日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

岡本健一特集

ジャニーズ事務所

近藤真彦にジャニー&メリーから家族同然の寵愛


「ベテランでは近藤のほかに少年隊の東山紀之、元男闘呼組の岡本健一らも出席していますが、このメンバーがタレントの幹部クラスとされています。将来的にジュリーさんが事務所を受け継いだ際は、彼らが若いタレントたちをまとめていく立場になるのでしょう」(スポーツ紙芸能担当記者) この中でもひときわ注目を集めたのが近藤だ。SMAP騒動のきっかけとなった「週刊文春」のメリー氏インタビューでも、メリー氏はSMA…

三谷幸喜(左)と小野お通役の八木亜希子

高畑事件も影響なし 勢い止まらぬ「真田丸」の本当の実力


また、ぜいたくなキャストも見どころのひとつで、この武将をこの俳優でやるのか! と驚きながら見ています」 さらに哀川翔(後藤又兵衛)、八木亜希子(小野お通)、新妻聖子(江)、岡本健一(毛利勝永)と多彩。真田信政役で出演予定だった高畑裕太は、例の事件で高畑淳子との母子共演がなくなったが、まったく問題なし。大坂の陣に入り万全のオールスターキャストとなっていく様相だ。 週間視聴率では常時10位台にランク…

None

業界はシラけ気味…24時間テレビにJUMP起用のウラ事情


ちなみに、元男闘呼組で俳優の岡本健一を父に持つ岡本圭人もいるが、人気はイマイチ」(テレビ関係者) 24時間テレビは体のいいお披露目の場のようだ。…

40代エロス全開/(C)日刊ゲンダイ

評判通り? 映画「悼む人」石田ゆり子の“過激ベッドシーン”


20代のころは主演ドラマ「不機嫌な果実」(97年)で渡辺いっけいや岡本健一を相手に過激なベッドシーンを見せたこともあった石田。さかのぼれば「お嫁さんにしたい女優」の代表格だっただけに、過激なヌードを期待する方がヤボだったか。 「本当はもっとやらなければいけないと思ってます」「今の自分にできる限界があそこ」。本人はあるインタビューで「悼む人」の濡れ場についてこう振り返っていたが、はたして“限界”…

私生活も絶好調だが/(C)日刊ゲンダイ

米倉涼子はドラマ、CM続々…噂の彼との結婚は「いたしません」?


市川海老蔵、元「男闘呼組」の岡本健一、鹿島アントラーズの中田浩二……数々の熱愛が報じられてきた。恋愛体質なのは想像に難くないが……。 「ドラマの役柄のイメージから男っぽくてサバサバしたタイプに見えますが、普段は驚くほど女っぽい性格です。恋愛がうまくいかないとずっとめそめそしているし、女優然としたところはまったくない。素人の女性と変わらないですよ。食事をしていても周囲に本人だと気付かれるのはまれな…

今度こそ?/(C)日刊ゲンダイ

噂の彼との一夜を撮られた米倉涼子 結婚の“現実味”


その後も、岡本健一や米国人振付師との熱愛が報じられ、お笑い芸人やジャニーズのタレントとの親密交際もウワサされたが、どれも実らなかった。 ■そろそろ母親を安心させたい しかし、今回は結婚を決断してもおかしくない状況だという。 「母親の存在です。米倉は05年に当時57歳だった父親を肺がんで亡くしています。その分、母親のことを気にかけているんです。去年、挑戦したブロードウェーミュージカルの舞台にも招…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事