テポドン発射“Xデー”

06年7月5日は金日成主席の命日の3日前で、日本上空を飛び越えた09年4月5日と、軌道に乗せた12年4月13日は金日成主席生誕の少し前。そして12年12月12日は、金正日総書記の1周忌の5日前です。今年も金日成主席の生誕日である4月15日が2週間後に迫っている。しかも今年は、主席の没後20周年。一連の行動が『偉大なる首領様』を称えるデモンストレーションなら、テポドン…

新薬効果で元気ハツラツ?

新たな資金源? 金正恩が輸出もくろむ“精力増強剤”の中身

金日成主席や金正日総書記の健康管理を担う「長寿研究所」の元研究員だ。英デーリー・スター電子版の取材で明かしたのだが、さらに驚くのがその成分。ウニのゆで汁、アルコール漬けキノコ、ヘビのエキスだという。怪しさ満載である。 医学博士の米山公啓氏はこう言う。 「そもそも、精力増強剤に医学的根拠はない。バイアグラに代表されるED治療薬は勃起不全を改善するもので、まったく別物。…

李英和氏

私の秘蔵写真

李英和氏が明かす 「北朝鮮留学は“怖いもの”見たさだった」

北の初代指導者・金日成が抗日パルチザンを展開していた42年、この木の麓で息子の金正日が生まれたことになっている。「神格化」のため、木は特注ガラスと豪華な遮光カーテンで守られていますが、すべて作り話。金正日は金日成の逃亡先であるロシアの生まれですからね。 私は在日3世として生まれ、工業高校を卒業して溶接工をしながら大学の夜間部に通いました。その後、大学院を出て母校・…

ゴジラの着ぐるみは重さ100キロ/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

映画「ゴジラ」7本で“中の人”を…俳優・薩摩剣八郎さんは今

これじゃあなあ」 ■「プルサガリ」で金日成に招かれ北朝鮮に2か月滞在 薩摩さんは日活専属俳優を経て、三船プロへ。今は俳優としては開店休業の状態らしい。 「正直、どこからも声がかからない、ハハハ。で、今の唯一の仕事といえば、薩摩示現流を20人の門下生に教えることだね。ゴジラの着ぐるみに入る精神的重圧を吹き飛ばそうと始めた剣術が、いつの間にか本業になってしまった。もっと…

金正恩の実妹・与正

叔父も異母兄も殺害 金正恩が心を許す実妹・与正の役割

兄同様、スイスの国際学校に留学し、帰国後、金日成総合大学で学んでいる。日本のアニメが好きらしく、なかでもポケモンがお気に入りだという。 正恩の日程や出席行事を仕切り、随行員の顔触れも決めているとされる。肩書は党宣伝扇動部副部長。正恩の秘書室長のような役割を果たしているようだ。 「労働新聞に載る与正は、いつもリラックスした様子で明るい笑顔を浮かべている。兄妹仲の良さが…

後ろ盾がなくなった…(金正恩と習近平)

クーデター誘発も 中国が本気で進める「金正恩拘束」作戦

■北朝鮮を背後から動かす 金日成の時代から、中国は北朝鮮の後見役となってきたが、正恩体制になってからコントロールが利かない状態になっているという。中国との最大のパイプ役だった張成沢まで処刑されている。 「張に続いて正男まで殺され、中国は怒り心頭です」とは元韓国国防省北朝鮮情報分析官で拓殖大客員研究員の高永喆氏だ。 「核実験を続ける金正恩には、米国も危機感を強め、特…

ムチャクチャ

巻頭特集 狂乱北朝鮮の謎解きと今後

なぜこのタイミングか 金正男暗殺の裏に北朝鮮の政権不安

もうひとつは、2月上旬に韓国紙が正男の亡命を報じたことに対して激怒した、というものです」 建国の父とされる金日成主席と違って「偶像化」には程遠いのが正恩だ。国情院が「正恩は他人を信用しない疑い深い性格」と分析している通り、正男に限らず、これまでも権力掌握のために、側近を次々に粛清してきた。 2013年12月に北朝鮮ナンバー2だった張成沢を処刑し、15年4月にも当時の…

暴走が止まらない金正恩委員長

一触即発の朝鮮半島 韓国が狙う金正恩“斬首作戦”の現実味

韓国は金日成が企てた朴正煕元大統領の暗殺未遂事件の報復として、犯罪者を暗殺部隊に鍛え上げた過去がある。彼らは北朝鮮の捕虜になった場合を想定して住民記録を抹消され、韓国とのつながりを完全に消された」(朝鮮半島事情通) やるか、やられるか。朝鮮半島をかつてない緊張感が覆い尽くしている。…

内心、戦々恐々か

金正恩は真っ青? 中国が北朝鮮への追加制裁に同意表明

大ハシャギから一転、真っ青に――北朝鮮は13日、5回目の核実験成功の“祝勝会”を平壌の金日成広場で開催。朝鮮労働党の幹部らは「金正恩党委員長の指導と献身がもたらした勝利だ」と金正恩を持ち上げた。 さらに、朝鮮中央通信は、米軍が13日にB1戦略爆撃機を韓国に派遣したことについて「わが軍はいかなる侵略行為も一撃でひねりつぶすことができる」と大威張りだ。 だが、ここにきて…

