日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

麻生太郎特集

補選では対立する二階幹事長(左)と麻生財務相

安倍政権に激震 福岡6区補選で「二階vs麻生」の暗闘勃発

麻生太郎財務相(75)と二階俊博幹事長(77)との間で暗闘が勃発しているという。10月に行われる衆院福岡6区補選の公認をめぐって対立しているというのだ。 鳩山邦夫氏が死去したために実施される補欠選挙の公認候補には、当初、邦夫氏の次男である大川市長の二郎氏(37)がスンナリ選ばれるとみられていた。ところが、福岡県連は、二郎氏ではなく、福岡県連の会長である蔵内勇夫県議の…

怪気炎を上げていた衛藤衆院議員

「利用税」廃止見送りで分かった ゴルフ議連は口先ばかり

時間と労力の無駄でした」 ■何の抵抗も見せず、あっさり白旗 昨年11月には麻生太郎財務相が「五輪の種目に税金がかかるのはいかがか」と発言。これを受けて利用税廃止の機運が高まった。 そして今年9月には尾立源幸参院議員(民主)、中曽根弘文参院議員(自民)、山東昭子参院議員(自民)、高村正彦衆院議員(自民)、下村博文衆院議員(自民)らが超党派ゴルフ議員連盟総会を開催。ゴル…

麻生財務相(左)とジョージ・ソロス氏

大富豪ソロスに悪態 麻生財務相“身の程知らず”の頭の中

6日に来日した米投資家ジョージ・ソロスとの面会を振り返り、こう感想を漏らした麻生太郎財務相。総資産2兆8000億円超といわれる大富豪をいつもの“麻生節”で皮肉ったのだろうが、「お前が言うな」だろう。 「おカネ儲けに興味がある人なんだなと感心した」。麻生大臣はソロスを「守銭奴」扱いしていたが、ちょっと待て。ソロスは自らのアタマとウデを駆使して巨万の富を築いたのである。…

麻生太郎副総理、財務大臣

安倍内閣の無能・無名大臣を裸にする

麻生太郎財務相 官房長官と冷戦も首相とはゴルフで手打ち

森金融庁長官

プロはこう見る 経済ニュースの核心

旧態依然の経営者は戦々恐々 森金融庁長官3年続投なるか

五味氏は与謝野馨氏、畑中氏は麻生太郎氏による、いずれも当時の金融担当相の留任要請を受けての続投だった。はたして森氏もこの列に並ぶのか、金融関係者は固唾をのんで見守っている。 森長官は過去に大病を患ったこともあり、外見は細身で神経質に見えるが、信念の人でもある。金融行政の要諦は、“金融機関はお客のためになっているのか”だ。顧客に支持されない金融機関は捨てられても致し方…

斉藤市長(左)と田中副市長

賭けマージャン市長の映像 NHKが“11カ月封印”の不可解

■麻生財務相の地元でいぶかしむ声 実はこの賭けマージャン市長、麻生太郎財務相と深い関係にある。麻生氏は飯塚市を含む福岡8区の選出で、地元では斉藤氏とは切っても切れない間柄といわれる。2006年に斉藤氏が市長選に初出馬したとき、当時外相だった麻生氏は事務所開きに駆けつけた。10年の市長選でも出陣式に参加している。 一方の斉藤氏は07年に“ポスト安倍”として麻生氏の名…

海を渡るのはいつ?

スポーツ難癖口上

長嶋ロスから四十数年 日本列島を襲う大谷ロス

なに退散? ええい、じゃ麻生太郎やれ、麻生セメントふんだんに使うのを許したる。…

梨園の妻として夫に尽くせるか

ドン欠席で広がる憶測 紀香&愛之助の船出に“逆風”やまず

式の内容について愛之助は8月の会見では「シンプルにコンパクト」と話していたが、招待客は坂田藤十郎、片岡仁左衛門、尾上菊五郎など歌舞伎関係者をはじめ、麻生太郎財務大臣や贔屓筋など約600人。 ウエディングケーキは「6代目」にちなんで6段で、引き出物には「和光」のバウムクーヘン、この日の日付が入った「フランク・ミュラー」の皿、2人がハマっているという「水素発生器」の特注…

証券取引等監視委員会を猛批判

山本大臣に重大疑惑 インサイダー調査でSESC恫喝まがい

麻生太郎財務相は「証券会社に勤めているのはヤバいやつ」と言ったが、その「ヤバいやつ」を、国会の場でかばったのが山本氏だ。このまま野放しにしてはいけない。…

東京電力8000株も保有

今村復興相の“怪しい財テク”…要職に就きながら株式売買

安倍内閣では他にも、時価総額8000万円超の株を持つ塩崎恭久厚労相や麻生太郎財務相ら、株長者がゴロゴロいる。これらは官製相場の上で成り立っていることを、有権者はよ~く覚えておいたほうがいい。…

経団連定時総会でもあいかわらず三本の矢

永田町の裏を読む

「統計詐欺」に頼るしかなくなったアベノミクスの末路

確かに政府の経済統計にはいろいろ問題があることは周知で、民間からはとうに疑問が出されていたし、昨年秋には経済財政諮問会議の席上で、麻生太郎財務相が総務省の家計調査が実態を反映しておらず、経済産業省の商業動態統計と乖離が大きいと指摘。高市早苗総務相が色をなして反論するという一幕もあった。それを受けて、安倍側近の桜田義孝自民党行革推進本部長は5月に、「経済政策立案に際…

