日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

西村知美特集

None

披露宴で初キス披露して爆笑だった西村知美


<1997年9月> TBSのバラエティー番組「さんまのからくりTV」で天然キャラでブレークした西村知美。97年9月、26歳の時に10年来の友人である元CHA―CHAの西尾拓美氏(当時30)と結婚した。 知り合ったのはデビュー間もないころ。西村のラジオ番組に西尾氏が出演したことがきっかけで仲の良い友達グループとして付き合いが始まった。だが、西尾氏に彼女がいて、親密交際に発展することはなく、その後も…

/(C)日刊ゲンダイ

「CHA-CHA」のメンバーだった西尾拓美は韓国料理店店長


本日登場の西尾拓美さんはそのメンバーのひとりで、芸能界引退後、歌手の西村知美と結婚。話題になった。今どうしているのか。 「いらっしゃいませ。お待ちしてました」 渋谷区広尾。天現寺橋交差点そばにある韓国家庭料理店「韓屋」を訪ねると、黒いTシャツにエプロン姿の西尾さんがいた。 「この店は11年前にオープンし、ボクは8年前に入社しました。6年前から店長をやらせていただいています」 20坪46席。カジュ…

リハビリ中という西城秀樹

両脇を支えられ…西城秀樹「芸映」青木会長の通夜に参列


通夜には所属タレントの西村知美(45)や桜井淳子(43)ら約1000人が参列。面倒見の良かった故人の人柄が偲ばれたが、取材に訪れていた報道陣を驚かせたのは2度の脳梗塞で健康状態が心配されていた西城秀樹(61)が姿を見せたことだった。 西城にとって青木会長は芸能界の育ての親。悲痛な面持ちの西城は関係者に両脇を支えられながら最後の別れを告げていた。歌手活動再開に向けて懸命のリハビリ中という西城。も…

(左から時計回りに)西城秀樹、浅田美代子、岩崎宏美、角川博

89歳で死去 西城秀樹“育ての親”芸映・青木伸樹会長の功績


「相本久美子、河合奈保子、石川秀美、芳本美代子、西村知美など時代を象徴するアイドルは全員、芸映所属でした。当時は年末の“賞レース”全盛の時代でもありましたが、われわれの間では“今年芸映から入るのは誰か”などと噂しあったものです」 一方では角川博、神野美伽など演歌系の育成にも余念がなかった。 タレントと所属事務所というと、「独立はご法度」がこの世界の常識だが、青木氏はこの点でも懐の深さを見せてい…

一番割を食うことになるのは?/(C)日刊ゲンダイ

「からくり」ファミリー浅田美代子ら 番組打ち切りで窮地に


一方、数少ないライフワークが減ると危機感を募らせているのが中村玉緒(74)、浅田美代子(58)、西村知美(43)、長嶋一茂(48)ら「からくりファミリー」だ。芸能リポーターの川内天子氏はこう指摘する。 「今回の打ち切りで一番、割を食っているのは浅田さん、一茂さん、西村さんの3人。一茂さんはお父さんの七光もあるし本業である野球解説の仕事があるかもしれませんが、浅田さんはドラマには出ていても、第一線…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事