日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

黒川紀章特集

これまで海の森造成工事に計45億円の税金を投入

「海の森」プロジェクト 東京湾の孤島に消える億のムダ金


この抜擢に、慎太郎の盟友で同じく建築家の故・黒川紀章氏は「(安藤氏は)仕事がないから石原の周りをウロウロしている」と嫉妬交じりに評した。一時は五輪を任された巨匠が、白紙となった新国立競技場のデザイン選定でミソをつけたのは記憶に新しい。 安藤氏は当時、五輪招致を機に“塩漬け”となっていた臨海部開発を進めたい慎太郎の意をくみ、晴海の埋め立て地をメーン会場とする方針を発表。同時に壮大な都心の緑化計画を…

エキゾチックな容姿が忘れられない

20歳で芸能界引退 “伝説”フラワー・メグさんは離婚後に復帰


そこで知り合った前衛舞踏家の石井満隆に弟子入りし、ショーダンサーとして黒川紀章設計の赤坂のクラブ「スペース・カプセル」で踊るようになった。 「寺山修司さんや唐十郎さん、谷川俊太郎さんなどがクラブ運営に協力し、石原慎太郎さん、横尾忠則さんなんかが出入りされてた。ホステスは全員シースルー。ダンサー兼任だったワタシはトップレスにパンティー1枚でエロチックなショーに出てました」 その評判を聞きつけた平凡…

“裸の王様”になってしまったのか

新国立だけじゃない 安藤忠雄氏は過去にも「工費爆騰」の前歴


07年に亡くなった世界的な建築家・黒川紀章氏だ。安藤氏が設計した表参道ヒルズについても「誰も人が来ないでしょう」と批判していた。こうした手厳しい師匠もいなくなり、“裸の王様”となってしまったのが安藤氏なのかもしれない。 16日、会見を開く予定だが、何を語るのか。…

(C)日刊ゲンダイ

桜金造 誰もが仰天した都知事選出馬


この他選挙といえばおなじみのドクター中松、建築家の黒川紀章、「政府転覆」の過激なスローガンと異色の政見放送が話題となった外山恒一らも出馬を表明していた。 ここに割って入ったのが金造。「(3月15日の)都知事選立候補予定者の公開討論で、自分と似た意見の候補者がいなかった。お金も学歴もないけれど、困っている人、子供たちのために少しでも何かをしたい」というのが出馬理由。近所に住む顔見知りの高齢女性の孤…

故・黒川紀章氏と若尾文子

別れの理由説明なく…若尾文子“ドロ沼離婚騒動”の不可解


夫で建築家の黒川紀章氏(享年73)がこの世を去って4年になるが、この大物も、かつて泥沼の離婚騒動を経験している。 黒川氏が亡くなる2日前に、若尾が「私、あまりいい奥さんじゃなかったわね」と言うと、黒川氏は「そんなこと、そんなこと……本当に好きだったんだから」と振り絞るように答えたという。夫婦の最後の会話として話題になったものだが、若尾が40年以上前、バツイチになったことを覚えている人は少ないだろ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事