「趣味は麻生太郎」と公言

安倍内閣の無能・無名大臣を裸にする

松本純国家公安委員長は「麻生のカバン持ち」で立身出世

「『趣味は麻生太郎』と公言してはばからない。まさに“親衛隊”です。『麻生あるところにマツジュンあり』と言われています。麻生さんは、JC(日本青年会議所)の後輩ということもあって可愛がっている。2008年の麻生内閣では、当選3回ながら異例の内閣官房副長官に就任し、今回、念願の初入閣を果たしました。もちろん、麻生さんがねじ込んだのでしょう」(マスコミ関係者) ●経歴 …

第3次安倍再改造内閣で予想される顔ぶれ=左表

巻頭特集

“茶坊主”と“お友達”だけ優遇 安倍改造内閣の恐怖人事

麻生太郎財務相、岸田文雄外相、菅義偉官房長官という2012年末の第2次政権発足時からのメンメンに加え、高市早苗総務相、塩崎恭久厚労相、加藤勝信1億相、石原伸晃経済再生相まで続投である。「内閣の骨格を維持して、安定した政権運営」などと解説されているが、要は自分の言うことを聞く“お友達”や“茶坊主”を置いておきたいだけ。世界情勢が混迷を深め、経済の先行きも不透明になって…

NHK経営委員長に就任した石原氏(右は籾井会長)

官邸の“NHK支配”ますます加速 安倍シンパが経営委員長に

「石原氏が特に親しいのは麻生太郎財務相といわれています。福岡県で九州経済連合会の会長を務める弟の麻生泰氏(麻生セメント前社長)をガッチリ支えているのが石原氏。2年前は安倍首相に川内原発の早期再稼働を要請し、『川内はなんとかします』と言わせた。今年の熊本地震では九州観光推進機構の会長として政府から復興予算を引き出しました」(永田町関係者) 籾井会長みたいに安倍政権の…

またもや暴言

二極化・格差社会の真相

いつまで麻生大臣の“世迷い言”を許すのか

麻生太郎副首相兼財務相がさる17日、小樽市における自民党の集会で言い放った暴言のことである。 「90歳にもなって老後が心配とか、わけのわからないこと言ってる人がテレビに出てたけど、おい、いつまで生きてるつもりだよと思った」 突然の罵倒ではない。高齢者は貯金を消費に回せ、とする文脈ではあった。はたして4日後には侮辱の意図はなかった旨の釈明で収束が図られたが、それで済ま…

24日の株価は大暴落

“英国ショック”日系企業直撃でアベノミクス終焉へトドメ

麻生太郎財務相が慌てて緊急会見を開いたが、打開策は全く見えない。 日本に「英国ショック」が駆け巡った。東京株式市場では東証1部銘柄の99%が下落。日経平均の下げ幅は一時1300円を超えた。結局、終値は前日比1286円33銭(7.9%)安の1万4952円02銭と暴落し、約1年8カ月ぶりの安値水準に。下落幅は2000年4月の1426円以来の大きさで、歴代8位という“異常…

確信犯か

麻生大臣また失言「90歳、いつまで生きているつもりだ」

麻生太郎財務相(75)がまた失言だ。 17日、北海道小樽市での自民党支部大会の講演中、「90になって老後が心配とか、訳の分からないことを言っている人がテレビに出ていたけど、『おまえいつまで生きているつもりだ』と思いながら見ていました」と言ってのけたのだ。 麻生大臣は国内の個人消費が伸びない経済の現状について、「あったらその金を使わなきゃ、何の意味もない。さらに貯めて…

人心をもてあそぶ安倍政権

二極化・格差社会の真相

時間稼ぎができたうちに“人でなし政権”を倒せ

来年4月の予定だった10%への税率再引き上げを2019年10月まで延期すると、安倍晋三首相が麻生太郎財務相らに伝えた件だ。 すでに8%でも廃業寸前に追い詰められていた中小零細事業者、公共料金の値上げに苦しむ生活者にはとりあえず朗報と言いたいが、事はそれほど簡単ではない。以下には本欄の既報と重なる部分もあるが、筆者はどうしても、多くの読者に改めて考えてみてもらいたい。…

日経平均2万円の声も…

正式決定で日経平均2万円も 消費増税“再延期”爆騰23銘柄

安倍首相は28日夜、2017年4月に予定していた消費税10%への引き上げ時期を2019年10月まで2年半延期する方針を麻生太郎副総理兼財務相らに伝えたが、これに反対する意見も出されたため、引き続き調整することになった。 仕込むなら週明け早々だ。…

“為替介入”強調でも円高進行

市場は相手にせず 麻生大臣の“口先介入”は完全に自己満足

発言の主は麻生太郎財務相。9日午前の参院決算委員会で、先月末からの急激な“円高”に対して、“為替介入”の用意があると強調した。これまでの「必要に応じて対応する」という表現から踏み込んだものの、麻生大臣の“口先介入”は市場に材料視されることはなかった。 「もはや日本の金融政策に自由度はない、と市場は完全に見くびっています」と言うのは、経済評論家の斎藤満氏だ。こう続け…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事