日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

新垣結衣特集

“2度目のダンス”でTBSを救済

視聴率絶好調 新垣結衣「逃げ恥」が乗った動画投稿ブーム


新垣結衣(28)主演の連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)の視聴率が上がり続けている。 14年4月から始まった「火10」ドラマ枠は「爆死枠」とも呼ばれるほど低視聴率に喘いできたが、この「逃げ恥」で初めて初回視聴率10%超え(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。以降、一度も前回視聴率を下回ることなく右肩上がりに視聴率を伸ばし、ついに第5話では13.3%を記録してしまった。 「このところ全体…

新垣結衣主演「逃げるは恥だが役に立つ」

あえて夢物語に浸る 新垣結衣ドラマ「逃げ恥」の楽しみ方


なかでも、ガッキーこと新垣結衣(28)主演の「逃げるは恥だが役に立つ」(火曜22時、TBS系)は、一見の価値アリだ。 早くもエンディングの軽快なダンスが話題となり、ユーチューブの振り付け動画は再生回数390万超と注目を集めているが、それ以上に本編もノリがよく、「情熱大陸」をパロディーにしたシーンひとつとってもクスリと笑える内容になっているのだ。 主人公は院卒にして内定ゼロの25歳女性。突然の派遣…

スリムになった体形にご満悦

森永卓郎氏 新垣結衣にラブコールも「怒ってるらしくて」


「ちょい悪オヤジになれた」とご満悦の森永氏は芸能人と一緒にご飯を食べに行きたいそうで、「新垣結衣ちゃんと行きたいって言ったら(新垣の)事務所が怒ってるらしくて。やっぱり、松田聖子さんかな」。共演NGの愛しの君との食事……その願いは「結果にコミット」できるか。…

注目度急上昇/(C)日刊ゲンダイ

「今世紀最低視聴率」川口春奈を救った堂本剛の“一言”


07年に新垣結衣らを輩出したティーン向けファッション誌「ニコラ」のオーディションでグランプリを獲得、09年には「三井のリハウス」の13代リハウスガールになり、先輩の宮沢りえ、坂井真紀、蒼井優らに続く新人美少女タレントとして注目を浴びる。 同年10月スタートの月9「東京DOGS」で小栗旬の妹役で女優デビュー。 中学3年の川口は、仕事のたびに地元・長崎から上京。週1回ペースの長距離通勤で女優業に臨ん…

左から清水富美加、バカリズム、水野美紀

オススメは「黒い十人の女」 深夜ドラマに見どころ多し


確かに新垣結衣は可愛いし、連ドラ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)も毎回胸キュン満載でよくできている。視聴率が毎週上昇し続けているのも納得ではある。 しかし、まだまだ面白いドラマはある。注目は低予算の深夜ドラマ。 TOKIO松岡昌宏の金曜ナイトドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)。派遣先で起こる出来事をのぞき見、最後に解決して去って行く「家政婦は見た!」の要素と、松岡がなぜか女装して家…

文系男女をトリコに

「逃げ恥」不器用男子 星野源が醸す“非イケメン”の安心感


ヒット中のTBS系火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(通称「逃げ恥」)で新垣結衣(28)と共に注目されているのが、マルチタレントの星野源(35)だ。 このドラマのキーワードは「ムズキュン」。恋愛がなかなか発展しない“ムズムズ”するところに“胸キュン”するという造語。「会えない」「すれ違い」という恋のストレスはSNSで解消され、今どきは恋愛が遅々として進まない状態を「ムズキュン」と言うらしい。そ…

新垣結衣が家事代行なら?

女性の見る目が変わる 脈ナシ男子“プラスのギャップ”とは


主人公の新垣結衣みたいな女性が家事代行に来てくれたら、引き留めたくなるのは男心として当然。それで、「就職という意味で結婚するのはどうですか?」なんてセリフが決まるのはドラマだから? いやいや、現実でも、女性に見向きもされそうにない“圏外男子”が美女を連れているケースは少なくない。7割の負け組が3割の勝ち組に成り上がるには、何が必要なのか。男女問題研究家の山崎世美子氏が言う。 「プラスのギャップ…

10代のカリスマだった岡本玲

元「ニコラ」伝説モデル岡本玲 CM起用で再注目までの軌跡


何しろ、新垣結衣や栗山千明、西内まりやなど、そうそうたるメンバーも所属していたファッション雑誌「ニコラ」の専属モデルとして、5年連続人気投票1位、表紙登場回数25回という記録ずくめの偉業を達成し「ニコラ伝説」となっている「10代のカリスマ」だったのだ。 「当時は雑誌で岡本が使用したものは何でも問い合わせが殺到し、“岡本が触れば売れる”という伝説もあった。そのため、ファッションブランドなどからは岡…

里崎智也が能年玲奈の穴を埋める?

同じ芸能プロ所属 能年玲奈の“穴埋め役”は元ロッテ里崎?


14年オフに現役を引退した里崎は昨年6月から長谷川京子、新垣結衣、能年玲奈などが所属する大手芸能プロ「レプロエンタテインメント」に所属。本業の野球解説以外にも活躍の幅を広げ、バラエティー番組や情報番組に出演するなどトーク力の高さも見せつけている。 「レプロはタレントだけでなく、アスリート部門にも力を入れようという流れがあり、里崎に声をかけたそうです。里崎は当初は『野球に関する仕事なら自分で取り…

無傷では済まない…

能年玲奈「芸能界引退」危機…降って湧いた“洗脳騒動”の背景


「A氏は決して札付きの要注意人物というわけではなく、キャリアもしっかりしているし、これまでも能年と同じ芸能プロ『レプロ』に所属する新垣結衣や長谷川京子などの指導も手がけた実績を持っている。能年もこのレッスンを受けたのがきっかけで信頼し、関係が深まりました。業界内で『洗脳』のウワサが囁かれるようになったのは半年ほど前から。どうやらA氏が能年の仕事の内容を選別していて、『主役以外の作品は断れ』と言…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事