日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

新海誠特集

中森明夫(左)と川村元気プロデューサー

興収190億円突破 もはやこれは異常事態ですよね?


新海誠監督の前作は興収1.5億円だったので、10倍いけばいいなと目標達成15億円のプロジェクトでした。それが100倍以上になった。初日の時点で50億~60億円を目指せるほどの観客が殺到して驚きました」 ――この現象についての見解は? 「ひとつの要因ではないと思います。ただ上位にあるのはすべて宮崎駿作品であり、これは何を意味するのか? おそらく僕らはどこか宮崎駿っぽいものを作りがちだった。今回、初…

新海誠監督

すべて過剰…新海誠監督が語った「君の名は。」製作秘話


」を手がけた新海誠監督(43)が、音楽を担当したRADWIMPSのボーカル野田洋次郎(31)とともに開催中の「第29回東京国際映画祭」のトークイベントに登場。穏やかな口ぶりながら製作秘話を明かし、観客を大いに沸かせたのだった。 たとえば、映画の題名は「洋次郎さんの言葉(歌詞)の中にタイトルになりそうな言葉があるんじゃないかと思っていた」と、まさかの“他人任せ”だったと告白。もっとも、「観客がぞわ…

小説版など関連グッズも大ヒット

東宝が最高益 新海誠監督は「君の名は。」でいくら稼いだ


そんな日本映画界における「東宝ひとり勝ち」の立役者である新海誠監督(43)。下世話ながら手にしたギャラは一体、ナンボなのか気になるところだろう。 「製作段階で監督に支払われるギャラの取り決めは、一般的に『一本いくら』の定額報酬。ヒットした分、上乗せとなる成果報酬契約は、ごくまれな話」(配給会社関係者)だという。ちなみに、公開前の興行収入見込みから、新海監督のおおよそのギャラを逆算してみると――…

新海監督との間に6歳の娘がいる

「君の名は。」新海誠監督の妻は女優・三坂知絵子だった


新海誠監督(43)のアニメーション映画「君の名は。」が驚異的なヒットを記録している。 8月28日の公開から週末映画ランキングは7週連続1位を獲得。すでに累計興収は145億円を突破。国内アニメ作品で100億円を超えたのはジブリ作品以外では初の快挙で、最終的には興収254億円を叩き出した「アナと雪の女王」超えも狙えるという声まで上がっている。 小説版も100万部、サントラCDも22万枚を売り上げるな…

4人組バンド「RADWIMPS(ラッドウインプス)」

ゲス極の棚ボタで 勢いに乗る「RADWIMPS」が紅白内定情報


」(新海誠監督)が大ヒット公開中で、3日に行われた同映画の大ヒット御礼舞台あいさつにもサプライズで登場した。 ボーカルの野田洋次郎(31)が手がけた同映画のサウンドトラックはオリコンのアルバムランキングで1位を獲得するなどノリに乗っている。 同バンドは野田が高校生だった01年に結成。08年にシングル「オーダーメイド」がオリコン初登場1位を獲得し、そのころから高い音楽性が注目され始めた。 「現在は…

新海ワールド炸裂

ジブリ“独り勝ち”終焉か 「君の名は。」大ヒットの要因


」(新海誠監督、東宝系)。いわゆる夏休み興行の勝負作ではないが、配給元は最終興収60億円も狙えると鼻息荒い。 ヒットの要因について、映画批評家の前田有一氏は「大まかなプロット(構想)の出来の良さがひとつにある。とっぴなストーリーではなく、大林宣彦監督の『転校生』(82年)を彷彿とさせるノスタルジックな内容が多くの観客の心に響いたのではないでしょうか」という。 ■同人アニメの出身の「セカイ系」 物…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事