日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

藤木直人特集

藤木直人は三田との共演に緊張し…/(C)日刊ゲンダイ

三田佳子が明かす「ドクターX」 藤木直人の赤面シーン


その馬淵の“お気に入り”が、藤木直人演じる第二外科講師・近藤忍だ。三田にドラマ撮影の舞台裏を聞いた――。 「藤木さんは、私が主人公の医者を演じたNHK大河ドラマ『いのち』(86年)を幼年期にお父さまと一緒に見て感動した思い出があるそうです。藤木さんは現場でも役作りに入っているからか物静か。共演者の中では唯一のイイ男。いや、他にイイ男はいないわけじゃないんですよ(笑い)」 第1話では三田が藤木を抱…

山口智子(左)と水原希子はどちらもウザイ女役

フジ「心がポキッとね」はミスキャスト 主役4人に魅力なし


「キレちゃった男(阿部サダヲ)×ストーカー女(水原希子)×悩めない男(藤木直人)×いい年して自分探し女(山口智子)、病んでる男女4人のラブコメディー」ということなのだが、ちっとも笑えない。空回りもいいところだ。 そもそも、水原希子と山口智子。2人の女が揃いも揃ってウザい。ひとつのドラマに2人もウザい女はいらない。 まず水原。とにかくガサツ。フライドポテトの食べ方も汚いし、スカートなのに、股をガ…

唐沢演じる京極の破天荒ぶりが見どころ

ドラマ「ラストコップ」 唐沢演じる“昭和のデカ”が面白い


京極と対立する警視正には藤木直人である。最近の刑事ドラマにしては珍しく、しっかりドンパチ(発砲シーン)があることも含め、大人が楽しめる「相棒」日テレ版だ。…

有田哲平、松下奈緒(右上)、中谷美紀(右下)

婚活ドラマよりも参考に 恋愛マスターは有田哲平に限る


一方の「私、結婚しない」は中谷演じる39歳独身開業医の橘みやびが藤木直人演じる恋愛マスターの十倉誠司からスパルタ恋愛指南を受け、幸せを掴むストーリー。 中谷がここまでやるかという感じで、ふりきれていていい。プライベートでは渡部篤郎と破局したとかしないとか。そんな中谷がせっぱつまったアラフォー女子をやるのもタイムリーだ。おまけに、こちらは「婚活HOW TO」モノとして、実践的だ。 藤木が中谷に「…

「Dr倫太郎」vs「アイムホーム」

春ドラマ辛口採点 キムタク「アイムホーム」に識者の評価二分


阿部サダヲ、藤木直人、山口智子、水原希子らが演じる“ちょっと病んだ男女4人”が織り成すラブコメディーという触れ込みだが、「山口智子が悪い意味で目立ってる。制作側の意図かもしれないが、ロンバケの頃とまったく演技が変わっていない」(石橋さや夏氏)、「いい年してチャラチャラした演技でみっともない。そういう使われ方を恥ずかしいと思わないところが致命的」(麻生千晶氏)。 同じフジテレビでも「ようこそ、わが…

「ロンバケ」以来19年ぶりのラブストーリー

視聴率女王も今は昔? 山口智子が迎える”五十路”の正念場


物語は、過去の失敗や心の傷のせいで、不器用にしか生きられない「病んでるオトナ」(山口智子、阿部サダヲ、藤木直人、水原希子の4人)が複雑に絡み合うラブコメディー。山口は“いい年して自分探し中”のフリーランスの空間コーディネーターの役で、藤木演じるアンティーク家具店オーナーと交際中。阿部は元夫という設定だ。 山口が今作にかける意気込みは相当だという。 1日に番組宣伝のため10年ぶりに出演したバラエテ…

美女ぞろい/(C)日刊ゲンダイ

紀香は下着、綾瀬は入浴…秋ドラマは“お色気合戦”も要注目


永作博美と石田ゆり子が同級生という設定で、石田が永作の夫・藤木直人を略奪するのだが、石田の下着姿や藤木との濃厚なキスシーンがバッチリ。糸を引きそうなキスはさすがにエロかった。 民放では16日スタートのフジテレビ系「ディア・シスター」。石原さとみと松下奈緒の姉妹物語だが、姉の松下に反抗する石原が入浴シーンに挑戦し、さらに男をベッドに引きずり込んでの濡れ場も披露した。この調子だと、もっと過激なシーン…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事