日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

熊田曜子特集

結婚指輪はずし復帰グラビア 熊田曜子「撮影で母乳が…」


かつてトップグラドルとして人気を博し、現在は2児の母となった熊田曜子(34)が、4年半ぶりとなるイメージDVD「rebirth」(イーネット・フロンティア)の発売を記念したイベントを3日、ソフマップアミューズメント館で開催した。 結婚してからDVDを出すのは初めてということで、どのような内容にするのか決めるのが大変だったという。「実際には結婚し子供もいるので、人妻感を出そうかという話になったんで…

炎上は熊田本人としても心外だろう

熊田曜子にも心ない非難…有名人のマタニティーは炎上続き


第2子となる次女の誕生を27日に発表したタレントの熊田曜子(33)が集中砲火を浴びている。29日に本人がブログで、出産時に育児の専門雑誌の取材を受けていたことを明かしたことが発端だ。 出産シーンは来年1月15日発売の同誌に掲載されると報告しているほか、妊娠中から取材を受けてきたという熊田は担当編集者について、「私の気持ちや状況をすごく理解して下さっている方です」と説明。「そんな方からのオファーだ…

すっかりママタレが板についてきた

「乳首切れる」「乳牛の気分」熊田曜子が“苦悩の育児体験”告白


第2子妊娠中のタレントの熊田曜子(33)が「母乳育児」への強いこだわりと第1子での苦労話を赤裸々に告白し、子育てママたちの共感を呼んでいる。 流産を乗り越えて第2子を授かった熊田は現在、妊娠6カ月。14日に更新したブログでは、2012年12月に出産した長女(2)の妊娠中に、先輩ママ友から勧められた「電動搾乳機」を使った育児の様子を振り返った。 乳腺炎の予防のため、大好きな甘いものを我慢するなど食…

美沙子といえば三角ビキニ

安田美沙子 京都弁禁止で“キャラ迷走”していた新人時代


“3人娘”のグラビアの両側は、熊田曜子ちゃんと夏川純ちゃん。事務所も同じだったこともあり、このころは一緒のお仕事が多かったですね。撮影の後はみんなで飲みに行くのが楽しみ。おなかが出ないよう撮影前は控えて、終わったあとに「今日は飲むぞ~!」ってパーッと。私、お酒が大好きで、一晩でワイン1本空けちゃうくらいでした(笑い)。 熊田曜子ちゃんはセクシー系、夏川純ちゃんはキュート系、2人は髪もロングで女…

浜田翔子

浜田翔子がライバル宣言 「熊田さん復活で私が2位に…」


「これまで現役のグラドルでDVDの発売枚数は私がトップだったんですけど、熊田曜子さんが復活しちゃったことで、私が2位になっちゃったんです。熊田さんはこの前発売されたDVDが54枚目なんですよ」 なんと熊田へのライバル心から、さらなるセクシーを目指したというからグラドルのカガミである。しかし、浜田のもとには次回作のオファーがまだ来ていないそう……。熊田との白熱セクシーバトルの勝者はどっち!?…

番組放送後にもすっぴんを公開

ロンハーですっぴん披露…矢口真里&麻木久仁子に絶賛の嵐


過去に公開したすっぴん写真に“加工の疑い”があるとして番組に招集されたのは、益若つばさ(29)、磯山さやか(31)、スザンヌ(28)、熊田曜子(33)、遠野なぎこ(35)、ダレノガレ明美(25)、安西ひろこ(36)、辺見えみり(38)、矢口真里(32)、麻木久仁子(52)の10人。 別室ですっぴんを自撮りした後、スタジオでその写真を提出してもらう企画だが、このうち遠野、ダレノガレ、安西、辺見、…

幸せな瞬間は長く続かず…

スザンヌ離婚に「やっぱり」の声…妊婦フォトの不吉ジンクス


芸能界にはほかにも、神田うの(39)、小雪(38)、熊田曜子(32)ら妊婦フォト経験者が多い。余計なお世話かもしれないが、こうなると次は誰が続くのか、心配になってくる……。…

イメージが大事/(C)日刊ゲンダイ

三船、江角が沈み菊池浮上 激変「ママタレ」報酬ランキング


5万円以下のDは藤本美貴、くわばたりえ、辻希美、熊田曜子、小倉優子、西山茉希らとなります。ランキングには芸歴はもちろん、夫の影響力や注目度も加味され、CM本数も目安になりますね」 先ごろ発表されたランキングでは、「驚きの変化」が見受けられたのだと、こう続ける。 「3Aクラスの江角が2段階落ちのAクラスに。長嶋家との確執を巡るスキャンダルの影響がいまだに尾を引いているのでしょう。Aクラスの三船も3…

ぷにモデルで新境地/(C)日刊ゲンダイ

「AneCan」専属に抜擢 神風吹いた磯山さやかの賞味期限


当時は熊田曜子、小倉優子、ほしのあきらグラドルの全盛期。童顔、癒やし系の磯山もバカ売れした。だが、花の命は短い。グラドルとして飽きられ、生き残りに必死になった。 「野球部マネジャーの経歴を生かし、“東京ヤクルトスワローズ公認女子マネージャー”の肩書で、野球関連の仕事をゲット。野球の次はサッカー、競艇、ゴルフとスポーツ関連の仕事をやりまくった。と同時にスポーツ選手との玉の輿を狙ったものの、玉砕ば…

玉の輿に乗った安田美沙子/(C)日刊ゲンダイ

結婚したものの…“片付けられない女”安田美沙子に心配の声


下鳥さんはそんな安田の片付けられない性格を承知の上で結婚したのでしょうが、安田があの京都弁で甘えたりしたらイラッとするのではないかと心配……」(業界関係者) 同じ事務所の親友で先に一般人と結婚したのは熊田曜子、夏川純の2人だが、ここは安田に結婚生活がうまくいくようにアドバイスしてあげてはどうか。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事