日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

狩野英孝 特集

狩野 英孝(かの えいこう)1982年2月22日宮城県生まれ。本名は芸名と同じ。お笑い芸人。マセキ芸能社所属。2003年、マセキ芸能社から芸能界デビュー。自動車学校教官からラーメン屋の店主などのキャラクター芸を経て、ホスト風のいでたちで「ラーメン、つけ麺、僕、イケメン!」と叫ぶナルシストキャラでブレイク。12年2月22日(自身の誕生日)に一般女性と入籍するが、そのわずか6日後に不倫をしていた様子が同年3月発売の写真週刊誌「FLASH」に報じられる(本人はブログで謝罪)。14年10月、ブログで離婚を発表。16年には本人と交際していたと主張する女性タレントがメディアで大きく取り上げられる。17年1月、女子高校生との淫行疑惑が写真週刊誌「フライデー」によって報じられる。
「誠意大将軍」と呼ばれた羽賀研二の再来か…

上京後に極貧生活 狩野英孝が無類の“女好き”に変わるまで

モデルの加藤紗里(25)に歌手の川本真琴(42)に一般女性と、女関係が出るわ出るわで三股、五股などと騒がれているタレントの狩野英孝(33)。LINEによる暴露がスキャンダルに拍車を掛け、「第2のベッキー」「羽賀研二の再来か」などと言われている。果たして名うてのプレーボーイなのか、単に脇が甘いアホなのか。 羽賀研二が梅宮アンナとの交際を宣言した後に、巨乳のグラビアタレ…

狩野英孝の三角関係は泥沼化

LINE&ベッド写真流出…狩野英孝“第2のベッキー”へ一直線

お笑いタレントの狩野英孝(33)をめぐる、“三角関係騒動”が泥沼化している。 発端は歌手の川本真琴(42)が先月25日に更新したツイッター。「半年まえから彼氏がいます」「(相手が)誰かは言えない」などとツイート。すると、一部スポーツ紙がこの相手が狩野であることを報じた。 ところが、今度は別のスポーツ紙が狩野の“本命”がタレントの加藤紗里(25)であることを本人を直撃…

常に世界の中心に立つ男

「渦中の時は24時間、監視されてる感じで。『あ、もう終わったな』って」by 狩野英孝

そんな濁流にのみ込まれた一人が、狩野英孝(34)だ。二股から果ては五股、六股疑惑へと発展していった。そんなスキャンダルを振り返って、語ったのが今週の言葉だ。 正直言って狩野の疑惑は大物芸能人たちのスキャンダルのはざまの箸休め的な面白ニュースだったが、本人だけは深刻に受け止めていたのだ。 3月5日と12日に放送された「ポンコツ&さまぁ~ず」(テレビ東京)は、今年放送さ…

不倫は褒められたことではないが…

狩野英孝は円楽に学べ 謝罪の場すら売り込みに変えた話術

最近、同じように女性問題で話題になった狩野英孝に会った。彼は「自分はマスコミ被害者の会だ」と言い出した。僕は「取材されたら、まずその記者とカメラマンを笑わせなきゃ」と提言したのだが、「語れないことが多くて……」と黙ってしまった。 そこをけむに巻くのが芸人としての腕だろう。円楽を見習ってほしいと言いたくなった。…

狩野英孝と母・千代子さん

狩野英孝 一家6人で食べた「はっと汁」と母の思い出

そんな時、狩野英孝さんの母・千代子さん(62)は宮城県の郷土料理「はっと汁」を作ってもり立ててくれる。 ◇ ◇ ◇ 小麦粉を水で練ってお団子のようにつぶした生地を、熊とか星の形にしたりして小さいころ、よく母と3つ下の弟と3人で下ごしらえをしたのを覚えてます。宮城ではすいとん汁を「はっと汁」と言います。大名がこんなにうまいものを農民に食わせるのは「ご法度だ」と言ったの…

神主モードでダンマリ

集まった報道陣に及び腰…狩野英孝「笑いは期待しないで」

伊達みきお(41)、富澤たけし(41)の2人が登場した後、厳かな音楽と共に現れたのは神主姿の狩野英孝(34)。 3人は同じ宮城県出身でプライベートでも仲が良く、狩野の実家である櫻田山神社を何度も訪れているという。今回はDVDのヒット祈願のために2人がずいぶん前にオファーしたというが、狩野は加藤紗里(25)や川本真琴(42)など複数交際騒動の渦中とあって、大勢の報道陣…

6股騒動の渦中にある狩野英孝

スキャンダルも利用…狩野英孝はお笑いタレントの典型例

女性問題でお騒がせの狩野英孝に芸という下地はない。狩野は俳優志望だったが、まったく芽が出ずタレントに転向。売るための手段としてホスト風のキャラクターをつくり、そこに「ツケメン・イケメン」というキャッチを加えて人気を得た。典型的なお笑いタレントに属する。 音楽番組の衰退に代わって生まれたバラエティー番組。テレビ界と芸能界は需要と供給のバランス。必要なタレントを供給する…

狩野英孝

「お祓いとお笑いを両立してる」by 狩野英孝

1500年の歴史のある由緒ある神社に生まれ、昨年、神主の資格も取得した狩野英孝(33)。先輩芸人たちに「お笑いか神主、どちらか一方に絞るべきだ」と助言され、彼が返した言葉を今週は取り上げる。 狩野は「ラーメン、つけ麺、僕イケメン」という勘違いナルシシストキャラでブレーク。他の多くの“キャラ芸人”と同様に「一発屋」として、すぐ人気が低迷するだろうと思われていた。だが、…

いろいろあった(ANRI)

荒波相場に挑む 稼げる「鉄板」銘柄

「エルテス」ネット炎上回避ビジネスで“株価炎上”も?

狩野英孝の元カノで、モデルの加藤紗里などはその典型例であろう。ブログで私生活やおバカっぷりをアピール。ネット住民から叩かれまくった。 こういった「炎上商法」は、ある意味、世間から許容されている部分がある。その一方で、一歩間違うとメディアから抹殺される危険性をはらんでいる。長谷川豊アナが「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担せよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!」…

加藤紗里

2016年下半期 ネット炎上事件簿

“広島カープファン”を突然公言した加藤紗里のケースは…

お笑い芸人の狩野英孝が、同時に複数の女性と交際していた時の当事者の一人として世に名前が出た加藤。交際当時の内輪話をあけすけに話す彼女のことを快く思わない人も多く、当初から何をしても「売名行為」と取られがちだった。たとえば、狩野との三角関係のエピソードにおいても、「狩野からもらったネックレス→実は別の彼氏からのプレゼントだった」「海外からの帰国の費用として狩野から2…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事