ベストセラー早読み

「ジニのパズル」崔実著

何より、教室に掲げられた金日成、金正日親子の肖像画に強い違和感を抱いた。 1998年、テポドンが発射された翌日に、制服のチマ・チョゴリで学校に向かったジニは、街で理不尽な暴力を受ける。 激しい怒りを秘めたまま心を閉ざしたジニは、煩悶の末に立ち上がる。それは、小さくて、とてつもなく大きな、たったひとりの革命だった。 2つの国のはざまで生きながら、大人に、社会に正当な怒…

人間が面白い

「人間晩年図巻 1990-94年」関川夏央著

金正恩の祖父、金日成は、心筋梗塞で死亡。享年82。長寿研究所をつくって長生きに執着したが、独裁者も死の前では無力だった。 同時代を生きた人たちの「晩年図巻」は、おのずと同時代史になっている。人生80年といわれて久しいが、時代に影響力を持った人たちの生涯は、平均寿命に届いていないことが意外に多い。人生、長さではなく密度。残された時間をこれからどう生きるかを考える契機…

金正恩が唯一、耳を傾けると言われる金与正(左)

北の実質ナンバー2に浮上か 将軍様の実妹・金与正の素顔

金正恩と一緒にスイスの首都ベルンに留学し、帰国後に金日成総合大学を卒業したといわれている。 「在日朝鮮人の舞踏家だった母親の影響なのか、スイスではバレエを習っていた。日本のアニメが大好きで、中でもポケモンがお気に入り。イラストを描いては級友に見せていたそうです」(前出の辺真一氏) 今回、政治局常務委員に昇進し、序列5位に出世した崔竜海党書記の次男と結婚したとも伝えら…

会場前でメディアがたむろ

滞在費払わされ取材はNG 北朝鮮に踊らされる日本メディア

その後は、金日成主席と金正日総書記が現地指導した「3・26電線工場」を案内されたという。党大会とは全く関係のない施設だ。コリア・レポート編集長の辺真一氏はこう言う。 「詐欺に遭ったようなものです。メディアは抗議するなり、ボイコットするなり、毅然とした態度を取るべきだった。このままでは北朝鮮の宣伝につき合わされ、利用されるだけです」 それにしても、招き入れておきながら…

None

北朝鮮「水爆実験」 狙いは国威発揚と習近平のメンツ潰し

8日に金正恩、2月16日には父親の故金正日総書記、4月15日には祖父の故金日成主席の誕生日を控えている。 4月25日に軍創建記念日、5月には約36年ぶりの朝鮮労働党大会を予定している。追い詰められた北朝鮮がどう動くかは、中国を筆頭にした国際社会の出方次第だが、実験を政治利用し、世論をあおるような動きには監視が必要なのは言うまでもない。…

辺真一氏(左)と二木啓孝氏

二木啓孝の一服一話

ゲスト 辺真一さん学生時代、ESSで後輩の奥田瑛二さんに演技を教え込んだ!

金日成、金正日、朴正煕、全斗煥、金大中。南北朝鮮の歴史を動かしてきた権力者が世を去り、今の指導者はともに世襲。日本も同じだ。南北関係、日朝関係がどう動くのか。辺さんの冷静な分析、洞察にますます期待が高まる。(おわり) ▽ぴょん・じんいる 1947年東京生まれ。明治学院大学卒。新聞記者(10年)を経てフリージャーナリストへ。80年、北朝鮮取材訪問。82年に「コリア・レ…

辺真一氏

二木啓孝の一服一話

ゲスト 辺真一さん「拉致問題は大詰めを迎えつつある。安倍首相の決断が迫っています」

辺 1986年に金日成暗殺誤報事件が起きました。韓国の新聞が報じたのですが、私は韓国当局の発表はデマだ、生きていると伝えた。結果はその通りでした。 二木 根拠は何だったのですか。 辺 第六感が働いたのです。北の水を飲み、飯を食わないと分からないものがあるのです。このときは北からずいぶん感謝されたものです。ところが、翌年、大韓航空爆破事件が発生し、いち早く“北の犯行…

None

国防相を高射銃で公開処刑…手がつけられぬ金正恩の“狂気”

金日成主席の『軍を大事にしろ』という教えを忠実に守ったのです。おそらく正恩氏の権威を大きく損なうほど、玄氏の不満が態度に表れていたということでしょう。そうでなければ、こんな公開処刑はしませんが、これは正恩氏が軍を掌握できず、神経質になっていることの裏返しでしょう。本来なら、叔父で後見人の張成沢国防副委員長を使って軍を掌握すべきだったのに、13年末に処刑してしまった。…

None

現実味帯びてきた「米朝開戦」 駐韓大使襲撃犯は7度も平壌に

そのXデーは、故・金日成主席の生誕日の4月15日とみられます」(辺真一氏) 軍事演習は4月20日まで。両軍が疲弊した終盤のスキをついて……。悪夢で終わることを願うばかりだ。…

(C)日刊ゲンダイ

注目の人 直撃インタビュー

北朝鮮の専門家・朴斗鎮氏 「安倍首相は足元を見られている」

この時、米・韓軍が臨戦態勢を敷いたら金日成が謝ってきた。歴史に学ばなければいけません。 (聞き手=本紙・寺田俊治) ▽パク・トウジン 1941年大阪市生まれ。66年朝鮮大学校政治経済学部卒業。朝鮮問題研究所所員を経て68年から75年まで朝鮮大学校政治経済学部教員。その後㈱ソフトバンクを経て、コリア国際研究所所長。「北朝鮮 その世襲的個人崇拝思想 キム・イルソン主体思…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事