日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

清水国明特集

None

三度目の正直で離婚した清水国明・クーコ


<1982年9月> 独特のコミカルな曲が人気を呼び、70年代のフォークシーンをリードした清水国明・原田伸郎のデュオ、あのねのね。 私生活では76年9月にタヒチで合同結婚式を挙げたことも大きな話題となった。原田の相手は元モデルの喜美子さん。清水はタレントとして活躍していたクーコと結婚した。 とかく物議を醸したのは清水とクーコ。結婚直後から不仲報道が流れた。現在アウトドア愛好家として知られる清水だが…

アウトドア施設「森と湖の楽園」を運営/(C)日刊ゲンダイ

タレント清水国明氏が指南 「危ないキャンプ場」の見分け方


山梨県の河口湖でアウトドア施設「森と湖の楽園」を運営するタレントの清水国明さんはこう断言した。 「河原でも海辺でも、突然の増水を想定してテントを張るのが鉄則です。角の取れた丸い石や砂利がある場所は、強い流れにもまれたという証し。中州に張るのはもってのほかで、川底と同じくらい危険だという認識を持ってください」 事故が起きたキャンプ場は違法工事で過去に少なくとも6回、神奈川県に行政指導されていた。こ…

清水国明さん

タレント 清水国明さん(64) 十二指腸がん


玉川徹コメンテーター

公務員宿舎から出てきた官僚を直撃 走って追いかけた


それを実践しているのがタレントの清水国明さんです。瀬戸内海の無人島を購入して始めた自給自足生活。これも何度か「モーニングショー」で取り上げました。 僕はどこに取材に行くのもスーツスタイルと決めているんですが、さすがに無人島での取材は大変でした。上陸も一苦労。桟橋もない島への上陸に使うのは小さな「いかだ」ひとつなんです。海も荒れてて、スーツもビショビショの上陸でした。 でも、清水さんの暮らしぶりは…

None

松本ちえこ さまざまな憶測を呼んだ不可解な婦人科入院騒動


■院長は卵巣の中にコブができていると説明 相手と噂されたのはクーコと別居中だった清水国明(当時27)。かねて「クーコと別れてチーコと結婚する」なんて冗談交じりに口走っていたが、今度ばかりは真剣そのもの。帰省中の清水は直撃取材に対し、「妊娠が事実なら生きるか死ぬかの瀬戸際でちゃかしたことは言えません」「俺は絶対やってないからね。やってたら今ごろ田舎でのほほんとしていられますか」とコメントした。 …

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事